第136話 キン肉族を捨てた男!!の巻:キン肉マン サイフォンリング編

第136話 キン肉族を捨てた男!!の巻


  • プロフィール


    詳しいプロフは写真をクリック☆








☆ めたもるゆきにゃー ☆


第136話 キン肉族を捨てた男!!の巻

かなり遅れましたが、今週のキン肉マンです~



あらすじ

真弓、スグル、アタルの年齢設定整理

(画像はヤフーコミックのページにリンクしています)

ネメシスがタツノリの弟だと知って驚くスグル。

回想シーンでは、真弓に抱っこされて、タツノリの肖像画を見ている赤ん坊時代が。

…ってことは、スグルが生まれた時点でタツノリは死んでいたようですね。
タツノリは孫の顔を見ていないのかなぁと思ったけど、アタルの顔は見てるのかなぁ…

ちなみに真弓の年齢を調べてみると、66歳だそうな。
スグルが開始時で20歳だったみたいなので、46歳の時の子供ということに。

そう考えると、タツノリは亡くなってそうだなぁ…
アタルの年齢設定は35歳だけど、スグルが王位編で24歳なので、11歳差。
アタルが生まれた時点で35歳というわけですねー

しかし、改めて真弓のダメっぷりがすごいですね。
35歳で順調に世継ぎが出来たと思ったら、スパルタ教育で暴走して家出されて、46歳でやっと出来た次の世継ぎを、豚と間違って捨ててしまって、20歳になるまで回収せずに放置。

よくキン肉王家滅びなかったなぁ…

そもそも、キン肉族の王子って最前線で戦って戦死もありうるんだから、滅びないように複数の子供必要なのでは…
と思ったけど、死んでも超人墓場から帰ってくればいいだけなので、大丈夫なのかな…

まぁ、最悪、ジャイアンツ星から養子とれば大丈夫ですよね。
きっと、ジャイアンツ星って、キン肉族と縁のある一族で、シルバーマンの遠縁なんでしょうね。

…ギャグ漫画時代の適当な設定を入れると、どんどん無茶苦茶になるなぁ(;´Д`)
ジャイアンツ星の話は、真弓のジョークと捉えたほうがいいかな…

こんだけ書いておいてなんですが、どんだけ設定から考察しても、土台となっている設定が常に変化するので、無意味なのではとも思えてきました。


なんかいきなりどーでもいいことを考察して、話がすすんでませんが、話をすすめて。

ネメシスいわく。
問題はタツノリが王になったことではなく。
タツノリ自身は、非常に気のいい高潔な男だったそうな。
王としてもこれ以上ない人物であっただろうという褒めっぷり。

それもそのはずで、幽閉された自分のもとにも兄だけはよく来てくれたそうな。
そして、「本当にすまないと思っている」と謝罪するタツノリ。

それに対して「仕方がない、自分はここで静かに隠遁生活を送る」というネメシス。
ネメシスもこの時点では理解をしめし、運命を受け入れていたようで、これはこれでものすごいことですよね。

しかし、元老院から出た結論は、ネメシスは10日後に死刑。
それを止める力すらないと涙するタツノリ。

しかし、そんな兄は悪く無いと答え、悪いのは能力もないのに派閥を作ってキン肉星をおかしくしている連中だと話します。

「何より、この星で最も偉いはずの兄さん…
あなたにそんな涙を流させることしかできない星なら滅べばいい!」

自分が処刑されることよりも、尊敬する兄に無力と謝罪の涙を流させるキン肉族に失望しているわけですよね。
たった一人、信頼できる兄との絆はとても深かったんだろうなぁ…
仲の良い兄弟にもかかわらず、外野のせいでおかしなことになるとは実にひどい話ですが、実際に色んな王家にこういうことがあったんだろうなぁ…

そして、元に帰して更地にするのが自分のいる意味だと悟ったと語るネメシス。
怒るのはわかるけど、なんかいきなり極端な。
ここは尊敬する兄に、政治の実権を王に取り戻して、腐れ切ったキン肉族を建てなおして、自分のような存在があらわれないように託す…とかでもよかったのでは。

でもまぁ、この状況じゃ、そんな冷静に考えられなくて当然ですけどね…

最後に、ネメシスに1つ忠告を送るタツノリ。

「キン肉族の力の源泉は慈悲の心にある。
お前の技は切れ味鋭いが、最も大事なそこが決定的に欠けている。
そこが唯一の弱点となるだろう。
そのことだけは肝に銘じてもらいたい」

しかし、もはや自分に慈悲の心はないと答えるネメシス。
まぁこの状況で慈悲の心をといわれても、無理といえば無理。
ただ、死刑が迫っていることを知らせてくれて、最後に忠告してくれた兄の慈悲だけは受け入れて、心にとどめておいて欲しかったところではあります。

この流れだと、やっぱりネメシスはスグルと戦って、慈悲の心の有無が決定打になりそうな雰囲気ですね~


元老院側からしたら、人のよいタツノリは扱いやすそうだけど、
非情なネメシスは扱いにくそう

王家の人々がネメシスを恐れたのは、慈悲の心が欠けていたからなのかもしれませんね。
「なんとなくこいつヤバイ」と感じたのもあるのかも。
もしネメシスが王になったら、徹底した合理政策ですごい発展をとげるけど、犠牲者も多いのかもしれませんね。
タツノリは人が良すぎて、非情になるべき場面でも、非情になれなさそうではあります。
ネメシスの分の慈悲の心をタツノリが持って産まれてキタ感じ。

それゆえ、元老院からしたら「タツノリは操りやすいけど、ネメシスは手に負えなさそう」と感じて、徹底排除にかかたのかもなぁ…
もしもタツノリが王になってネメシスが補佐したら、バランス的に最高で、元老院としては厄介だろうからなぁ…

タツノリの人の良さが悪い方向に出てしまったのが子育てで、真弓というダメ王が育ってしまったのかもしれません。
としか思えないくらい、真弓のダメっぷり(笑


ともかく、永遠の別れをする2人。
ネメシスはその日のうちに牢をやぶり、モンサンパルフェを目指したそうな。

脱出しようと思えばいつでも脱出できたぽいのに、静かに隠遁生活を送っていたあたり、「仕方がない」とある程度は納得してたわけですよね。
その時点でものすごいですよねぇ。
会いに来てくれる兄のことも考えてたのかもしれませんね。

モンサンパルフェが実際にあるかどちらでもよく、ただ目指す先が必要だったとのことで。
たしかに、こういうときって目標ないと無理ですよね…
でも、安易に荒くれ者になったりせずに、モンサンパルフェを目指したあたりが、王家の教育を受けた一流の超人だとも思うのですよ。

そして、モンサンパルフェの扉を開くネメシス。
そこで彼が目にしたものは…

ミラージュマン、キター!

腹に風穴を開けた超人の死体を持つミラージュマン。
その威風堂々とした姿は、まさしく完璧超人始祖!

将軍様と対戦したせいで、あっさり退場しちゃったミラージュマンに、こんなところで光が当たるとは嬉しいですね~

「ここを通りたくば、私の試練を超えてみろ」と立ちふさがるミラージュマン。
ネメシスは、ダイヤモンドの硬度のカレイドスコープドリルを素手で止めようとしますが、はじきとばされます。

そこで殴りにかかるミラージュマンですが、肉のカーテンで防ぐネメシス。

シルバーマンの技を使う姿に驚くミラージュマンなのでした。

というわけで、再来週に続きます~

感想とか

今回はほぼ全編回想でしたね~

ミラージュマンからしたら、出て行ったシルバーマンの子孫が戻ってきたわけで、ものすごい衝撃ですね。

完璧超人サイドからしてみれば、地上に降りて正義超人となったシルバーマンの子孫がキン肉王家になって、その王家の中で天才すぎて恐れられたネメシスが、こんな皮肉な形で戻ってきたわけで。
それこそ、地上の超人は下等超人という認識を強めそうですよね。
正義超人のリーダーといいつつ、おかしな形で天才を幽閉して命を奪おうとしたわけですもんね。

超人閻魔が、自分に何かあった時のかわりをネメシスにたくそうとしたのも、経緯からすると理解できますね。
絶対に正義になびかないだろうし、完璧超人始祖の血を引いているわけだし。

あと、いまさらのごとく、キン肉族とアシュラ一族の格の違いを感じたような…

完璧超人始祖・シルバーマンの子孫で慈悲の心を源泉とするキン肉族。
完璧超人始祖・ジャスティスマンの子孫のミロスマンを倒して、腕を奪ってのし上がったアシュラ一族。

同じ正悪王家でも、やっぱりキン肉族のほうが格上になっちゃいますねぇ、これ。
アシュラ一族も、史上初の打倒完璧超人をなしとげた超人の子孫ではあるんですけども…

まぁ、ともかく、次回が楽しみですね~

なお、来週は休載なので、前から予告してた「完璧超人から見た地上の超人たちが、いかに下等かというわかりやすい例え」の記事を掲載予定です~

実は、ぜんぜんわかりやすい例えにならなかったんですけど、始祖側の気持ちがわかるかなーとは思いますので、あまり期待せずにお待ちください(笑


ブログランキングに登録してみました☆
よければぽちっと応援おねがいなのーヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
にほんブログ村 ファッションブログ 姫系へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ



~~イベント・告知など~~

☆苦しいあなたの気持ちに寄り添い共感して、未来を切り開くために一緒に考えます

味方が居なくて孤独に陥ってるあなたの気持ちに寄り添って、Skype通話で話しながら、未来を切り開くアイデアを二人で考えていきます☆
わたしがあなたの強い味方になりますので、楽しく話しながら、一緒に現状を改善させる方法を考えていきましょう☆

詳細はこちら
↓↓↓
苦しいあなたの気持ちに寄り添い共感して、未来を切り開くために一緒に考えるサービス、はじめました










雅 │2015年07月17日 12:19

ついったでもですが、真弓のdisられっぷりがひどくて、笑うしかないですねw

ひまつぶし │2015年07月17日 19:02

真弓って本当にタツノリの子❔
どこかに書いてあるなら教えて欲しいや。
逆にタツノリの子供はスグルママであって真弓は婿養子なんじゃあと思えてきた。
真弓の戦歴で知ってるのはハラボテとの時間切れ引き分けくらいだし、過去チャンピオンだったらしいけどキン肉族としての強さを感じないや。スグルママは怪獣とも戦って勝ってるし、キン肉フラッシュ使えてるし、格闘技術は真弓よりありそう。
壁に激突させる技でないとするならば『マッスルインフェルノ』とかママ若い時使ってそう。『フェイスフラッシュ』も使えるかも。
スグル日本に捨て放置できるような親だしアタルも家出するの理解できるや。
今でもアタルの家出手引きしたのはネメシスだと思ってるし、アタル正義ではなく完璧目指してたから神殿の金銀マスク引き離し神殿荒した様子もなく金マスク将軍と融合しちゃったと見てます。
3年前の11話uchimuraさんも将軍=アタル予想してたみたいですね。
【ひま】の妄想遥かに続く。
でもゆでには【ひま】の妄想越えるストーリー期待してます。
ネメシスの名前、彰布 幸一&掛布なんとか想像してます。

2015年07月17日 21:00

若いころのタツノリ、イケメンでワロタw

まー、弟のネメシスに慈悲の大切さを説くなら
実の息子の真弓にも、きちんと説くべくですよねw

長男アタルを家出に追いやったり、
次男のスグルのアホ面を見て、首を絞めて殺そうとしたり
ブタと間違えて放り出して、20年ぐらい放置したり…。

やばいw
ネメシスに真っ先に粛清されるべきは、スグルじゃなく
真弓でしょw キン肉王族の闇の権化のw

ヒロ福平 │2015年07月17日 22:42

ミロスマンって、子孫じゃなくて、弟子じゃなかったっけ?

2015年07月17日 23:34

王位編から28年後のⅡ世の序章で真弓が出てきた時はで100歳じゃありませんでしたっけ? なので逆算して73くらいと思ってました

貝橋 │2015年07月19日 01:23

スパルタ教育は王族の立場を考えれば、逃げる方にも問題がありますが(それを言ったら息子が悪行超人にまでなったのに放置していたロビンの方がひどい)まともに教育受けてないスグルが大王やれているから、そんな厳しくする必要あったのかと思っちゃいますよね。

けど、真弓も超人オリンピックのV2チャンプだから、現役時代はスグルやロビンのような正義超人のリーダーとして立派だったはず(ライバルがあれだから真弓世代は質が低いと言われれば否定できませんが)

パッショーネ │2015年07月19日 09:54

キン肉族の黒い因縁がほぼ全編回想で伝えられましたね。ネメシスがタツノリ以外のキン肉王家を見限るのも分かる気がします。
ミラージュマンは本当に一週決着であっさり終わってしまったので、ここで登場はうれしいところ、完璧始祖では一番弱いのはこいつだろうけど、次回でも活躍が期待できるかもしれません。

でもあまり回想は長くしないでラーメンマンとのバトルに戻ってほしい気もします・・・

2015年07月24日 02:54

>パッショーネさん

始祖で一番弱いのはシングマンじゃないですか。サンシャイン楽勝でしたし。









この情報を登録しますか?

(コメントは管理人の承認を得るまで掲載されません)


キン肉マン サイフォンリング編・記事一覧

キン肉マン 過去ログ一覧






脱毛ブログのコンテンツへのリンクです。





レンタルゆきにゃん受付中☆お会いして色々やりますよ~

ゆきにゃん写真集販売中です☆

PAGE TOP




トップに戻る