大変遅れましたが、今週のキン肉マンですー

あらすじ

(画像はヤフーコミックのページにリンクしています)

自分がマッスルスパークを完成させたと言われて「いやいや、そんなことない」と否定するスグル。
そりゃそーです。
そもそもキン肉族に伝わる技だと教えられたわけだし。

ですが、シルバーマンはあくまでヒントを残しただけだそうで。
発展をずーっと見守ってきたけど、あくまで発展途上でしかなかったそうです。

それはネメシスのマッスルスパークも同じで。

シルバーマンが理想の完成形と感じたのは、スグルがフェニックスに放ったマッスルスパークだそうで、それが100点満点以上の答えだったとのこと。

サタンクロスやオメガマンに使ったのはダメだったのかなぁ…
そーいや、その2人に使った時は、火事場のクソ力を封印されてましたもんね。

7000万パワーマッスルスパークこそが、理想形だったというわけですか。

で、シルバーマンはネメシスに「慈悲の心が決定的に欠けている」と話します。

ネメシスは、兄タツノリに慈悲の心のなさを指摘されたことを思い出し「どいつもこいつも、同じようなことを!」と声を荒げます。

そりゃそーです。
リングの上で真剣勝負してるのに、慈悲の心とかなんとかいわれても、「そんなもん知るかいな」と言いたくもなる。
戦いは殺しあいで、より鍛えたほうが勝つという、完璧超人の教えのほうがシンプルでしっくり来ますよね。

でもまぁ、剣道とかもきわめていくと、心を磨く方向にいくわけで。
慈悲の心が云々とは、そーいう方向性の進化なのかなぁ…

でも、慈悲の心がなしで殺す気満々ゆえに理想形とは違って、それでラーメンマンが生き残ったとか、なんだかよくわからない。

ともかく、そうはいっても納得いかないだろうから、スグルとネメシスが全力で戦うように促します。
びびるスグルに、運命だと思って覚悟しろと諭し、発破をかける委員長。
真弓も今に来るだろうとのことで。

で、そんな話をしてる中で、ニャガニャガという声が聞こえてきます。

おおっ、サイコマン生きてた!
よく生きてたなという姿勢だけど、とりあえず良かった!

シルバーマンも、サイコマンなら生き延びると思ったからこそ、封印していた奥義を使ったそうで。
別に虐殺王の本性が目覚めて殺さずにはいられなかったわけではなかったんですね。
勝手な誤解、失礼しました><

殺す気満々で使ったけど、サイコマンがシルバーマンを叩きつけて掘り返されたところに激突させたので、なんとか生き延びたそうな。
でも、ダメージがぜんぜん違うあたり、サイコマンの奥義よりシルバーマンの奥義の方がはるかに威力が高いのかなぁ…
シルバーマンになら、そのまま殺されてもよかったというサイコマン。
この辺、きっちり納得して敗北を認めてるあたり、潔いですね。
まぁ潔いも何も、動けないんだから当然か…

そんなサイコマンからダンベルを奪い、「消えるときは僕達みんな一緒だよ」と語りかけます。
やっぱ消える気満々なんだ…

とうとうダンベルが全て集まり、祭壇にささげると超人閻魔と10人の始祖はこの世から消滅するという事実が正義超人にも知らされます。


「ああ、僕たちは消えるんだ。
でもそれは悲しいことじゃない。
だって、いつかはそうなることを、僕たちは望んでいたはずだったんだから…」

こんなこといってるけど、やっぱり悲しいよぅ(つд⊂)エーン

…というか、このろくでもないシステムの言い出しっぺ誰ですか…
しかも、採用されたってことは、みんながGOサインだしたってことですよね。

ガンマンとかアビスマンとかもきっちり納得してたんだろうか…
サイコマンは「どうせそんな日はきやしませんよ。もし来たら、ほんとに消えてもいいくらいに無理ですよ」ということでGOサイン出したんだろうか…

どういう話し合いが繰り広げられたのか気になる…

シルバーマンが提案したけど、マグネットパワーの時みたいに、あんまりみんな納得していない状況で、ザ・マンの主導でそうなっちゃっただけだったりしないんだろうか…

で、ジャスティスマンのダンベルをもつテリーマンの前に降り立つシルバーマン。
さてさて、どーなることやら。

感想とか

とりあえずサイコマンが生きてたことでシルバーマンの株も復活。
最高の友達とかいっておいて、殺す気満々という頭のおかしい人じゃなくて良かった…

でも、「一緒に消えよう」とかいうわけだから、これはこれで嫌ですけどね(;´д`)
サイコマンの方は「神をやりなおしましょう」で、両極端というか、もうちょいバランス取れないんだろうか…

で、テリーマンのダンベルですけど、さすがに渡さないんじゃないですかねぇ。
何も消えることはないと思ってるだろうし。

そもそも、これ、テリーマンとバッファローマンが素直にダンベルわたしたら、ほんとに超人閻魔も消えちゃうんですかね?
そもそも、超人閻魔がそれを阻止しようとするわけだから、どっちにしろそのままえは行かないですよねぇ。

でも、超人閻魔としては、もうこうなった時点で戦略的には完全敗北では。
将軍様なりジャスティスマンが超人閻魔相手に足止めして、シルバーマンが祭壇に向かったら終了で。

案外、全部はめるけど、何もおこらないとかありそう。
超人閻魔が最後にもう1つダンベルをもっていて、それが起動装置とか。

そんなこんなで、次回が楽しみですねーヽ(´▽`)ノ









10 comments on “第166話 血みどろの慈悲!!の巻”

  1. 前回のコメントに書いた「破ってみろ!」「死ぬなーっ」、これが慈悲の心なんでしょうかねぇ。
    オメガマンの時は「このマッスル・スパークの痛みはスタンドから身を投げたビビンバの分じゃ~!!」でしたしね。
    慈悲の心どころか、恨みを晴らす気満々でかけてましたし。
    スグルはラーメンマンの敗北後に一度覚悟を決めたのではなかったのでしょうか。
    ここでまたビビるのはやめて欲しかったです。
    もう本当に戦いも大詰めを迎えているのですから、ここは大王らしくシャンとして欲しかった。
    テリーマンのところに降りてきたシルバーマンが怖すぎです。
    強盗がきたみたいで(笑)。

  2. 将軍さまか、武道か、どちらかがダンベルの使用に待ったをかける展開ではないかと…。
    将軍なら『その前にやることがある』武道なら『ネメシスが負けた時は認めよう』みたいな感じか!?
    これ、武道にネメシスを鍛えてもらいたいんですよ~。このままだと絶対にスグルが勝つので。
    ネメシスはもう二戦しているんだから、修業タイム下さいってばよ!

  3. 更新お疲れ様です
    ゆきにゃーさんは、ろくでもないシステムとおっしゃってますが
    私的には、ダンベルは素晴らしいシステムだと思いますよ
    目的もなく永遠に生き続けるなんて、考えただけでも恐ろしいです
    いくら肉体が若いままでも精神は腐ります
    最高に気高った筈のあやつさんでさえ
    今は堕落してしまっているんですから
    寿命の無い生にきっちりとゴールを定められない生き物は
    癌のように、周囲の環境を無視して我を通して
    最終的には環境ともども心中してしまうものですから

  4. 雷のダンベル、持つとこギザギザで持ち辛そう…。
    ダンベルが全て揃うことで何かの封印が解けちゃったりするのかなあ?10人とは別に密かに助けてた真・完璧始祖が登場しちゃったりして。そいつらと真弓と絡めてもう一波乱。
    いや、でもやっぱりテリーはダンベル渡さないって流れだよなー。バッファは将軍様の意向に従うだろうし。テリーの次のアクション大事ですね。ジャスティス戦では何も出来なかった分、ここで株をあげたいトコです。

  5. ネメシスとスグルの対戦は決定的ですね。真弓も登場しそうだけど、アタルは・・・。
    その前にダンベル問題か。テリーは躊躇するだろうけど、ジャスティスから言われたら渡すのでは。試合内容はアシュラと比較しても惨敗でしたし。
    ただ、消滅する前にシルバーはキン肉族の対決を見届けるだろうし、ゴールドはザ・マンと決着を付けるでしょうが。

  6. シルバーマン対サイコマンは、スグネメ戦の後にすべきだったのでは?ネメシスがシルバーマンは尊敬に値すると判断した時点でスグネメ戦の価値が微妙になるんですよね。ネメはあくまで「俺こそ最強!なんなら、俺を騙した武道も殺っちゃうよ」位のテンションでないと、スグルの主役としての立場が揺らぐような気がして。もし、実現したらスグネメ戦が終わって、「やれやれ・・・始祖以外はこれだから」と上から目線のサイコ、再び参戦!満身創痍のスグルが無理矢理出ようとして、シルバーが代役として登場。そんな流れが自然だったかなと。すみません。願望&妄想です。ラストは悪魔対閻魔だし。

  7. シルバーとサイコマンの語り合いもよかったですな。
    結局、マッスル・スパークは慈悲というか
    再起不能なほどのダメージを与えず、
    相手がその技の完成度に感嘆し、それを超えようとするような
    お互いを高め合うような技ってことなんでしょうかね・・・
    フェニックスの時も結果は死にましたが、それは心臓病。
    早く戦いを終わらせるための慈悲の意志で放ったことは
    間違いなさそうですしね。
    ゼブラに放った未完成、そしてオメガマンを倒すつもりで放った
    スパークは、やはり別物ってことなんでしょうね。

  8. 久しぶりの書き込みです。
    今週も面白かったですねー
    個人的には、このシリーズの最後は
    キン肉マンと悪魔将軍の夢のタッグ
    VS
    ザ・マンとネメシスのタッグ
    だと想像してるんですが、みなさんどう思いますか?

  9. シルバーマンが皆で消滅しようというところが何だか泣けてきました、新しい超人たちが成熟の時を迎えたという時点で消えるということに皆納得してオリジン達はダンベルを持っていたわけですよね。
    それがいつの間にかザ・マンの変貌とと共にそのシステムの精神を忘れてしまったのですね、でも離脱したゴールドマン、シルバーマン、そしてジャスティスマンたちはザ・マンに逆らってでもその最初の精神を取り戻したいと思ったわけですね。
    このまま消えてしまうのをザ・マンやネメシスが手をこまねいてみているはずはないと思うので、次回の展開に期待です!

  10. 「私」と「僕」がシルバーマンのスイッチなんでしょうね。
    「私」がオリジンだった頃のシルバーマン、「僕」が超人墓場を出て正義超人たちを組織した後のシルバーマン。
    今後どうなるか。
    ジャスティスマンは消えるの賛成なんでしょうけど、テリーマンは反対するでしょうね。
    ネメシスですら反対派ですから、下手したらネメシスとの共闘もありうるのかな。
    シルバーマン出てくるまでは、キン肉マン&悪魔将軍Vsネメシス&ザ・マンで終わりだと思ってたんですけどね。
    戦闘可能なオリジンがまだ二人も残ってますからね。
    悪魔将軍とシルバーマンの兄弟対決で数減らしってのは、する理由がないですし。
    ダンベル全部揃えても、消えるのはオリジン達だけで、ザ・マンは消えないとか、そう言う風に改ざんしてたりして。
    だとしたら、ザ・マンはもう駄目ですね。
    個人的に気になってるのは、ジャンクマンとネメシスの本名。
    ジャンクマンはペインマンの遺言を悪魔将軍に届けて欲しいです。
    ネメシスの本名、他の名前からするとキヨシじゃないかと思っていますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です