第124話 出現!サイフォンリング!!の巻

久々に週初めに書けました。
今週のキン肉マンです~

なお、今回からカテゴリを「サイフォンリング編」にしました。
「始祖編第2ステージ」というにもネメシスがいるし、「超人閻魔編」というにはまだ早いし、今回はカテゴリタイトルつけにくいですねぇ…
あと、一部画像のリンク切れ修正しました。

あらすじ

(画像はヤフーコミックのページにリンクしています)

国立競技場で行われる戦いということで、宇宙超人オリンピック委員会が運営を仕切ることに一同は同意。
リングを用意しようとしたとき、世界樹の中央が開き、4つのリングがあらわれます。

ここは、もともと地上の超人たちが勢力を伸ばしていった拠点で、特訓のためのリングだったそうで。
最初のうちはオリジンたちも干渉しなかったのですが、そのうちに力のあるものが弱いものを虐げる悲劇が繰り返されたそうです。
そこで、オリジンたち全員がこの地で見せしめの粛清を行ったそうで。

ゴールドマンは地獄の断頭台を使ってますね~
この頃から使えたというか、よくも悪くもフェイバリットが変わっていないわけですか。
ガンマンとサイコマンは、嬉しそうだなぁ…
この2人、なんだかんだで気が合うんじゃなかろうか。
ガンマンとか、「殺しに行こうぜー!」とかいってたくらいだし、生き生きしてたんだろうなぁ…
こいつは本当に完璧と認められた超人なんだろうか…

ちなみに、このときの虐殺王がゴールドマンとシルバーマンの2人だったそうです。
ゲーッ、シルバーマンが虐殺王!?
平和の神として君臨しているシルバーマンの過去も気になりますね。

ともかく、力の差は歴然で、地上の超人たちは、以後は愚行を慎むようになったそうな。
これが超人閻魔としての初仕事で、そしてこれからも再び、思い上がった下等超人たちに超人閻魔としての仕事を行おうというわけです。
…うーん、正義と悪魔は自分たちの意志で完璧と不可侵条約結んで、争い事なくそうとしたのに、「思い上がった下等超人」とかいって、勝手に争いふっかけてきて、やっぱりこいつは何がしたいのか。

で、木の根が入口になって、サイコマンが最上階のリングに行きます。
で、委員長たちに仕切らせる代わりに、自分たちが戦っている間にリング外で超人閻魔に手出しをさせないと約束させます。

超人閻魔に手出しはさせないといっても、そもそも当の超人閻魔が一番最初に先陣きってあらわれて戦ってたわけで。
しかも、無量大数軍として同行してたサイコマンは、それ黙認してたわけだし、なんか今更感が。
本来守られるべき総大将が先頭切って突撃とか、聖闘士星矢のアテナみたいだ…

これ、悪魔側は別に同意してないわけだし、約束を反故にして袋叩きも出来なくもないけど、実際にやっちゃったら、それこそ「下等超人」ですよね…
さすがに将軍様がそんなことしたら、散っていった悪魔超人も浮かばれない…

でまぁ、残りの完璧超人たちもそれぞれのリングへ。

見えにくいですけど、上から順に
・サイコマン
・ジャスティスマン
・ネメシス
・ガンマン
みたいですね。

好きな相手を選んでオッケーということで次回。

感想とか

今週は完全につなぎ回ですね~
次週でカードが決まる感じでしょうか?

たぶん、下から順に試合がすすんでいくでしょうから、最初にガンマンが退場ですかね。
ネメシス、ジャスティスマン、サイコマンあたりは、勝てそうにない感が。

好きな相手を選べるとなると、仇討ちになるでしょうから

ジャスティスマンVSサンシャイン
ネメシスVSウォーズマン
ガンマンVSバッファローマン

かなぁ…
もしくは、ネメシスはスグルと対戦して退場かな?

バッファローマンはサイコマンと再戦かもしれませんけど、こんだけ仕切ってて、いろんな裏事情に精通してそうなサイコマンが退場するとは考えにくいし、かといってバッファローマンがサイコマンにやられるという展開もなんだかなぁと。
そもそも、最終決戦は超人閻魔とサイコマンとのタッグだったりするかも?

かといって、このままだとサイコマンが誰と戦うかというと微妙ですね。
ニンジャの無念を晴らすとか行って、ブロッケンとか出てくるかもしれませんけど、絶対勝てないよね…

将軍様はどうするんでしょ?
バッファとサンシャインが「将軍様は閻魔との戦いに全力を尽くして下さい」とかいって、参戦させないようにするかも?

あと、戦闘モードになってほったらかしのシルバーマンはどうなるのかも。
案外、サイコマンと戦うのはシルバーマンかも?
一番上だから、かなり先になるわけですし、その頃にはちょっとマンネリ感を感じて、サプライズが欲しくなるだろうから、シルバーマンが出てきて盛り上げるという展開もありかも。

キン肉マン 過去ログ一覧


キン肉マン 過去ログ一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。