第602話 親子の“共時性”!!:キン肉マン2世・究極の超人タッグ編

第602話 親子の“共時性”!!


  • プロフィール


    詳しいプロフは写真をクリック☆








☆ めたもるゆきにゃー ☆


第602話 親子の“共時性”!!

遅れましたが、今週の二世です~

どうでもいいですけど、このレビュー書いてる途中で、急に「貼り付け」ができなくなりました…
めちゃくちゃ不便です…
今から治すために色々やってみますorz

[追記] スタートメニュー→アクセサリ→システム→システムの復元

これで以前のシステムに復元することが出来て、なおすことができました~



ケビンのユニコーンヘッドでライトニングがボロ雑巾のように吹っ飛んで行きました。
ロビンいわく「こうなることがなんとなく想像ついた、わたしでもああしてる」とか。

なんかライトニングは一撃でボロボロになって、やっぱどんどん柔らかくなってるような。

しかし、結局、ユニコーンヘッドが強い原理はさっぱりわからないというか、こんな強いんだったら、最初からマスクに角つけとけばいいんじゃないかと思うんですけども。
別にアノアロの杖じゃなくて、その辺の槍でもいいわけだしなぁ(;´Д`)

ここでロビンが「親でしか分からない勘ってやつか…」といったことで、サンダーが親という言葉に反応して回想シーン。

ばあちゃん「かわいそうなサンダー、いまこそ教えてあげましょう、あなたの出生の秘密を~~」

サンダーのばあちゃんいわく。
平和な正義超人の星に、悪行時間超人が時空を超えてあらわれて、暴虐の限りを尽くした挙句「ルレレレレ~~ッ」とかいって、サンダーのお母さんを無理やりさらっていったとか。
結局、サンダーの父親にあたる悪行時間超人は半年後に超人警察に殺されたらしいのです。

平たく言うと、いきなり星に悪いやつが攻めてきて、そいつに強姦されて出来た子がサンダーと。
あんまりな話。

サンダー「ボクはそんな汚らわしいやつの血を受け継いで生まれてきたの~~?
 この角がいけないんだ、ママ、もう見せないから帰って来て~~」

そういって泣きながら家を飛び出していくサンダーでした。

今こそ話しましょうって、子供が受け止められる内容じゃないよコレ(;´Д`)
大人でもなかなか受け止められないレベルの話なわけだし…
これはサンダー不憫。

この先に考えられるパターンは

1.このまま自分の境遇を嘆いてぐれた
2.親が悪行超人ということで迫害を受けてぐれた
3.悪行の血がまじってるので自然と悪になった

正義超人をやたらと憎んでることを考えると2。
だけど、ゆでのことだから3とかいいだしかねないんですよねぇ…

そーいや、ウォーズマンも顔が醜いからということで迫害されて、そのままぐれたんだっけ…

ともかく、サンダーの回想おわり。

サンダー「何が親だ~、何が子だ~! 親、子、友、絆…そんなものクソ食らえだー!」

なんか友情を糞食らえといったサンシャインみたいなかんじで暴れだします。

サンダー「兄弟!」
ライトニング「わかってる!勝つのは俺たちだー!」

親子友絆はだめで、兄弟はいいんかい。
お前ら二人はどう見ても絆で結ばれてるような…

えーと、ともかくマンタとケビン二人を投げて上空で脚をもって、あ二人の頭をかち合わせするツープラトン。

さすがに完全ダウンのマンタとケビン。

「終わりだー!時間は正義も友情も凌駕したー!」

マンタ「まだまだ~!僕達は…戦いを諦めない…」

異常なゾンビ属性にさすがに汗だらだらの時間超人で終わり。
そりゃ、時間超人目線でみたら、こんだけやっても立ち上がってこられたら、さすがに心おれそう(;´Д`)
しつこすぎる。

そんなわけで次回につづきますー


ブログランキングに登録してみました☆
よければぽちっと応援おねがいなのーヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
にほんブログ村 ファッションブログ 姫系へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ








HI │2011年08月03日 00:07

サンダーが可哀想になってきた・・・、何故だろう以前までただのしぶとい奴にしか思えなかったのに・・・ライトニングとの出会いが気になってきます。

2011年08月03日 04:10

不快な戦い方で散々読者をイライラさせた時間超人への同情(?)を誘う描写というのは、一番やって欲しくなかった展開ですね。

時間超人が動揺しての弱体化、そこを逃さず勝利という展開がミエミエですね。これまでの試合でも、ガチというよりは消化不良気味の試合ばかりで純粋な力の勝負は無かったような…

それでも決勝戦は、力と力の勝負でスカッとさせてくれるだろうと思いましたが、やはり“ゆで”だった…

決勝戦では時間超人がチートアイテムを卒業してくれるとか、純粋な肉体能力の勝負になってくれれば…と、開始前には自分勝手な期待をしていましたが、無理だったようですね。

余計なサプライズを入れればいれるほど、純粋にどちらが強いかわかりづらくなる、マンタたちが勝ったのは時間超人がアクセレの使いすぎによる自滅なんて事になったら…

ああ、連載期間は長すぎるのに全然スカッとしない戦いばかりだったなあ…

パンケーキ │2011年08月03日 10:34

読めるだけマシと思いますよ…(-_-;)

市松と竜 │2011年08月03日 10:54

強姦って( ̄□ ̄;)!!Web連載になったといっても流石は青年誌出身ですね。ジャンプに連載してた初代キン肉マンの頃には有り得ない設定です。

ゆき │2011年08月03日 12:40

☆HIさん
さすがにこれはサンダー不憫…
ライトニングのほうはなんかあるんでしょうかねぇ?

☆名無しさん
とはいえ、力と力で勝負ついたことってほとんどなかったような?
リボーンアシュラマンもトラウマついて勝てたわけだし、マンタがケビンに負けたのもセコンドへの信頼の差だったし。
ミッショネルズもチームワークが崩れての自滅に近かったしなぁ…
ゆではこういうのしか書けないのかも。

テンポよければ、それでも楽しめるんですけどね…
このテンポではなぁ…

☆パンケーキさん
たしかに(;´Д`)

☆市松と竜さん
明言はされてないんで、あのあと実は恋愛結婚して、しかもカカァ天下だったという可能性もありますけどねw
とはいえ、シチュエーション的にキン肉マンとしてどうなんだろうという設定で、しっくりこないです。









この情報を登録しますか?

(コメントは管理人の承認を得るまで掲載されません)


キン肉マン2世・究極の超人タッグ編・記事一覧

キン肉マン 過去ログ一覧






脱毛ブログのコンテンツへのリンクです。





レンタルゆきにゃん受付中☆お会いして色々やりますよ~

ゆきにゃん写真集販売中です☆

PAGE TOP




トップに戻る