今週のキン肉マンです~

あらすじ

(画像はヤフーコミックのページにリンクしています)

完全にダウンしてしまったブロッケン。
ですが、まだ息があって動いているのを見たサイコマン。
容赦のない攻撃でファントムキャノンの体勢に。

「わたしたちは今日もあなたたたちの思い上がりを挫くためにここへやってきたのです。
その本分を忘れて感化された3階のバカとは違います」

3階のバカ(;´Д`)
ジャスティスマンは相変わらず無表情ですが、どういう気持ちで聞いているんでしょうね。

で、ファントムキャノンが炸裂。

「ここまでやるとは思いませんでした。
すごかったですよ、あなた。拍手モノです」

なんという余裕。
なんか結局善戦超人のままでしたね><
まぁ、相手が相手だけにしょうがないですよね…

ブロッケンは、「ニンジャやアシュラのかわりに、まだ自分の仕事をしなければ」とはいつくばって語りますが…

グシャ!!ともろに頭を踏みつけられてしまいます。
うーん、さすがサイコマン、容赦無い(;´Д`)

このままではブロッケンが殺されると心配するスグル。
しかし、ブロッケンが戦闘意志を見せている以上、ゴングはならせないのが超人レスリングの決まり。

超人レスリングってそういうルールだったっけ?
そーいや、10カウントのルールはどこいった…

ここまで来ても負けを認めないブロッケンに対して、サイコマンは確実に息の根を止めるべく、「完璧・拾式」としての奥義を出そうとします。
ですが、「正義超人」は本来殺したくないそうで。

サイコマンいわく、正義超人はシルバーマンが自分たちのために作った勢力なんだそうです。
実は、シルバーマンは先に墓場を出た兄を説得するために、兄をおって墓場を出たスパイだったそうです。

ゲーッ!
シルバーマンは超人閻魔とサイコマンの手がかかっていたという衝撃の事実!

で、シルバーマンは兄の説得を試みるのですが、不可能なのを悟ったそうな。

中途半端に悪魔将軍の格好してるゴールドマンがダサすぎる(笑
これはもう、ファッションセンスが完全に下等超人。
パイプ椅子を超える、悪魔将軍の最大の黒歴史かもしんない。

シルバーマンも「兄さん、こんなとこでそんな変な格好して、わけのわからないことして、早く超人墓場に戻ろうよ」という気持ちだったんでしょうねぇ。

で、その後はゴールドマンの勢力が拡大しないように対抗する勢力を作って、それが正義超人の源流なんだそうです。
実は正義超人というのは、完璧超人のかわりに、ゴールドマンの勢力をおさえるという、完璧超人にとって最も都合の良い存在だった、と。

もちろんスグルたちは無自覚なのですが、だからこそ都合が良いわけで。
無自覚のうちに、上の連中の思い通りに動いている巧妙な傀儡。
自分の誇りや信念と思ってたものが、上の連中が自分たちの都合の良いように作られたものだった、と。

…ひえええ、それ嫌すぎる…
正義超人は、もはや存在自体がサイコマンの手のひらにあったあけですね…

現実世界でも「無自覚に上の連中の思い通りに生きるべく、本来の自分の思いと違うことをしていないか」というのを、きっちり考えていきたほうがいいんでしょうね…

ともかく、力を持ちすぎた正義超人にお仕置きということで、見せしめにすべく、サイコマンが奥義を繰りだそうとします。

しかし、その時、天から声が!

「お待ちなさい!」

ジャスティスマンが光臨した時と同じく、天から後光を背負ってあらわれる影。

「あなたがあの奥義を出すまでもありません。
すべての責任は私にある。
その者の処理、わたしに任せてもらえないかな?」

シルバーマン、降臨!!

敵か味方か!?
とうとう役者が揃ったところで、来週に続きますー
これは女房を質に入れてでも、次回を読まねば!

感想とか

シルバーマンの格好、さすが兄弟だけあって、悪魔将軍を髣髴とさせるものがありますねー
兄のやってた変なファッションに感化されたんでしょうか。

はじめてみたときは、キン肉族の戦闘スタイルの元となったかんじだし、かっこよくていいなーと思ったのですよ。
でも、1日たって見なおしてみると、ごてごてしすぎのような気もする…
もうちょいシンプルでもよかった気がするけど、かといってゴールドマンのあの変なファッションよりはこっちのほうがずっといいです(笑

さてさて、シルバーマンが敵か味方か、どういう意図なのかが気になりますね。
この場でとめたということは、ブロッケンを助ける意図のようにも思えるのですが、ほんとに容赦のない虐殺王かもしんない。

敵と見せかけて、実は自分の流派である正義超人たちにとって、乗り越えるべき最後の壁になるべく、現れたのかもしれません。

とりあえず、シルバーマンが完全に敵とは思えない理由をあげていくと

・ダンベルがはまっている
・サイコマンの居場所を知らせるべくサグラダ・ファミリアを照らした

というところでしょうか。

ただ、ジャスティスマンが離脱した現状、超人閻魔とサイコマンとネメシスしかいないわけで。

味方側は、スグル、悪魔将軍、ウォーズマン、サンシャインがいるわけですよね。
ジャスティスマンも、超人閻魔相手に一戦ありそうですし。
さらにこれにシルバーマンが味方になると数合わせ的に成立しないんで、とりあえずはシルバーマンは完璧側につくんじゃないかなぁ…
真意がどこにあるかは謎ですが、ひょっとしたらゴールドマンVSシルバーマンとかが見られるかもしれません。

それにしても、サイコマンはなんかすっかり黒幕っぽい雰囲気ですねぇ。
魔雲天と一戦しか交えてない超人閻魔に比べて出番が多いこともあって、完全に敵方の中心というか。
マグネットパワーも拾式奥義もあることし、バッファローマン戦で見せた相手の攻撃が通過する技もあるし、まだ2戦くらいやりそうな雰囲気が。

現時点で疑問なこと

サイコマンが「シルバーマンに裏切られた」といってたのは、サグラダ・ファミリアを照らされた件?

てっきり、仲が良かったのに超人墓場から出て行ったのが「裏切られた」と思ってましたが、これ自体は裏切りじゃなかったわけですもんね…
読みなおしましたが、サイコマンの言動的に「裏切られた」」というのは、サグラダ・ファミリアの件だけなのかなぁと。

ただ、ジャスティスマンとの会話では、シルバーマンが超人墓場から出て行ったシーンを回想して「シルバーマンに裏切られて、どれだけ傷ついたかご存知でしょう?」とジャスティスマンにいってたんですよね。
…まぁ、サイコマンのことだから、始祖の仲間をも欺いていても何もおかしくはないのですが。


超人閻魔がスグルに語ったことはどうなの?

サイフォンリングが出てくるあたりで、超人閻魔がスグルに語った内容。

「わたしが最も信頼していた右腕と左腕というべき男が、真っ向から反論をし、反旗を翻した。
そのうちの一人こそが、お前の祖先にあたるシルバーマンだ!」」

「実はシルバーマンは自分が地上に送り込んだ」というわけだから、別に裏切ってないわけで。
超人閻魔は、あんな血走った目で、中途半端な嘘喋ってたんですかねぇ…


天上兄弟喧嘩の首の斬り合いはなんだったのか?

ジャスティスマンVSアシュラマン戦の回想で出てきた、首の斬り合いシーン。
そこのシルバーマンの言動を見てると、やっぱ地上の超人の可能性を見出しているように思えるんですよねぇ。

ミイラ取りがミイラになったかんじで、シルバーマンはゴールドマンの対抗勢力を作っているうちに「こいつら、いけるかも」となったんじゃないかなーと思うのですよ。

なんだかんだいって、自分の弟子たちで、自分の流れを組む超人たちなわけで。
そんな超人たちが育ってるわけだから、嬉しくて当然で、もうとっくに完璧離れしてそうな。


シルバーマンと将軍様の体ってどうなってるの?

将軍様は、なんか正義の力に感化されて体が生えてきていたから、それなんですかねぇ…
シルバーマンはどうなんでしょうね?
自由に体を生やせるのか、アタルか誰かがマスクをかぶっているのか…


まぁこんなかんじで気になるところだらけで、次回も楽しみですねー









16 comments on “第153話 すべてを知る者の出現!!の巻”

  1. 「無自覚に上の連中の思い通りに生きるべく、本来の自分の思いと違うことをしていないか」
    キン肉マンの内容よりも上記の言葉に頭をぶん殴られた気分です…

  2. …せーぞ…。
    るせーぞ…。
    うるせーぞって言ってんだ!!
    横から急に出てきてゴチャゴチャ言ってんじゃねえ!
    今の俺にとっちゃアンタが敵か味方かなんてどうだっていい!
    ただ、俺の仕事の邪魔をする奴は許さねぇ!
    なーんて感じで発光状態でシルバーに襲い掛かるブロッケン。
    それを何の躊躇もなく冷酷にカウンターにきってとるシルバー。
    『全ての下等超人は私が始末します』
    そんな絶望的な状況の中、怒りに震えるアタル見参 。
    まさかのシルバー対アタル開戦…してくれないかなぁ、?

  3. 次回、シルバーマンがリングに上がるか、サイコマンの代わりに処理をしようとブロッケンに触れた時に「シルバーマンの乱入によりサイコマンの反則負け!」って委員長が裁定したりしないかとワクワクしてたりする^^

  4. ネメシスの動向も気になるなあ。
    忌々しいご先祖様に対してどう出る?
    拉麺戦でちょっと発光したように、完璧らしからぬ存在に戻りつつあるわけで…。急に実年齢の身体になっちゃったりしそうで心配してみたり。

  5. なんか、ゆでセンセはシルバーマンのことを忘れていたみたいなので、今回設定をちょっと変えてきた?加えてきた?みたいな感じですね。
    今現在は何を考えているのかよく分からなくて、サイコマンよりもずっと不気味な存在に見える。
    ネメシスやスグルが、もうちっぽけになっちまうな・・・。
    裏切られたっていうのは、やっぱミイラ取りがミイラになったってことなんすかねえ。
    よくシルバーマンがアタルのボディを借りるみたいな意見が書かれてますけど、個人的にはなんでそうなるん?と思います。
    アタルはアタル、シルバーマンはシルバーマンでええんやないか。
    お互いの個性をつぶすことはせんでも。
    ゴールドマンもシルバーマンも、甦った自分自身の体でいいんじゃないでしょうか。
    ・・・なんて書いて、実はアタルのボディで、シルバーマンと共にやってきたアタルがブロッケンを激励するなんてことになったら、トホホですけど(笑)。
    シルバーマンとブロッケンって、組み合わせ的にピンとこないしなぁ・・・。
    人間だったブロッケン一族を超人にしたのがシルバーマンだった、とか、そういうことでしょうか。
    で、ブロッケンはこのまま終わるのか?
    それとも、何か復活劇があるのか?
    悪魔騎士が始祖に3勝しているのに、正義超人は全然ダメなのか?
    次回が楽しみです。

  6. 髑髏墜ちる時
    卓越した友情の
    闘士救うべく
    理想を持ちたる
    渦中の人現る
    が今の状況にピッタリな感じが。。。
    ところでシルバーマン、
    胸がGINマークなんですね。
    キン肉族はKINマークなので、
    実はゴールドマンの子孫だったりして(笑)

  7. シルバーマンが大方の予想通り降臨した以上ブロッケンJrの命はこれで助かりそうだと判断します。ニンジャにも生き残れとエールを送られていますしね。
    シルバーマンは最初はスパイだったかもしれませんが、若い正義超人たちを指導するうちに変わっていって、最終的にサイコマン達と決別したのが真相ではないでしょうか?
    実はシルバーマンのボディとしてアタルが入ってくれていると、個人的にうれしいですね!
    このままシルバーマン対サイコマンになる予想しますが、何らかの形でブロッケンJrにもワンチャンス欲しいところです。でないと正義超人側は実質的には3連敗となってしまいますから・・・

  8. 単なる心理戦でサイコがからかってみせた。と、予想が外れまくってる【ひま】は思います。
    シルバーもうちょっとカッコよくなんないの?&ゴールド兄弟で喧嘩した時、肩あんなだったっけと思た。よくある次週でシルバー少し書き直しあるかもだ。

  9. はじめまして
    今回思ったのは、サイコマンの奥義って他と違って派手なムーブもなく握力で肉をちぎり骨を砕いて心臓を抉り出すと言う地味だけどえぐさは全作品で間違いなくトップなものを想像しちゃいました

  10. こうしてブロッケンがファントムキャノンに耐え切ったのを見ると、バラバラにされたプラネットマンがちょっと脆過ぎる気が・・・あんまり殺したくないとのことですし、多少は手加減したのでしょうか。
    それにしても他の始祖達は割とホイホイ奥義使ってた気がしますが、拾式奥義は勿体ぶりますね。マグネットパワーと絡んで何か天変地異クラスの災害が起こっちゃったりするんでしょうかね。

  11. 自分も管理人さんの意見に同感です。
    シルバーマンはとりあえず完璧サイドで正義超人と戦う。
    しかし、本心は別にある…といった所だと思います。
    そうじゃないと、ウォーズマンの出番もう無いしなぁ(泣)
    超人閻魔が言う「裏切った」の件は、スパイとしてではなく
    自分の意思で正義超人たちを鍛え始めた事をさしているのでしょう。
    ブロッケンファンの皆様には申し訳ないが、サイコマンが
    勝利してほっとしてますよ…。
    シルバーマンの解説が試合途中で入ったら、たぶん負けてたぞ。けっこう接戦だったんじゃないかな?

  12. 以前サイコマンがシルバーマンに裏切られて傷ついたと話していた時の回想の絵って、サイコマンもジャスティスマンもガンマンもビックリの表情でしたよね。
    今回の回想の絵はスパイとして送り出した時のもので、以前の回想の時のシルバーマンって、超人墓場に決別しに、一度戻ったとかじゃないでしょうか。
    今回のサイコマンの話は恐らく正しいのでしょう・・・シルバーマンの心変わりがあるまでは。
    ゴールドマンの対抗勢力として正義超人を組織したけれど、自分自身の理想に目覚めてしまった。
    サイコマンはシルバーマンを信頼して送り出したのに、裏切られて傷ついた、超人閻魔は反旗を翻されて怒った・・・んだけど、スパイなんかにしたからアカンのよね。

  13. ビルドアンドスクラップ…
    将軍も言っていましたね。
    シルバーが育てた正義超人が調子こいて、何度も滅ぼされたよではないでしょうか。
    スグルが第58代大王とキン肉族の歴史が少ないことも補完されそうですね。
    私は将軍登場初期あたりから、将軍VSシルバーの兄弟対決は予想の一つでしたけど、実現する可能性が高まりましたね!

  14. おはよーございます。
    このシリーズ通して疑問なんですが、
    ロビンがウォーズマンを。ラーメンマンがブロッケンJrを一人前?の超人として成長させるってのが見え隠れしてるんですが
    そもそも、ブロッケンJrって誰と同世代なんでしょう・・・
    ジェロニモあたりと同じなのかなぁ。
    完璧側はもう年齢どうこうの問題では無いのでいいんですがw
    ジャスティスが数億年とか言ってしまってるしw
    正義超人側は明らかに年齢差があると思うんですよね。
    ロビンは亡くなった描写されてる・・・とは言え二世につながらないので何らかの形はとられると思いますけど。
    裏テーマとして正義超人達の成長ってのはあると思うんです。
    そう思ってた矢先のシルバーマン登場。しかもスパイだった。
    いやスパイって意味がちょっと違うような気がするんですけど。
    閻魔様とサイコが入れ知恵してそそのかした感がすごいするんですけど。その辺は次回語られるのかなぁ。
    ゴールドマンは腕から剣でシルバーマンは腕に盾が付いてるのがいいですね。
    硬さもかなり硬そうなのでシールドバッシュとかそれだけで必殺技な予感がします。
    シルバーマンはぜひ悪魔将軍と戦って欲しいですねぇ。
    サイコマンは奥義出した時が負ける時と思ってるのでブロッケンJr戦では出さないでしょう。
    色々書いてたらすごい長文になってしまいました。すみません><
    書き出すと止まらなくなってしまいました><

  15. ああ、それでシルバーマンが当てにならなくなったものだから、サイコマンと超人閻魔は無量大数軍を組織して、自らスパイになったというか、地上の監視に出るようになったというわけだろうか。
    グリムリパーとストロング・ザ・武道になって。

  16. シルバーマン登場ですか。悪魔将軍としてずっとでてきてたゴールドマンと違い、ついに姿を現したって感じですね。
    ブロッケンがほぼ戦闘不能である以上、サイフォンリングの4戦もこれで終了だし、次回あたりから新シリーズってとこですか。シルバーマンの登場はその始まりか。
    サイフォンリングの4試合、テリーは勝ったとはいえ内容的には完璧側の3勝1敗なわけで、本当に強い相手ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です