第122話 ストロング・ザ・武道の正体!の巻:キン肉マン サイフォンリング編

第122話 ストロング・ザ・武道の正体!の巻


  • プロフィール


    詳しいプロフは写真をクリック☆








☆ めたもるゆきにゃー ☆


第122話 ストロング・ザ・武道の正体!の巻

超今更で、これ見てる時は、もうみんな次の話を読んでそうですが、なんとか復活できそうです。
自分の過去をぜんぶ広げて、1つ1つ整理していたので、へとへどです><
とりあえず、それもほぼ終わって、普通に記事を書けるくらいになってきました。



あらすじ

国立競技場に悪魔将軍があらわれた事実は、テレビで映しだされて騒然。
中野さんは、女房を質に入れてでも見に行かねば、とダッシュ。
この人、何回女房を質にいれたことになるんだろう(;´Д`)

落ちぶれたものだとお互い言い合う武道と悪魔将軍に「ちょっとまってくれ」と声をかけるキン肉マン。

「どうした?」
「何か用か?」

ヒイイ、これは怖い><
スグルでなくてもちびりそうだ。

「まさかお前が武道と知り合いだったとは」

あれ、魔雲天戦が終わった時、説明してなかったっけ…
スグルはその時はテレビ見てなかったんだっけ?

ともかく、武道が超人閻魔だと明かす悪魔将軍。
ここで完全に武道=超人閻魔ということが明言されました。

しかし、超人閻魔というのも、あとから出来た二つ名。
本来の名前は「完璧・零式 ザ・マン」!
えー、何その名前!?
まさかの「ザ・マン」とは。
こいつが「ザ・マン」という名前ゆえに、オリジンはみんな「○○マン」で、そしてその流れで超人に「○○マン」という名前が多いわけですね。

そして、オリジンたちは超人閻魔なるものは心から認めていないために、みんな「あやつ」と呼んでいると話す将軍。
なるほど、変わってしまった故に「あやつ」と呼んでいるのなら納得ですね。

超人閻魔は、ゴールドマンとシルバーマンに去られたことでプライドを粉々に砕かれたそうな。
しかし、何度でもやり直すと話す超人閻魔の目は完全に狂気に支配されていますね。

ただ、今回の目的は、支配体制をゆるがすほどの潜在能力を持ったキン肉マンを始末することで、そのために自ら動いたそうな。
悪魔将軍が言うには「ザ・マンなら、自分を超える潜在能力を持ったものがあらわれたのであれば、祝福するはず」と返します。
しかし、もはや狂気に走った超人閻魔の目には、かつての面影はなく。

うーむ、これは悲しい図。

もはや迷いないと、自ら超人閻魔と戦うことを決意する将軍。
いきなりの大ボス対決が見られるのか、でもそれじゃ将軍様はここで退場!?
そんなときに、「そうはさせんぞ!」とネメシスキター!

なんだかどんどん混乱してきた感じで、どうなるのかさっぱり。
楽しみな次回に続きます~

感想とか

これは、国立競技場に全員集まる流れですかねぇ?
ネメシスがどうでるかはさっぱりわかりませんけど、ネメシスとしたら、キン肉マンと決着つけたいんじゃないかなぁ…
自分を差し置いて、キン肉族で最も潜在能力をもっていて、超人閻魔をも超えそうな存在なわけだし。

動きのないサイコマン、ガンマン、ジャスティスマンも気になりますね。
ジャスティスマンは、将軍の話を理解しそうな雰囲気なんで、もう一戦くらいしてから、寝返るかもしれませんね。
たぶん、今のあやつには少々失望してるだろうし。

サイコマンは腹黒すぎて、もはや超人閻魔をこっちの方向に走らせた張本人という雰囲気すらありますね。
ガンマンはサイコマンと仲が悪いとはいえ、「殺しにいこうぜー!」だから、超人閻魔の狂気にものっかりそう。

さてさて、どうなることやらー
…と書いている40分後には次回なわけですが><


ブログランキングに登録してみました☆
よければぽちっと応援おねがいなのーヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
にほんブログ村 ファッションブログ 姫系へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ








パッショーネ │2015年03月23日 08:12

いつもキン肉マンのレビューありがとうございます、体調も良くなさそうなのにレビューしてくださるゆきにゃーさんの精神力には感服です。
自分も悪魔将軍と武道と頂上決戦をいきなりやるのかとびっくりしましたが、ネメシスが止めて嬉しいやら悲しいやら。
次週の話はもう見てしまいましたが、また一週休載なので、あせらず次のレビューもしてくださるとうれしいです。









この情報を登録しますか?

(コメントは管理人の承認を得るまで掲載されません)


キン肉マン サイフォンリング編・記事一覧

キン肉マン 過去ログ一覧






脱毛ブログのコンテンツへのリンクです。





レンタルゆきにゃん受付中☆お会いして色々やりますよ~

ゆきにゃん写真集販売中です☆

PAGE TOP




トップに戻る