今週のキン肉マンです~

あらすじ

(画像はヤフーコミックのページにリンクしています)

超人絞殺刑をきめるスグルですが、ネメシスはあっさりとはずしてしまいます。

うーむ、ネメシス、ちょっと強すぎやしないだろうか…
前作ではネプチューンマンがかなり苦労して、武道がなぐってもうまくいかず、マグネットパワーを使うことでようやっと脱出した技なのに、普通にあっさり脱出とは…
この技って、マスク剥ぎの効果もあったし、相当えぐいはずなのに。
なんか、パロスペシャルくらい雑な扱いのような…

で、ネメシスは

「48の殺人技だと? お前にはたった48しか殺人技と呼べるものがないのか?」

自分の技はすべて殺人技だといって反撃。

たしかに言われてみれば、「48しかないのか」と思いましたが、そもそも「48の殺人技」しか殺人技がないわけでもないですよね。
キン肉ドライバーもマッスルスパークも48に入ってないけど、殺人技だし。
単純に、超人絞殺刑が48の殺人技の1つなだけなわけです。

…とまじめに考えても仕方ないですね。
そもそもネメシスはそーいう意味でいってるわけでもないし。

そーいや、モンゴルマンは1000万の技とかいってたけど、そんだけあれば48なんて誤差の範囲ですねぇ。
うーん、実にどーでもいい話。

さらに、ネメシスはスグルのバックドロップから抜け出し、逆に技をきめて、スグルの脳天を鉄柱にたたきつけます。

ふと思ったのですが、わざと鉄柱にたたきつけるのと、鉄柱を引っこ抜いて、鉄柱で叩くのって、鉄柱を有効活用するという意味では同じような。
やってることは、どっちにしろ対戦相手に鉄柱をぶつけてるだけのことなので、なんか効率をつきつめると、「もともとリングにあるものを有効活用する」というだけのことで、ネプキンの鉄柱攻撃も別にそんな掟に反していないような気もする。
それこそ、リング外にある雷を投げるよりは、よっぽどマシなような。

なんか、完璧超人の掟って、完璧なようでいて、解釈に寄って色んな受け取り方が出来てしまうので、そもそも完璧じゃないのかも。

ともかく。
スグルいわく、48の殺人技は、人を殺さぬ技で、汚れた邪念のみを殺す技なんだそうな。



上手いこと言ってるけど、キン肉バスターで死人がでてるんで、なんか騙されてる気もする。
…でも、キン肉バスターを食らった悪魔超人って、死んでたのかどうかは微妙ですよね。
悪魔霊術のために仮死状態になってただけかもしんないし。


で、火事場のクソ力を発動してがっちり決まったキン肉バスターをきめます。
ただのキン肉バスターではないとネメシスも焦りますが、なんかびみょーな表情してる超人閻魔を見て「ここで潰されるわけにはいかぬ」と、ネメシスも火事場のクソ力を発動。

そして、6を9にひっくり返して、なおかつ腕を足で固めて


「ペルフェクシオンバスター!」

ゲーッ、なんかまたバスターの改良型キター!
ペルフェクシオンは「完璧」のスペイン語なんだそうな。
…なんでスペイン語?

なお、ギリシャ語だと「テレオ」もしくは「テレイオーシス」なので、そのうち出てくるかもしれません。

ロシア語だと「サヴェルシーンストヴァ」なので、ウォーズマンがそのうち使うかも?

というわけで、次回につづきますー

感想とか

うーん、なんかここんとこ、どーも気の利いた考察記事が書けません。

読む分には面白いのですが、このところ感想記事を書くのがかなりしんどいんですよねぇ。
たぶん、こーいうのって、行間ににじみ出て、読んでる方にも伝わっちゃってると思うし、ちょっと縮小して箇条書きだけにするかもしれません。

感想記事を書くのも、始祖編終了で燃え尽きてしまったのかも。
あんだけ長文記事で考察描き続けたら、そりゃ反動も来ますわ(;´Д`)

あとは、ネメシスがカタブツな上に悲壮感がありすぎて、息苦しくなっているのもあるかもしれません。
読むだけならいいけど、感想書くのしんどい…・

こう考えると、このシリーズ終わった後のゆで先生が心配ではあります。
いろいろとハードル上がりすぎ。

ともかく、キン肉族の技どころか、火事場のクソ力まで使いこなされたら、強すぎてやりようが無いですね…
これ、ほんとに勝てるんだろうか…
そう思わせる時点でうまくいってるといえばそうなんですけども、説得力のある勝利にもっていけるかどうかですねぇ。

火事場のクソ力を使ったことに対するツッコミで、精神的に動揺させるくらいしか手がないけど、それすら開き直られたら、どーしょーもないですね。

果たしてどーするのやら。









4 comments on “第180話 不殺の殺人技!!の巻”

  1. ゆきにゃーさんもオリジンとのバトルまででレビューや考察が燃え尽きかけているのですね、でもこういうのって本人のモチベーション次第ですから仕方ないですよね・・・
    それでも毎週のようにキン肉マンのレビューを続けてくださってるのはすごいと思います。
    今週のスグル対ネメシスも段々ヒートアップしてきました、確かにネメシス強すぎる感がありますよね、ペルフェクシオンバスターも興奮しました。普通に考えればスグルの勝利のはずなんですけど、どうやって逆転していくのか見ものだと思います!

  2. 「慈悲の心が欠けている」ことがネメシスの弱点ということらしいので、そこが彼の敗因になるんでしょうけど果たしてそれがどのように試合内容に関わってくるのかが気になるところですね~
    単に「慈悲成分」が抜けている分クソ力も不完全なものになっていた!とかいう安易な展開は流石にないと思いたいですが…
    前の試合でシルバーマンが「マグネットパワーを完全攻略」といった時にはどれほどのことをやるのか期待したのに実際やったことを見て えっ、これだけ?って感じで拍子抜け(ブロッケンのサンダーサーベル割りのがずっと衝撃だった!)してたんでちょっと心配してるんですよね。
    納得できる展開を期待したいところです。

  3. やはり、ネメシスはフェニックスに似ている、フェニックス
    から心の弱さを取り完璧な信念にしたイメージ。この展開だとキン肉ドライバーもネメシスに破られそう、かつてゼブラがキン肉ドライバー破ったし、更にフェニックスは唯一マッスルスパーク破ったようにネメシスもマッスルスパーク破ルカも可能性高い。もしかしたらフェニックスが来て
    ネメシスを見たら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です