第605回 闘いの心、折れる!!の巻:キン肉マン2世・究極の超人タッグ編

第605回 闘いの心、折れる!!の巻


  • プロフィール


    詳しいプロフは写真をクリック☆








☆ めたもるゆきにゃー ☆


第605回 闘いの心、折れる!!の巻

今週の二世です~



死時計で二人まとめてとどめをさそうとする時間超人。
いつもは両足で一人を串刺しだったのですが、今回は片足ずつで二人を串刺しの体勢です。
「これこそ二人を同時に瞬殺するためのスペシャルバージョンだ~」とかなんとか。
いや、別にそんな説明なくても見ればわかるし…

で、万全を期すためにマウスピースを使ってアクセレレイションで加速。
しかし、サンダーの方がエキゾチック物質が限界。

「すまねぇ兄弟。俺は半分は悪行時間超人だが、半分は正義超人なんだ。
 だから、おまえのように大量のエキゾチック物質は生成できない…」(ボキ

ちなみにこの「ボキ」は心が折れる音みたいです。
なんだこの適当すぎる表現(;´Д`)

ケビン「聞こえたか万太郎」
マンタ「ああ、サンダーの戦いの心が折れる音が聞こえた!」

聞こえるものなのか(;´Д`)

仕方ないのでライトニングだけ加速。
しかしマンタとケビンはうまくサンダーのクラッチから逃れて、死時計はサンダーの胸に誤爆という結果に。

なんとか立ち上がってマンタめがけて突進するサンダーですが、キン肉バスターの体勢に。
そしてケビンも加わってNIKU→LAPの体勢になったところで次回。

感想とか

たしか、富士山噴火させたときは、サンダーもライトニングも同じタイミングでエキゾチック物質切らしてたよね。
ついでにいうと、時間がたてばふたりとも、まったく同じタイミングでエキゾチック物質だせるようになってましたよね。

まぁ、あのときはサンダーがハーフという設定はなかったんだろうけど。
実にいい加減なマンガだなぁ(;´Д`)

もしくは、時間超人が色々歴史を変えてしまった結果、バタフライ効果で、サンダーがハーフになってしまったとか。
本来はサンダーの母親は時間超人で、10年後にカオスに助けられるはずだったけど、カオスが死んでしまったので歴史が変わって、サンダーの母親が変わってしまったと。
あそこで富士山を噴火させなければカオス死亡の展開にならなかったので、サンダーは純粋な時間超人のままだったと。
そっちのほうが皮肉で面白いかもしんない。

このあとの展開は、サンダーはライトニングに殺されるとか、そんなんですかねぇ?
なんらかの形で吸収してライトニングがえらく強くなって、マッスルスパークを上手くツープラトンに改造してトドメとか。

でも、2対1じゃイマイチなんで、ここでケビンもリタイアで、マンタとライトニングの1対1になるってのが、いつものパターンですよねぇ。
そっちのほうが、普通にマッスルスパークを決められるんで自然かしら…


ブログランキングに登録してみました☆
よければぽちっと応援おねがいなのーヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
にほんブログ村 ファッションブログ 姫系へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ








市松と竜 │2011年08月29日 17:47

マンタVSライトニングの最終決戦!!確かにこの展開あり得るかもですね。てかこの方が燃える。しかし段々サンダーのキャラが宇宙タッグトーナメント準決勝の時のサンシャインとカブってきたような…。まあでもライトニングの方はあの頃のアシュラマンみたく泣いたりはしないだろうな。

ほしの │2011年08月29日 20:27

小道具を使うところも兄弟分というパートナーシップも
五大厄そのものがはぐれ悪魔コンビみたいですよね、
それを持ち上げてラストに据えるあたり旧タッグ編と比べて
見劣りするのも必然なのですが。

結局、サンダーの敗因が正義の血のせいになるのは皮肉に思えます。
さすがに「母親が悪行を止めてくれた」なんて美談にはならないだろうなあ。

2011年08月30日 01:32

正義超人の血?それも、ここにきて無理矢理とって付けたような・・・

初代でも、武道がネプキンだったとか、クロスボンバーの威力の秘密は磁力だとか不自然さ全開だったのですが、それでも面白いと感じたのはテンポが良かったからなんですよね。

しかし、ここまでの長編にしておいて、最後の最後で後付けバリバリではねえ・・・勝ちたい超人を勝たせる為とはいえ、目に余る補正ですね。

頼むから、もう一度最初からやり直してくれと思っている読者もいるはず。

連載期間の割に中身がスカスカ過ぎる。ゆでは長編には向いてないという事が、今回の究極タッグでよくわかりましたね。

でも、懲りずに次シリーズも長編にするんだろうなあ。まあ、次があればの話ですケド。

2011年08月30日 18:14

で、結局、間隙の救世主は誰なんでしょうか?

わたなべ │2011年08月31日 12:11

 サンダー「すまねぇ、オレ実は半分正義超人で…」
 …今更そんな事言われても、サンダーには感情移入できないのが当然なわけで。エキゾチック物質のくだりも矛盾あるし。
 NIKU→RAPは、ツープラトンとしてカッコ良い技ですが、マッスル・エボルシオンと比べた場合、若干見劣りするような…。
 この後、万太郎VSライトニングになるのでしょうが、その前にライトニングがサンダーにとどめを刺すものと予想します。

2011年09月03日 11:35

試合後に改心したサンダーが、間隙の救世主になったりして。

ゆき │2011年09月04日 18:20

☆市松と竜さん
ただ、タッグシリーズなのに、最後がタイマン勝負なのも微妙なのが難点。
ライトニングはナッパを殺したベジータみたいな雰囲気になりそうな。
ああでも、こんだけ苦戦してるのにパートナー始末して勝てるのかという。

☆ほしのさん
たしかに、はぐれ悪魔コンビみたいかも。
問題は、彼らより人気が圧倒的に劣っていることですが…
アシュラマンもサンシャインも、外見から来るわかりやすさがありましたしね。

☆ななしさん
個人的には初代もマグネットパワーのあたりはしっくり来ませんでしたけどね…
特にアイアンスエット(;´Д`)
最初からやりなおしても、結果は同じ所に収束するのでもういいです(笑

☆ななしさん
復活カオスかなぁ…

☆わたなべさん
ニクラップは、一人に二人がかりでかける技ですしねぇ。
上がタワーブリッジで下がキン肉ドライバーってのもありですけども。
それよりは上がバスターで下がビッグベンエッジか…

☆ななしさん
今の展開だとやりかねませんね、それ。









この情報を登録しますか?

(コメントは管理人の承認を得るまで掲載されません)


キン肉マン2世・究極の超人タッグ編・記事一覧

キン肉マン 過去ログ一覧






脱毛ブログのコンテンツへのリンクです。





レンタルゆきにゃん受付中☆お会いして色々やりますよ~

ゆきにゃん写真集販売中です☆

PAGE TOP




トップに戻る