第147話 完璧が目指す“圧勝”!!の巻:キン肉マン サイフォンリング編

第147話 完璧が目指す“圧勝”!!の巻


  • プロフィール


    詳しいプロフは写真をクリック☆








☆ めたもるゆきにゃー ☆


第147話 完璧が目指す“圧勝”!!の巻

今週のキン肉マンです~



あらすじ

(画像はヤフーコミックのページにリンクしています)

やせ我慢しながら左足でを繰り返すテリーマン。

「ミーはこのとおり絶好調だぜ!」

なんか「別に左足痛めてなんていないんだからね!」という感じで、あからさまで余計に怪しいんですが(;´Д`)

こーいうときってどう対応したらいいんですかねぇ…
全く左足を痛めていないのに「痛めただろ」と言われた場合だとどうするのかなぁ。
「お前の言うとおり痛めたぜ」といって、左足に攻撃が来るように誘っておいて、実は元気な左足で捌いて反撃とか。

もしくは「さあどうかな、痛めた気もするし、そうでない気もする」とかいって、わけのわからないようにするとか。
痛めていない場合は「痛めて無くて元気だぜ!」とはいわないような気がする…

ともかく、右足にローキックの反撃を食らいつつも、ロープの反動を利用してテキサスクローバーホールドをきめます。
ミートは「ほんとに絶好調なのかも!」といってるので、一応は超人界の頭脳?を勘違いさせることくらいは出来たらしい。

しかし、テリーの左足は思いのほかまずい状態らしく、実は勝負を焦って仕掛けていたのです。

で、ジャスティスマンには「やはり左足を痛めている」と指摘されます。
そうはいっても自分が優勢なことに変わりないと、テキサスクローバーホールドをさらにきつくしめようとしますが、なんかものすごい腕力でテリーの腰を浮かせることで、クローバーホールドから脱出。

サンシャインをギブアップ寸前まで追い詰めて、100トンも自力では脱出できなかったという、地味にスゴイ必殺技のクローバーホールドがなんか真正面からやぶられてしまいました。
ジャスティスマン、強すぎる。

で、膝十字固めでテリーの右足を攻撃。
なんとか脱出するテリーですが、痛めているとわかっている左足を狙わないのにご不満の様子。
変な同情はごめんだぜと感情をあらわにするテリーですが「何を勘違いしている」と冷静に返されます。

もし自分が左足を狙って勝ったとしたら「左足さえ痛めていなければ勝てていたかもしれない」と思わせてしまい、それが新たな火種を生むと話すジャスティスマン。
言い訳が一切できないような完勝をすることこそ彼の行動原理だったのです。

なるほど、正々堂々、真正面から完敗させることで「もうかなわない」と心を折れさせることが重要なわけですね。
これはキツイ。
マーベラスもラーメンマンの古傷を狙わなかったですし、完璧超人の教えはそういうものなんでしょうね。

ネプチューンマンは「相手のウィークポイントを攻めるのが鉄則」ということでロビンに行動を読まれたりしていましたが…
まぁ裏に控えているネプチューンキングがアレだからなぁ…
金網恐怖症のモンゴルマンを金網で嫌がらせしたり、ろくでもなかったなぁ(;´Д`)


で、ジャスティスマンは左足のかわりにテリーの左腕をもぎとろうとします。

なんとかつながったままなものの、変色してしまうテリーの左腕。

しかしテリーはあきらめません。

「最後まで体の動かせる箇所がある限りあきらめないのがテキサスブロンコ魂だ!」

さすがアシュラマンに両腕奪われても全然心折れずに普通に戦ったり、100トンに全身の骨を折られても戦う気持ちを一切失わかなっただけあります。
たぶん正義超人の中で一番精神的にタフなんじゃないでしょうか。

で、ロープとコーナーポストをひきぬいて、体に巻き付けます。

「くらえ、テキサスツイスター!」

なにこれ、発想が斜め上すぎる(;´Д`)
「これで腕が4本だぜ!」ということなんでしょうか…
やってることがなんか子供のケンカレベルなんだけど、まぁジャスティスマンとしたら動揺するかもしんない。
少なくとも見ているわたしは動揺しました(笑
「いやいやいや、それはないでしょ」と。

煽りではテリーマンの新必殺技がジャスティスマンを圧倒とかありますが、こんなもんで圧倒している姿が思い浮かべられません(;´Д`)
そんなこんなで、気になる次回につづきまーす。

感想とか

左足が取れるような展開は回避ですかねぇ、これ?
少なくともジャスティスマンには左足を攻撃する意志はまったくなさそうですし。
…それならあんな御大層なエピソードいらなかった気もする…

それにしても勝てる気が全くしないんですけど、どーすんでしょコレ。
まぁ、ジャスティスマンもガンマンと同じで、攻撃が通れば案外もろいのかもしれませんが、今のところ勝ち筋さえ見えないですよね。
果たしてどーなるのやら。







桃季すがり  │2015年10月26日 21:49

義足については、ホント皆さん肩すかしをくらった気分ですよねぇ(笑)
まあでも、この後何かあるかもしれませんので、保留にしときましょう。

テキサスツイスター・・・
ま、まあ、ミーはアシュラマンのライバルなんだから、対竜巻地獄の対策くらいしときゃなアカンな、ということであみだしたものなんでしょうねえ・・・
テリーマン勝利予想の身ですが、さすがにしんどくなってきた(笑)

レレチャーコ │2015年10月26日 21:53

僕も左足は取れない気がします。
もげないまでも生身の肉体は変色しボロボロ。最後の仕上げとばかりに義足を壊しに掛かりますがどうしても外れない。
『この左足はミーだけのものじゃねぇ!バックランド爺の、そしてマシンがン号の魂も宿ってんだ!』なんて訳のわからん理屈を叫んでみたり。アトランティス同様、ストロングポイントとして生まれ変わってたと。
で、いま足が痛いのはストロンガー、更にはストロンゲストポイントとなるべく進化を遂げようとしている証だったりして…。シルバーの力を宿したアンヨになっちゃうとか。

モーストデンジャラー │2015年10月27日 15:18

このシリーズでまだ解決されてない問題をおさらいしてみます。
①スグルとネメシスのスパークの違い
②金と銀はなぜ死闘を演じなければならなかったのか
③サクラダファミリアの秘密
④閻魔とサイコはなぜ無量大数軍にいたのか
⑤シルバーの戦闘態勢の意味
あとネプとかアタルの参戦とか、超人墓場が無くなって死んだ超人はどうなるのとか、サイコがブロッケンにかけてた技の名前とか(笑)、いくつかありますけど、個人的には上記5つは解決してもらわんとと思ってます。
①は次のネメシスの対戦で明らかになるでしょうけど、②は金銀ジャスティスが揃わないと解決しないと思うんですよね。今のところ銀の登場はなさそうなので、ジャスティスの退場はなさそうだな、と。
③か④は次のブロッケン戦で明らかになるかもですが、2つ解決するのは考えにくいので、残念ながらテリーとブロッケンはここで退場だと予想します。

パッショーネ │2015年10月27日 17:27

テリーマン対ジャスティスマンも佳境に入ってきた気がします。
ゆきにゃーさんの言うとおり、テリーが優勢になるイメージがほとんどわきません、ジャスティスマン強すぎます。テリーが勝てなかった場合、もう勝てそうなのはアタルとか戦闘モードになったシルバーマンぐらいな気がします、将軍様はザ・マン、スグルはネメシスで対決確定でしょうからね・・・
この試合の勝敗は4階のブロッケンJr対サイコマンの試合結果にも影響を与えるかもしれません。

タク │2015年10月27日 17:45

面白い。コメントに爆笑です。
あの短時間であそこまで?ってのは、アシュラマン戦でもあったような。。。

毎回読んでる人 │2015年10月28日 12:57

>パッショーネさん
一人英雄を忘れてませんか砂の英雄サンシャイン(ゴールドOイタン)は誰とあたるんでしょうか?w
さすがに椅子も用意されてないんだからいつでもスタンバイ完璧では?w

多分テキサツツイスターで相手をうかしてその後爆砕ドロップでとどめで終わりとかそんなあっさり絶対おわりませんよねw(これであっさり終わったら後から読者に凄い非難あうよねw)
さりげに思ったんですけどリングのくいまだ2個残ってるからこれでさらに倍だって6本チックにして4本できかなかったときにやってくれないかなw(ある意味それやったらさらに動揺する思いますけどwどうみても笑いにしかみえんw)

2015年10月28日 23:34

しかし、最後に残った大技が、カーフブライディングだと
頭部が硬度10のジャスティスマンには効きにくいでしょうね…。
がんばってくれ、テリー!

K.T │2015年10月30日 03:26

逆に俺はテリーが勝つと思う。
大体ゆでって試合内容でコレ勝てねえだろ?って
試合ほど勝つんだよな。
満身創痍で左足も無くしてかろうじて勝つんでは?
ユーに勝てるなら左足なんて惜しくないってな感じで。

ブロッケンは試合内容以前に勝てそうにないけどな。

ひまつぶし │2015年10月31日 23:24

毎回読んでる人さん、残りのくいも使ったら天秤どこ置くんだろ❔ジャスティスがちょっとタイムとか言って天秤移動するんだろうか❔試合中に天秤倒れたり壊れたりしたらジャスティスどうするんだろ❔ジャスティス判断出来なくなっちゃうんだろうか❔
テキサスツイスター、理論的には体の回転から遅れるようにくいが回転するからこんなふうには……まっいいか。








この情報を登録しますか?

(コメントは管理人の承認を得るまで掲載されません)


キン肉マン サイフォンリング編・記事一覧

キン肉マン 過去ログ一覧






脱毛ブログのコンテンツへのリンクです。






トップに戻る