第150話 永遠なる魂!!の巻

今週のキン肉マンです~

あらすじ

(画像はヤフーコミックのページにリンクしています)

テリーの勝利?にわく一同。
しかし、当たり前ですが、テリーマンは「こんなんで勝ったって胸を張れるかよ」といいます。
そりゃそうです、ほとんどいいとこなしでやられて、相手のフェイバリットからなんとか生還しただけですし。

「なんで大事なダンベルを簡単に手放すんだ?」
「熟慮の末の決断だ、数億年に渡る熟慮のな」

なんかあっさりダンベルを渡したかに見えましたが、ぜんぜんそんなことはなかったようで。
どっちかというと、ダンベルを渡す機会を待っていた感じなんですかねぇ。

自分たちは完璧をめざしてひたすら修行してきたと話すジャスティスマン。

ちなみに、この話の中で過去の回想が出てきてます。
サイコマンとシルバーマンが組み合ってて、このときがサイコマンの人生の一番良い時期だったりするんですかねぇ。
ザ・マンがジャスティスマンに関節技をきめていて、ザ・マンもこの頃が人生の頂点だったりしたのかも。
そして、なぜかガンマンがいないのが謎。

ともかく、永遠を生きる自分たちと違い、刹那を生きる下等超人に唯一、永遠を感じさせるものを見つけたというジャスティスマン。

「お前の闘う魂だ」

自分のレスラー生命を大きく縮める一見愚かな行為が、情景を集めていると話します。

仮にテリーマンを殺しても、「闘う魂」まで消すことは出来ず。
それが近い未来に第2第3のテリーマンとなって、自分に牙をむく、と。

なんか、ガンマンなら全部「ワンオブゼム」とかいって叩き潰しそうですが(笑
第2第3のテリーマンでは、勝ち目無さそうだし…

「肉体を犠牲にすることで魂を新たな次元に引き上げる可能性…
その片鱗をお前に見てしまったのだ。

それを確実に抽出して残すことが出来れば、それもひとつの永遠の形になるのかもしれない。」

ええと、なんか難しいこといってるけど、自分の意志が確実に受け継がれるのであれば、ある意味ではそれも永遠ということですね。
別に、本人が生きていようがそうでなかろうが、関係はないと。

たとえば、過去の偉人の名言に感動して人生を変えられる人がいたとしたら、その偉人の肉体は滅んでも、魂は「名言」という形で残っているわけですね。

テリーマンの場合、義足を失ってでも技から抜けようとして、実際に失って全く勝ち目が無くても戦おうとする魂が、見る人の心を揺さぶり、それが受け継がれていく、と。

で、「第2第3のテリーマン」が出てきて、ジャスティスマンに戦いを挑むわけですね。
そうすれば、ジャスティスマンはテリーマンの闘う魂と再び対峙するハメになるわけです。

で、それを倒しても、また同じようなのが出てきて。
どんだけ倒しても、テリーマンの闘う魂が残した遺産が常に牙をむいてくる状態。
闘うたびに「またテリーマンの影響受けた輩か」となって、うんざりしそう。
で、どんだけ頑張っても、テリーマンの闘う魂の残り火を消せない、と。

そうなったら、「もうわかった、テリーマン、お前の勝ちだ!」と言いたくもなるかなぁ…
で、それが見えたから「お前の勝ちだ」となったわけですね。

なんとなく納得できたかも。

ともかく、話し終えた後、将軍の方を見るジャスティスマン。
そして、うなずく将軍と、うなずき返すジャスティスマン。

「ゴールドマン、これがお前の求めたものなのだろう?」
「うむ」

といった感じでしょうか。

ジャスティスマンは、完璧超人の枠組みを飛び越え、1つ上の次元に足を踏み入れたといえそうですね。

「下等超人も見上げたもの」

そういって、ほほ笑みながら去ろうとするジャスティスマン。
まさにザ・マンの初心である地上の超人たちの成長を心から喜ぶ姿がここにありました。

しかし、当のザ・マンはというと…

眼力でガラスを破壊し、立ち上がり、血走った目でジャスティスマンを睨みつけます。

それに対し、まったく表情を崩さないジャスティスマン。
己の道をすすむ決意があらわれた表情でした。

さてさて、上のほうで戦っているサイコマン。

「とうとうこの日が来ましたか~!
いつか必ずあなたが裏切ることはわかっていましたとも」

そういいながらブロッケンに肘打ち。
なんか八つ当たりされてる感じです(;´Д`)

「裏切るタイミングはいくらでもあったのに、なぜよりによって今日この日なのですか?」

よりによって下等超人の粛清をするこの日に裏切ることに激おこぷんぷん丸状態。

「あなたは天才です!
本当に…
この私の邪魔をすることにかけてはねーっ!」

ヒイイイ、おっかない><
なんかフリーザの「じわじわとなぶり殺しにしてやる」を思い出しますね。

で、やつあたりでボコボコにされるブロッケン。
合掌。

というわけで、再来週につづきまーす。

感想とか

こんなん、ブロッケン勝てるわけないよ!
なんか一瞬サイコマンをびっくりさせるくらいは出来るかもしれないけど、どう考えても八つ当たりでボコボコにされるだけでは(;´Д`)
なんかもう、再来週くらいに終わってもおかしくないレベル。
年内には決着ついちゃうのかなぁ…

とりあえず、「私の邪魔をすることにかけては」といってるだけに、サイコマンにはなんか計画があるのでしょう。
サグラダファミリアの件もありますし、黒幕説もありますし、ここでサイコマンが退場してはお話になりませんもんねぇ。

でも、普通にブロッケンがボコられるだけじゃ面白くないし、どうするんでしょうねぇ、コレ。
シルバーマンが出てきたりとかするのかなぁ…

あとはジャスティスマンが今後どうするかですねー
ザ・マンと戦って敗北とかかなぁ?

キン肉マン 過去ログ一覧


キン肉マン 過去ログ一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。