第566回 ラーメンマンさん、話長いよ!の巻:キン肉マン2世・究極の超人タッグ編

第566回 ラーメンマンさん、話長いよ!の巻


  • プロフィール


    詳しいプロフは写真をクリック☆








☆ めたもるゆきにゃー ☆


第566回 ラーメンマンさん、話長いよ!の巻

遅れましたが今週の二世ですー



☆あらすじ

カオスの死を通じてみんなの結束が固まったから、カオスの死は無駄ではないだのなんだの。
いや常識的に考えてマンタ一人だと、どう転んでも勝てないわけだから、結果的には無駄のような。

ラーメンマンの霊が出てきて長々とお話して、弁髪をカオスから回収していきました。
結局なんだったんだ、あれ(;´Д`)
それにしても、ラーメンマンの話が無駄に長すぎ…
こんなのでページとらないで頂きたく。
回想シーンばっかり使って時間を稼ぐアニメみたいだ…

で、マンタたちは異常な暑さをのりこえて奈良に到着。
でも、池は干上がってました。
富士山噴火の影響らしい。

と、そこでフード男のなげた槍に手紙らしきものがあるのに気付いて、読んでみます。
いや、最初に読めよ、それ。
なんか大阪にいくことになりました、おわり。

☆感想とか

相変わらずないようがないよう!
いや、今週の話、まるまるなくていいでしょ…

発売日がいつかわからなかったんで、無理にコンビニまでいかなかったんで、プレイボーイを読んだのが今日だったんですけど、本当にそんないい加減な付き合い方で十分な内容だったのが、なんだかなぁと(;´Д`)


ブログランキングに登録してみました☆
よければぽちっと応援おねがいなのーヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
にほんブログ村 ファッションブログ 姫系へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ








はお │2010年10月14日 02:21

ラーメンマン。
なんなんだろう。
復活して活躍してくれる伏線なのか?
単なるハッピーエンド後、生き返るよって伏線なのか?
もうね、レジェンドがグチャグチャだから、どうにか誰かスゲーって期待に応えないか。
ウォーズに頭に穴開けられて、ネプにマスクはがされたりの、ラーメンマンが実は強くて、時間を粉々にしてしまうストーリーでも、楽しいくらいだ。
犠牲が余りにも多く、ネプの惨めすぎる姿に悲壮感を感じないのは、過去のラーメンが、ウォーズが、ロビンが、あんな風にやられて、相手を上げるのがわかりシケシケだから。
新しい者が強い、そしてそれをキン肉一族が倒す。
もうね、飽きた。通用しない。
ネプも落ちただけ。可哀想じゃない、くやしくない、ただ弱いな〜だもん。
だから、ラーメンマンが霊のままマンタと組んで、スゲーキャメルで、時間2人をちぎって終わりで、今までの力関係がわけわからなくなっても、その方が楽しい。
レジェンド落としすぎだから。
もう、凄さがわからん。

パッショーネ │2010年10月14日 11:55

あいかわらず、29巻いくための話数稼ぎやってますね。

カオスはコンプリートパルプで復活すると思ってたんですが、
ラーメンマンの口ぶりでは、別の救世主が現れそうですね。
引退したとは言っても、ロビンやテリーも地球にいるのに・・

知ってる超人では未来に帰る途中で、危機を感じたネプチューンマンが途中下車して、悪行超人と相討ちになるぐらいしか思いつかない・・・

わたなべ │2010年10月15日 12:44

 今週は、例え読み飛ばしたとしても、次週以降に「全く支障がない内容」でしたね…。
 「奈良じゃなかった、大阪だった。よし!大阪だー!」ってアホすぎ……っつーか、先週の時点で槍のメモに気づけよ!!
 ラーメンマンも、やたらしつこい。「おさらい」のように、今までの経緯を振り返る…振り返る……。まあ、ラーメンマンが悪いというか、作者が悪いのですが…。
 カオスが死んでも「犬死にではないけど、問題ないよ」的な発言はしないでほしいですよー…。中途半端な言い方だし、その上「カオスは最初からいなくても良かった。」って言ってるようなもんでしょーよ。
 それと、必ず新しい救世主が現れるとか言ってたけど、絶対根拠ないでしょ。

Hao │2010年10月15日 12:54

ケビンが残って救世主になるのかなあ。

2010年10月23日 22:49

ネプが救世主でしょうねぇ…
救世主は金髪であると描写されてるようですし









この情報を登録しますか?

(コメントは管理人の承認を得るまで掲載されません)


キン肉マン2世・究極の超人タッグ編・記事一覧

キン肉マン 過去ログ一覧






脱毛ブログのコンテンツへのリンクです。





レンタルゆきにゃん受付中☆お会いして色々やりますよ~

ゆきにゃん写真集販売中です☆

PAGE TOP




トップに戻る