第107話 ザ・ニンジャと血盟軍魂!! の巻

遅くなりましたが、今週のキン肉マンです~
どうせ来週救済だし、目は見えにくいしということで、のんびりしてました(笑

あらすじ

(画像はヤフーコミックのページにリンクしています)

ニンジャは必殺の手裏剣キック「彎月手裏剣刺し」でカラスマンを突き刺そうとしますが、ことごとく仮面でガードされます。
なんか、かたや手裏剣で突き刺そうとしてて、かたや仮面でガードしてと、やってることがいまいちせこい感じがしますね…

で、カラスマンのクロウピークがニンジャの左胸をつらぬきます。
しかし、ニンジャはわざとこれを食らって、カラスマンの動きを封じようという作戦でした。
そんなわけで、わずかに急所をはずれていたのです。


でも、貫いてるのが左胸じゃなくて真ん中だし、そもそも心臓が右胸にあるんですけど…
急所をはずすもなにも、最初から心臓が右胸にあるなら、そのまま食らっとけばいいやん。
おまえはサウザーか、と。

どうせなら「心移転の術」とかいって、心臓を自分の意志で動かした、とかの方が忍者らしくてよかったかなーと思ったり。

それにしても、超人心臓ってなんなんでしょうね。
心臓つらぬかれても、超人心臓に切り替えればいいのでは。
プラネットマンはスグル戦で心臓つらぬかれたけど生きていたわけですが、あれは超人心臓に切り替えたのか、そもそもプラネットマンの心臓が別の位置にあったのか…

超人心臓といえば、フェニックスは心臓病だったけど、超人心臓に切り替えれば大丈夫だったのでは…
病気の場合はそうもいかないんですかねぇ・・

そもそも超人心臓というものが本当に存在するのかどうか自体が謎ですよね。
サンシャインに「おれ、そんなの持ってねぇよ」と動揺させるために、スグルたちがはったりかましただけなのかもしれません。

…なんか心臓の話しだしたら、えらく話がそれてしまいました。

ともかく、カラスマンの動きを止めて手裏剣を突き刺すことに成功したニンジャ。
その無茶な戦いっぷりから、ニンジャは最初から生き残るつもりはないと見抜くスグル。

そして、ブロッケンはニンジャの目をみて、アタルと同じ目をしているのに気づきます。
超人って、ほんとに目に対する考察力すごいですよねぇ。
人間以上に目と目でコミュニケーションする存在なのかもしれません。

ともかく、ブロッケンはニンジャを見て、アタルのいった「自分の意志を相手にペラペラ伝えることだけが友情の行為ではない」という言葉通りの生き様をつらぬいていると確信します。
ニンジャはただの悪魔超人じゃないというブロッケン、そしてブロッケンがいうならそうなんだろうと信じてくれる正義超人の仲間たち。

「ありがおう超人血盟軍、正義超人軍!
みんな最高の仲間達ばかりだで!チキショウ!」


チキショウといいながら泣きながら感動するブロッケンの暑苦しさがいいですねー

場面は試合に戻って。
カラスマンもまたニンジャの攻撃に対し、ぎりぎり急所を外していました。
そしてカラスマンの反撃。。
この様子をみたブロッケンは、近くにある意志を見て何かをしようとします。

さて、カラスマンの方はというと、リングを加えて円すい形に引き上げていきます。
ちなみに実はこのリングは石で出来ていたらしい。
石に噛み付いてこんなふうにひきあげるとか、もう意味がわからない。
金属ならものすごい熱と力でこんなふうにできなくもなさそうだけど、石ってこんなふうになったりするのかなぁ…
そもそも、こんな描写をしたいのに、なんでいきなり石のリングという設定にしたのかわけがわからない。
まぁ、ジャンククラッシュで池の水が干上がる世界観だしなぁ(;´Д`)

ともかく、ニンジャを円柱につきさし、くちばしで胸をつらぬく「鴉の早贄刺し」が炸裂します。

「ここまでか」と意識が遠のくニンジャ。
そんなニンジャの目にうつったのは…


「超人血盟軍・Lの陣形!!」

Lの陣形がどーのというより、なんでお前らそんなににこやかなんだと突っ込まずにいられない。
ニンジャ死にかけてるんだし、目を覚まさなかったらどーすんねん、と。

ともかく「最後まで望みを捨てずに戦え」という、役に立つんだか、立たないんだかわからないアドバイスがこもったLの陣形で、ニンジャ逆転なるか、というところで次回に続きます~

感想とか

とりあえず、流れ的には最低でも引き分け以上ですかねぇ。
ニンジャが生き残るかどうかですけど「自分の命を捨てて道連れにしようとしている」という話が出たことで、逆に生き残りそうな気もする。

勝つとしてもフィニシュ技がどうなるかですね。
まぁ落下系の新技で華麗に勝利してみせるのかなーと思いますが。

気になるのは次のアシュラマンも超人血盟軍だということなんですよね。
ニンジャは血盟軍がらみの話が似合うんですけど、アシュラマンにもおブロッケンやニンジャがこんなふうに応援する流れはくどいですよね。
どうするんでしょうねぇ。

キン肉マン 過去ログ一覧


キン肉マン 過去ログ一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。