ちょっと実験的に「自分の身の回りの書けることをなんでもかんでも書いてみよう」ということで、持ってる商品を出来るだけレビューしたりしましたけど、いまいちコンテンツとしての面白みに欠けるなーと。
いちいちジョジョっぽく紹介するとかすればいいかなぁとか思いまいたけど、それもなんか難しく(笑

で、他の人の通販で買ったものをノンジャンルで紹介してるブログを見て、こーいうふうになっちゃうのはなんか違うなぁと感じましたし。
まぁ、写真を載せたりキン肉マンの感想書いたりしてるから、通販ブログになることはないんですけども、通販比率が高まるとそういうふうになってしまうなぁと。

まぁ、便利なものを紹介するのはそれでいいし、ダイエット食品記事とかもあとから女装講座にでもまとめたらいいかなーとも思っているのですけども、なーんか面白みに欠けるなぁと。

で、ふとしたことから「女性から男性になりたい人」のブログを見たんですけど、自分と真逆の感性で面白かったんですよね。
「ああ、こんなことかんがえてるのかー」と。

それで思ったのが、わたしのよーな「男性から女性になりたい人」は、そーいう視点とか子供の時の経験とかの話を書いたほうが面白いのかなぁとか。
そういえば、性別的なことで「普通にはない感覚なので話を聞いていてとても面白い」と言われたことがあったりしたなぁとか思い出しまして…
なんかそーいうこと書いたほうが面白いのかなぁとか感じました。

その辺を受けて思ったのが、ネットというものは、変な人が本性さらけだしていたりするほど面白いんだろうなぁということなのです。
その異常性が他人を傷つけるようなのは論外なんだけど、そういう方向じゃなくて趣味嗜好とかそのへんでぶっ飛んだものというか。
当たり障りの無いものは面白みに欠けるんだろうなと。
インターネットは「デタラメ人間の万国ビックリショー」なのかもしれません。

あとはまぁ、既存のお客さんに受けそうなネタはやっぱりキン肉マンとかジョジョとか。
ジョジョはアニメの感想をまったく書けてないし、キン肉マンは突っ込みどころと強引に解釈するネタで多分いくらでも書けるんですよねぇ…
その辺を書いたほうが面白くなるんだろうなぁとか。

美容系に関しては興味のある人も多いし、書いていったらいいかなーとかは思ったり。

なんか色々方向性であれこれ考えているのでした。
まぁ、実験的にいろいろやってみますー

2 Comments on ブログ記事の方向性とかでいろいろ考えてみる

  1. でもゆきにゃんさんって乙女ゲームとかは全然
    興味ないんですよね?
    むしろギャルゲのがお詳しい?

  2. ☆口内炎さん
    乙女ゲーもギャルゲーもいわゆる「読むタイプ」のゲームが主なんで、どっちもあんまり好きじゃなかったり。
    乙女ゲーは試しに一度やってみようかなーと思いつつ、ずっとやってないかんじなんですけどね。
    ギャルゲーは、そもそも「かわいい女の子キャラ萌えもの」がさほど好きでないことに最近やっと気づきましたw
    忙しくキャラを動かしたりボタンを動かしたりするゲームとか、経営的なSLGが好きなんですよね。
    それでかわいい絵柄だとさらに好き、というとこでしょうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です