第135話 キン肉王家の闇!!の巻

超人総選挙 中間発表

だいぶ遅くなりましたが、6月30日に超人総選挙の中間発表があったそうで。

1位:悪魔将軍 
2位:ウォーズマン 
3位:ガンマン
4位:キン肉マン ソルジャー(キン肉アタル)
5位:ロビンマスク
6位:ザ・ニンジャ
7位:キン肉マン
8位:ブロッケンJr.
9位:テリーマン
10位:ブラックホール

3位ガンマン!
さすが時期が最高でしたねー
ブラックホールも10位とはすごいですね。

サイコマンやジャスティスマンなど、ガンマン以外の始祖が入ってないのは意外でしたが、果たしてコレから伸びるのかどうか楽しみですね~

あと、キン肉マンの51巻が発売されているのですが、表紙が武道と将軍様でした。

キン肉マン 51 (ジャンプコミックス)

将軍様カコイイ!
…これはもう作品名は「悪魔将軍」ですね(笑

さてさて、今週のキン肉マンです~

あらすじ

(画像はヤフーコミックのページにリンクしています)

ラーメンマンの反撃がネメシスに炸裂。
冷静を極めたように見えて、キン肉族の話題となると多少は感情がたかぶるのを見て、ラーメンマンは「安心した」と揺さぶりをかけます。

なぜキン肉族を捨てたか、そこまで毛嫌いするかを問うラーメンマン。
もはや回避できぬということで、話しだすネメシス。

ネメシスはかつてキン肉族の王室に第二王子として生まれたんだそうな。
兄との仲も良好で、素晴らしい一族に生まれたことを感謝してたとのこと。

ネメシスの服がふりふりでやたらとかわいい(笑
顔と服があってなさすぎで違和感すごい(;´Д`)

父親と母親のマスクの文字が「父」「母」なんだけど、キン肉族は子供が生まれると、マスクの文字を変える掟でもあるんですかねぇ…

ともかく、良好だった家族関係だったのですが、ネメシスがあまりにも才能がありすぎたゆえに「この弟は災いの種になる」と言われはじめます。
13歳の時にマッスルスパークを習得した天才っぷりだったそうな。

…よく考えると、万太郎って超人オリンピック時でも15歳だったそうで、マッスルスパーク習得は15歳か16歳?
性格の問題のせいで、スグルに比べて評価低いけど、とんでもない天才のような…
まぁ、2世のことは忘れよう…

ともかく、あまりにも天才すぎて、まわりに恐怖されてしまったそうな。

その結果、神殿のはるか奥の地下牢に幽閉されてしまい、存在ごと歴史から消されてしまったのでした。
それこそ、ネメシスの話をしただけで処刑対象になったという徹底っぷり。
もう完全に「いなかったこと」にされてしまったのです。

その壮絶な過去に驚く一同。

…あれ、待機中の超人の中で、サンシャインだけはぶられてる(;´Д`)
むしろ、今週はサンシャインが1コマも出てこないありさまで、物語から完全に消されてるような…

ともかく、自分を歴史の闇に葬り去ったキン肉族が愛と平和の集団・正義超人のリーダーを自称しているなど、何たる偽善、虚栄、砂上の楼閣と、無限の憤りと絶望を覚えたネメシス。

そりゃ怒りますよね。
そもそもネメシスは何も悪いことしてないのに、変な疑いかけられて存在をもみ消されたわけだし…

そして、ネメシスの存在が忘れ去られた頃、新たな王が誕生したそうです。

「キン肉星第56代大王…
わが兄にして、キン肉スグル!
お前の祖父にあたる人物 キン肉タツノリだーっ!!」

ゲーッ、ネメシスはキン肉マンの大叔父だったーっ!!
こんなん勝ち目なさすぎだろうと思いつつ、来週に続きます~

感想とか

なんかまぁ、またえらい重い話を持ってきたなぁと。

正義超人のリーダーのキン肉族も一皮むけば、無茶苦茶どろどろしていました、と。
これ、どう収拾つけるんですかねぇ…

わたしがネメシスの立場だと、友情云々いわれても「何を薄っぺらいことを」というかんじで、全く納得できませんし。
父王やタツノリの霊が出てきて、後悔の念を語られても、「いまさらやかましいわ!」としか。

もう意地でも正義超人の軍門にはくだりたくないですね。
その心理の奥底には「認めてもらいたかった」という気持ちがあるんだろうけど、それにしても、いまさら認められてもなぁ…

いかにキン肉族が欺瞞に満ちたくだらない一族かを、その身をもって知ってしまったわけだし。
どーすんの、これ…

そもそも、ネメシスがこういう扱いになったことを考えると、過去に同じような犠牲者がたくさんいてもおかしくないわけで。

完璧超人も、自分にとって都合の良い完璧をふりかざしているだけだけど、正義超人だって、自分にとって都合の良い正義をふりかざしているだけ、と。

まぁ最大の弱点は、キン肉族への怒りや復讐心が原動力だということですけども…
今更後悔の念をのべられても余計に怒りそうだし、現役世代のスグルにはどーしよーもないような。

とりあえず「ネメシスのような人の心は、どうやって癒やせばいいか」という方法募集します(笑
正直、わたしには思いつきませんわ…

完璧超人の欺瞞や汚さを見せて、完璧超人に愛想をつかせることは出来るかもしれませんけど、そうしたところで、もっと自暴自棄になるだけのような。
だったら、いっそ悪魔超人になるのもありかもしれませんが(;´Д`)

しかし、ネメシスはこの深い傷と復讐心を持ったまま、無限の時をすごすことを選んだわけで…
なんかもはや拷問のような選択だ…

完璧超人の思想について考える

最初のザ・マンの考えを完璧と定めてしまったせいで、
発展性がなく進化できないのが最大の欠点

さて、前回の記事で完璧超人の思想について書いたところ、反論があったので、もうちょい深く考えてみたら、色々と見えてきました。

完璧超人の思想って、

「負けたほうが悪い」
「勝利以外許されない」

というよりは、

「これが理想の完璧超人というテンプレがあって、そこにたどりつかなければならない」

というかんじなのかも。

まず、最初にザ・マンがイメージした超人としての理想像がありきで。
勝利以外許されないのもそうなんですけど、完璧超人的な思想で強くなって、勝利しなければ許されない、ということかなーと。

で、50億年前の理想の完璧像に向かい続けているんで、進化が出来ないんですよ。

実際のところ「こうやったら、もっと進化できるかも!?」という方法が見つかっているわけです。
それに気付いたのがゴールドマンとシルバーマンなわけで。
でも、それを利用しようとしたら「惑わされるな!」と言って、めちゃくちゃ怒られるんです。
絶対取り入れてくれないの。

オレの思想は完璧なんだから、余計なことすんな、と。
もう最初から完璧な思想なんで進化とか新しい考えとかいらないと信じこんでるんですよ。
コレ以外の方法で強くなったとしても、邪道だからダメなんですね。

だから、自分たちの理想とする完璧像以外はすべて下等なものなので、友情パワーでどれだけ強くなっても下等超人扱いなのですよ。
野蛮人が変な方法で強くなってるんで「オレの考えが完璧なんだから、お前ら全員粛清してやる!」と。

ザ・マンの理想は、地上が完璧超人の思想一色に染まることなのでしょう。

他の思想は一切許さないのです。
なぜなら、自分の思想は完璧だから。
唯一絶対の完璧な思想だから、他の思想はぜーんぶ下等。
その下等な思想が一切なくなって、全員を完璧超人として育て上げるのが正義と思い込んじゃってる。

オレの完璧な思想があるんだから、それに従いやがれ、と。
それに従わないお前ら全員下等超人だ、と。

やっぱり将軍様の言うとおり、話にならないです、こいつら。
そりゃ、話にならん連中は実力行使で粛清という悪魔超人の思想も正解ですわ…


格闘ゲームでたとえてみます

たとえば、格闘ゲームでいえば、

「バグ技は一切使わない」
「ハメ技も一切禁止」

という理想像があったとします。
製作者の意図する世界観で遊ぶのが至高、と。


そんな中で、バグ技も含めて最善をつくしてくる連中がいたら「そいつらは下等なプレイヤー、オレたちこそ真の格闘ゲーマー」といってるかんじですね。

そして、真の格闘ゲーマーは、この条件でも勝たなければならない、と。
たとえ相手がバグ技を駆使してきても、こちらは一切使わず勝つのが真の格闘ゲーマー。
負けたら、そいつはカス、みたいな。


でも、そのバグ技は実は奇跡の産物で、ゲームに深みをもたらすものだったんです。

初代スト2の「キャンセル」がコレにあたりますね。
バグがシステムとして組み入れられ、いつの間にか格闘ゲームのスタンダードになったわけです。

…実際のところ、今調べてみたら、「開発段階で気付いてたけど、面白いからそのままにしちゃった」ということみたいなんで、まぁ開発者の意図内ではあるみたいですがw
あくまで例えなので、そのへんはスルーで。

こんなふうに、バグ技を解禁することで、一気に世界が広がって、むしろゲームに深みが出たとしても、ダメなんですよ。
「真の格闘ゲーマーはバグ技禁止!製作者の意図で遊べ!」と主張してやまないような人々。

で、もうその考えが時代遅れになっても、同じ主張を続けて、ケンカをふっかけてきている感じ。
実にめんどくさい。


マンガのアニメ化で例えてみる

他には、わかりやすい例としては、マンガをアニメ化したときの、一部の原作ファン。

「一切の原作改変は許されない!
あのアニメは原作のあのシーンを削って、余計なアニメオリジナルを入れたからクソ!!!

名作を台無しにした!
あんなもんで感動している連中は○○ファンとは言わない!」

と、こんなかんじの人々(笑


アニメから入った人はアニメで楽しんでるし、原作も好きでアニメも楽しんでる人もいるわけです。
でも、原作原理主義者は、「原作の時点で完璧な作品」と思い込んでるので、わずかな改変も許さないし、改変があった時点でクソという、偏った認識をしてるかんじ。

でまぁ、そういう人の意見通りにしたら、大体ダメな作品が出来上がるわけです(笑


完璧超人の考えはコレで、

「すでに完璧超人という理想の超人像があるのに、余計なことすんなカス!」

と、ずーっと怒ってる感じ。
だから、超人閻魔はあんなに目が血走ってるんですね。

で、実際に言うとおりにしたらしたで、正悪連合軍の爆発力に負けちゃう。


で、負けた時の反応は

「負けるとかおかしいし!
あいつら完璧じゃないし!
完璧超人失格!
あいつらカス!」

と、顔を真っ赤にしてるかんじ。


まぁ、そりゃ進化しないし、疑問に思ってゴールドマンやシルバーマンが去りますね、と。


…うーん、今回も完璧超人原理主義者のたとえで終わってしまって、「完璧超人からみた下等超人のたとえ」が、また先送りになってしまいました(;´Д`)
なんかどんどんハードル上がってる気がしますが、そんなに期待せずお待ちください(笑

キン肉マン 過去ログ一覧


キン肉マン 過去ログ一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。