第106話 悪魔騎士のプライド!! の巻

今週のキン肉マンですが、現在わたしは視力の矯正訓練中で、PCを使うのが大変つらい状況ですので、さらっといきます。
裸眼視力0.1無い状態で、視力回復するべく裸眼で生活してて、0.15~0.2くらいにはなったと思うんですけど、PCで文章書くのはキツイのです><
ましてや、きっちりした記事となると負担が大きすぎまして…
裸眼になれたせいで、今まで使ってたメガネやハードレンズのコンタクトが気持ち悪くなったんで、ゆるめの1DAYのソフトレンズを購入しましたけど、届くまで不便きわまりないです><
とかまぁ、こーいう感じの駄文なら書けるんですけどね…

あらすじ

(画像はヤフーコミックのページにリンクしています)

カラスマンの必殺技が炸裂。
ニンジャの心臓をとらえたかと思いきや、鎖帷子に守られて致命傷にはならず。
なんかカラスマンの技の殺傷能力が低いだけのように見えちゃう…

そんなときにブロッケンたち到着。
血盟軍のよしみもあるし、応援にきたといいますが、ニンジャに「なれあうのもいいかげんにしろ」と言われてしまいます。

今は将軍の指揮のもとで悪魔騎士として覚悟を決めて戦っているわけで。
正義超人とはまったく違うスタンスで戦っているわけです。

その証拠にこんなことができるかーと煙玉を投げて、暗闇の中でカラスマンを奇襲。
こんなことができるかーといいつつ、ミスターカーメン戦でモンゴルマンが似たようなことやってたよね…

まぁともかく、空気手裏剣とか言う謎の技で攻撃。
一応刺さってるんですけど、あとから消えてて傷口もありません。
これ、ダメージあるのかなぁ…

ともかくニンジャの目的はカラスマンの命をとること。
正義超人には決して遂行できない仕事なわけで。
この様子をみて、ブロッケンは「正義超人を巻き込まないためのやつらなりの配慮なんだ」と感動。

嬉しそうなブロッケンの表情がなんかバカっぽくていい味だしてます。
そもそもバッファローマンが「汚れるのはオレたち悪魔だけでいい」といってたんで、気づくの遅い気もする。
今シリーズの悪魔超人はツンデレみたいなもんですね。
勘違いしないでよね、別に正義超人に配慮してあげてるわけじゃないんだからね!

最後は絶対に決まらなさそうなニンジャの手裏剣キックで終了・
また来週です~

目が見えないわたしとしては、こーいうときこそ隔週だったら嬉しかったのですが、前にモニター壊れて修理してるからといってた時に隔週になったばっかりだからなぁ…

感想とか

なんかニンジャの勝敗が読めませんねぇ。
勝ち負け相打ち全部ありえそう。

カラスマンはなんかいまいちぱっとしませんね。
他のオリジンとの関係も見えてこないし、オリジンらしさに欠ける印象。

あと、やっぱり目が見えなくてつらいです><
たいへん疲れました><
早急に視力アップしたいけど、そんなにすぐには無理そうなので、PC使うときだけ1DAYのコンタクト使う感じですね…
さすがにこのままじゃ何も出来ないし…
視力アップの最大の敵は、アップするまでの間、不自由すぎることですね…

キン肉マン 過去ログ一覧


キン肉マン 過去ログ一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。