大河ドラマ:めたもるゆきにゃー

大河ドラマ


  • プロフィール


    詳しいプロフは写真をクリック☆








☆ めたもるゆきにゃー ☆



おんな城主直虎が歴史イベント無視しすぎなのに不思議と面白い件 個人的好きなキャラランキング

わたしのお気に入り】【大河ドラマ】   2017/06/09 3:06

お気に入りのものをジャンル一切関係なしに1日1つずつ語っていくシリーズ。

今回は、現在放送中の大河ドラマ「おんな城主直虎」ですー

 

ちなみに画像は最初は公式サイトの写真を使ってたのですが、無個性になったし無断転載だったので、試しにラクガキしたら2枚目のようなひどい絵が仕上がりましたwww

で、あまりにひどくて描き直したのが冒頭の絵。

でもそっちはかわいくなりすぎて、何か違う気がするんですよねー

2枚目のが現実で、1枚目のは政次目線ではこう見えてる、ということにしておきます(笑)




大河ドラマ「独眼竜政宗」を全話見た感想

大河ドラマ】   2016/05/22 18:35

昔の大河ドラマは今とかなり違っておもしろかったです

NHK大河ドラマ 独眼竜政宗 完全版 第一巻 [DVD]

この1ヶ月くらい、1987年に舗装された大河ドラマ「独眼竜政宗」を見ていました~
全話見たので、せっかくだから感想を。

とりあえず、すごく面白かったですー
さすがは大河ドラマ最高傑作と言われるだけありました。

で、今の大河と比較すると、かなり差があって、それもおもしろかったのですよ。

あと、伊達政宗って、小田原参陣以前のことって全然しらなかったんですよね。
なんかもう戦国BASARAの「レッツパーリィ」のイメージになってしまっている始末(;´Д`)
案外、そーいう人多いのでは。

というわけで、きっちり知れて良かったですー




「平清盛」にハマり中

大河ドラマ】   2012/11/11 22:00

最近、大河ドラマ「平清盛」に激ハマリちうなのです。

最初の方は「たまに見ていた」というかんじだったんですけど、30話くらいから頻繁に見るようになりまして。
世間では「最低視聴率更新」とか言われてますが、とても面白く。
あんまりおもしろいので「これは最初からみたいな~」と思ってしまい。

NHKオンデマンドを契約して、最初から見始めましたー
NHKオンデマンドは月945円でNHKの作品たくさんが見放題で、昔の大河ドラマとかもたくさん見れるのです。
テレビはアニメとNHK(BS含む)をメインでみている私にとっては、めちゃくちゃありがたかったり。

で、最初から見始めた結果、完全にはまりました。
やたら低視聴率といわれてるけど、すごく面白いと思います。

現在23話「叔父を斬る」を見終わったとこなんですけど、神回すぎて、めちゃくちゃ久しぶりに映像作品で泣きました。
普段めったに泣かないんで、わたしにとって「泣けた」というだけで超レア体験です。
特に18話~23話にかけての保元の乱編は、もう「傑作」といっていいと思います。
こんだけ心動かされた作品は久しぶり。

低視聴率でニュースになってますけど、すごく面白いんで、ぜひいろんな人に見てもらって評価されたらいいなーとか。

まぁ、視聴率低い理由もわかるんですけどね…
登場人物が多すぎな上に、似たような名前ばっかで、身内同士で争っててめちゃくちゃややこしい。
勢力も、帝や上皇たち、皇后たち、平氏、源氏、藤原摂関家…といったかんじで多いんで、混乱しがち。
おまけに馴染みの薄い時代だから、前知識もあまりないんで、かなり真剣に見ないとわからない…

ただ、その分、見ている人からの評価はとても高い感じで。
「もっと評価されるべき」と思うのでした。

興味ある人は、ぜひNHKオンデマンドで見てみてくださいー


江~姫たちの戦国 第八話「初めての父」

大河ドラマ】   2011/03/01 18:34

大河ドラマの感想、第八話です~

えーと、なんか普通に見れてしまったので書くことがあまりないという不思議。
いや、単体で見れば、江が9歳とか、図体はでかいのに髪型と着ているものと服が子供で、体は大人、頭脳は子供という状態で、やっぱりドリフなんですけども。
毎回毎回、歴史的イベントに江が登場して活躍するというワケのわからん展開がなかったというか、今回はもう歴史的イベントですらないので、ツッコミどころが足りなかったというか。
なんか普通にホームドラマ路線だったので、よくも悪くも、今までで一番まともだった気がします。
全編コント構成なら、ホームドラマ路線がぴったりで間違いないですよね。

とりあえず、柴田勝家の演技がよかったです~
厳しさと優しさ、そして最後に訪れたつかの間の幸せは、このドラマにしてはまともな描写だったかと。

そして、秀吉は徹底的に嫌な奴路線で描かれてますねぇ。
秀吉の演技は、なんか作りすぎてて、好きになれない感じです。

あとずっと感じてた最大の違和感は、初の存在かもしれません。
江以上に「見た目は大人、頭脳は子供」なんですよね。
やたら難しいことを言い出す江と違って、初の方は割と設定年齢相応の言動の気がするんですよね。
そのおかげで異常な違和感が(;´Д`)

これは、ひょっとしたら芝居がうまいんでしょうか?
よくよく思いなおすと、なんか初は割と上手いこと子供を演じてるようような?
でも、図体がでかいので、いくら演じても子供にはならないわけであり…
…芝居が上手ければうまいほど、異常な違和感をかもしだすとか、どないやねん(;´Д`)

これから、賤ヶ岳の戦いに向かうわけですけど、江がどんな大立ち回りを演じるのか楽しみです。
絶対に城でおとなしくするようなことはないはず。
城を抜けだして勝家に会いに行くくらいのことはしそうな。


江~姫たちの戦国 第七話「母の再婚」

大河ドラマ】   2011/02/23 21:42

毎週毎週いかれた展開を見せてくれて面白い大河ドラマの感想、7話ですー

今回は、清洲会議がメインでした。
清洲会議がメインということは、清洲会議に江が登場するということで。

37418.jpg

まさかとは思ったけど、本当に乱入してきたよ!

秀吉が三法師を跡継ぎに決めたことに対して、江が「なぜそなたがそのような大切な事を決めるのじゃ」とかいってたけど、視聴者としては江に対して、「なぜそなたがそのような大切な場にいるのじゃ」と問いつめたい。
この様子では、大坂の陣で千姫を連れだしたのも江とかやりかねない(;´Д`)

しかし、見ていて強く感じたのが、このドラマに一番不要なのは三姉妹が登場するシーンという元も子もないことです。
いや、秀吉と利休が話してるシーンや、勝家と信孝が話してるシーンのあとに、江のシーンになると、急に空気が変わったというか、軽くなったというか、雰囲気台無しというか。
三姉妹が出てくると、一気にコントになってしまうんですよねぇ(;´Д`)
主役が一番の癌とか、どういうことだ…

あと、清洲会議を盗み聞きしてたのに、信孝と市の会話をなぜ盗み聞きしないのかと、見ながらツッコミを入れてたら、「こっそり聞いてきます」とかいいだしたのには笑いました。
もはや江の特技は、盗み聞きと霊感ですね(;´Д`)

あと思ったのが黒田官兵衛老けすぎて違和感。
まぁ1年も地下牢に閉じ込められたらああなってもおかしくはないのかもしれませんが…

ともかく、今後も江は歴史の重要なイベントには全出席してくれそうで、とても楽しみです。
新聞でも違和感とか書かれてる始末ですが、気にせずこのままぶっちぎって伝説の大河ドラマになって欲しいですね。


江~姫たちの戦国 第六話「光秀の天下」

大河ドラマ】   2011/02/14 0:31

トンデモすぎる大河ドラマ「江~姫たちの戦国」。
前回はあまりのひどさに思わず再放送を見て、二度目にも関わらず噴いてしまったりと、すっかりはまってしまいました。
こんなに楽しみな大河ははじめてです(笑

今回はあらすじなしで感想だけ。

前回がとんでもすぎて普通に見れてしまった不思議。
前回のごとく超常現象を期待してたので、まともに見れてしまいました。

いや、江が光秀と直談判とか、トンデモ脚本なのはかわりないんですけど、なんか光秀の薄幸さ加減に感情移入してしまいました(;´Д`)
江での表現はやりすぎとしても、信長討って周りに声をかけたけど、誰もついてきてなかったとか、相当こたえただろうなぁと。
誰もついてこなかったときは「えらいことやってしまった」という感じだったのかなぁ…

それにしても、家康の息子と結婚するからなのか、家康いい人キャンペーンが過剰すぎです。
そして、9歳の幼女に色々語る55歳光秀と、55歳に天下布武を語って太平をもたらして欲しいという9歳
無茶すぎますね、うん。

でも、誰もが江に一目を置く理由が見えてきました。
こんなしっかりしてて肝がすわってる9歳の姫がいたら、たしかに誰でも一目置く気がする。
だって、9歳があんなこといったりしてたら天才ですよ。
6歳の時にすでに読み書き完璧だったし。
なんで9歳であんなしっかりしてるかと考えたら、そりゃ伯父上の信長の英才教育があったからなわけで。
おまけに、家康からしたら、江が信長の夢を見て心配したといってきたら、ほんとに信長死んじゃったとか、ぜひ手元に置いておきたいくらいの予知能力。
それで家康はあんなに優しかったのかー!(;´Д`)

つまりは、信長は江は天才だと感じたので直に接して英才教育を行い、その結果天才に育ち、光秀と一人で話し合うくらいにまでなり、9歳のくせに天才過ぎたので光秀もすっかり心酔してしまい、最後に思い浮かべるのが江だったと。

そのわりに、お市の方との会話では「難しいことはわかりませぬ」とか、お前はさっき難しいこと散々言ってただろうと思ってしまいましたが(;´Д`)

しかし、信長の姪ってそんな言うほどの立場なんでしょうか?
信長の娘とかならまだしも、姪とか微妙なような…
いやでも、茶々は結局秀吉に寵愛されたし、江は最終的に秀忠の正室なわけだし、実際に結構な立場だったのかしら…
そのへんがさっぱりワカランです。

あと思ったのが、家康いい人キャンペーンに対し、秀吉がなんか微妙にいやなかんじに書かれてますねぇ…
特に、やたらと光秀に感情移入させる内容だっただけに。
個人的には、本能寺の変が秀吉に伝えられたときの、黒田官兵衛の「運が回ってきましたな」が無かったのは残念。

とまぁこんなかんじですが、江が清洲にもどってきたシーンとか、まさかの感動してしまったりして、なんだかかなり楽しんで見られました。
すでに「この大河はこういうものだ」と覚悟をしてるからかもしれません。
「覚悟した者」は「幸福」であるッ!

さて、来週のまた江の必要以上の大立ち回りが見れそうで楽しみです。
この流れだと、柴田勝家と話すシーンもやたらと多いんだろうなぁとか。
きっと勝家にも「親方様の面影を感じます」とかいわれて、勝家と市が自害するときは、一緒に江のことを思い浮かべるんだよ!
それどころか、秀吉だって死ぬ時は江のことを思い浮かべるんだよ!
もちろん家康が死ぬ時も!

そう考えると、いろんな意味で今後がとても楽しみです。

最後に、江のAAがそっくりで面白かったのでコピペ。

          -‐―- 、
     /..::::::::::::::::::.丶  
  .  /..::::::::::::::::::::::::::: ヽ  『私を連れてけぇ!』  「姫様ぁぁぁぁ」    
    i.::::::::::::」:::」:::」::」」i l    
     ∞ / (●  (● ∞
    ∥|  ~"  ゝ~" |l 
    ∥八    З ./ |l 
    ∥ |ヽ\_ /ソ
⊂二二二  \/  二二二つ
     | /    |


ネカマアイドルゆきは「江~姫たちの戦国」を応援していますヽ(´▽`)ノ


江~姫たちの戦国 第五話「本能寺の変」

大河ドラマ】   2011/02/06 21:41

大河ドラマの感想です~
前回は出かけていて見てなくて、録画だけしてる状況なので、一話飛ばします。

とりあえず最初にいいたいことですが、今年の大河ドラマのつっこみどころの多さは異常すぎです。

江が主役の時点で、すべてに無理があるのに、さらに無茶なシーンを追加した結果、いちいちつっこみどころだらけで、今回にいたっては感動シーンのつもりだろうけど、思わず吹いてしまったり、笑いが止まらなかったりと、違う意味でおもしろすぎです。
というわけで、今作「江~姫たちの戦国」は、ツッコミをいれながら見たい人には、ぜひ見てもらいたいという素晴らしいドラマに仕上がってます。

もう戦国BASARA並にひどいと思うよ!

みどころとか

今週は、序盤最大の山場の本能寺の変だったわけですけど、明智謀反から本能寺での戦い、蘭丸決死の戦い、そして寺の奥のほうに入っていく信長…
といったシーンまでは割と普通に面白かったし、見せ場になってたんですよね。
市のもってた貨幣が割れたり、千利休のもってた茶碗にひびがはいったり、やり過ぎ感はありましたけども、まぁ笑って許せる範囲。

しかし、このドラマが江が主役だということで全てに歪が出てきます。

信長がふすまをひらいたその先で見たものは…

20110206a.jpg

なぜか唐突に出てくる江の幻。
なんでやねーん、なんでやねーん、と言わざるをえない。
もうね、作者は何考えてるのかと。

でまぁ、信長は江のことを思いつつ死亡。

…というところで、江の夢が醒めます。
霊感でもあるのか、この娘は。

ちなみに江は、このとき家康と一緒にいます。
もう無理がありすぎる。

で、家康に叔父によからぬことが起きた夢をみたと報告したら、そのときに本能寺の変の知らせが。
信長の安否は不明ですが、とりあえずは光秀の手にかからぬように家康たちは逃げることに。
しかし、途中で野武士にかこまれてたいへんたいへん。

馬にのっていた江が何かの気配を感じてふりかえると、そこには…

20110206b.jpg

めっちゃ微妙な表情の信長。
いやもう、ギャグにしか見えません、これ。
見ていて笑いが止まりませんでした。

で、信長のおかげでピンチを脱出。

20110206c.jpg

感動的なシーンのつもりなんだろうけど、もはや笑うしかなく。
「そちは生きよ」の言葉で、信長の死を理解した江。

大丈夫かと心配して来た家康に対して

江「叔父上はお亡くなりになりました…」
家康「なんですと!?」

そりゃ「なんですと」と言わざるをえない。
家康からしたら、あまりに唐突すぎる。
ちょっと前まで「叔父上はきっと生きておいでです!」とかいってた江が、急にそんなこといって、もうわけわからん。

で、家康が江の電波な会話につきあわされて、江が泣きながら馬を走らせてるシーンで終了。
泣いている江には悪いけど、視聴者は見ていて笑いが止まらなかったという。

なんかもう、本能寺の変終盤から「ええええ」「ちょwwww」「ないわwwww」というシーンの連続。
畳み掛けるかのように視聴者を笑いの渦へと誘う素晴らしい回でした。

ちなみに、次回予告では江が光秀に問い詰めていたとかで、そんなに無理して江を出したいのかと。
次回もとっても面白そうです。


江 第三話「信長の秘密」

大河ドラマ】   2011/01/23 21:25

せっかくみたので感想を~
一昨年の天地人は結局、感想が途中で終わりましたし、今回もそうなりそうですが(;´Д`)

とりあえず、江は6歳なんだということが頭から離れず。

20110123b.jpg
1579年時点の年齢…どうしてこうなった

見た目はコレですが、仕草はたしかに歳相応なんですよね。

姉の初が饅頭に穴をあけようとしてうまくいかなくて饅頭を食べる仕草とか、意図的に子供の仕草をしてますよね。
三姉妹で話をしてる時とか、子供っぽくしてる感じ。
役者があきらかに大人なのに、なんか無理やり子供っぽくした結果、異様なアンバランスさを感じて、これは一体何なんだろうなぁと思ったんですけど、ドリフのコントに似ているんだと思いました。

なんかドリフの面々が子供を演じているコントのあの独特の雰囲気。
あれと同じ感じで、あきらかに大人なのに子供という設定なので、仕草が子供なんですよね。
もうこの不自然さというか、珍妙な空気というか。
まさか、大河ドラマを見て、ドリフのコントと似ているとか思うとは…

しかし、その割にえらく6歳から離れた行動をとることが多いというか、きっちり手紙書いて、戻ってきた返事読めるもんなんだろうかと。
6歳ですよ、6歳。
漢字なんて読めなさそうな。

…って、6歳から離れるべきなんですけども、役者の芝居がそれを許さないというか。
無理やり子どもっぽい芝居してるせいで、もうなにがなにやらカオスすぎる。

あと、信長と二人で話すあたりを見てると、江が主人公というのは相当無理あるんじゃないだろうかという気がしました(;´Д`)
そりゃ、この時代のドラマ作ったら信長出しますよね、当然。
それにしても、信長が6歳の姫とあんなふうに二人で話すのは無理がありすぎであって…

今年の大河ドラマは、もうどこから突っ込んだらいのかわからないです。


江〜姫たちの戦国〜の配役が無理ありすぎな件

大河ドラマ】   2011/01/16 21:08

大河ドラマの話題です~
今年は、お市の方の三女で徳川秀忠に嫁いだ江が主人公なわけですが。

1話目は問題なかったんですけど、2話目が無理がありすぎでした(;´Д`)
1579年に江がはじめて信長と会う話だったんですけど、配役が無茶すぎです。

配役は

茶々 宮沢りえ(37歳)
初 水川あさみ(27歳) 
江 上野樹里(24歳)

1579年の年齢は

茶々 10歳
初 9歳
江 6歳

いくらなんでも無茶すぎるよ!
どう考えても子役をはさまないと成立しないよ!
15歳を37歳が演じるとかならまだしも、6歳を24歳を演じるとか狂気の沙汰です(;´Д`)

おかげで、もう全編つっこみどころだらけ。
何かするたびに「これ6歳なんだよねぇ」とか思うと、もう(;´Д`)

江が信長にひとりで会って色々問い詰めるシーンとか、6歳の姫が言ってると想像するとむちゃくちゃすぎるよ!

信長「大きくなったらわかる」

いや、もう大きくなっちゃってるよ!
初も「父上の仇!」とかいってるけど、落城時に3歳だったら普通覚えてないかと。
第1話の茶々も、あれ4歳だったわけですね…
しかも、信長の出番は結構ありそうな雰囲気なんで、当分はこのつっこみどころだらけの配役で続くわけか(;´Д`)

といいつつ、むちゃくちゃすぎて面白いんで見てしまいそうですが(;´Д`)





脱毛ブログのコンテンツへのリンクです。





レンタルゆきにゃん受付中☆お会いして色々やりますよ~

ゆきにゃん写真集販売中です☆

PAGE TOP




トップに戻る