dDSC_0078.JPG

服部緑地で撮影したサンタコス写真その2ですー。
ちょっと暗くなっちゃいましたが、いい雰囲気かなと(*´▽`)

最近、また性別のことをいろいろと考えてまして。
厄介な問題が性対象の問題でして…
前に「優しい男性に甘えたいです☆」的なことを書いたのですが、なんとなく「そうだとわかってはいるんだけど、心底から受け入れられてなくて、気持ちをなかなか表にだせない状態」になってるようで、それが地味にストレスになってるようでして…
この原因なのが、気持ちにむらがあることだったんですけど、これはこーいうものと受け入れることにしました。

で、結局自分は何を求めているのかなーと考えると、「男性が女性に向ける愛情が、自分に向かっている状態」というのが一番うれしいみたい。
視覚的には女性のほうが好きなんですけど、総合的に考えると、この状態がダントツに幸福感が高いんです。
もうぶっちぎりの状態(笑
その上で、「自分は物理的には男性だし、好きになっても嫌がられそう」ということで、いろいろとブレーキをかけてるみたいです。
だから、自分から好きにならないんですよね。
「男性が好きか、女性が好きか」といわれると、視覚的に好きという感覚があるのは女性。
でも、最終的に一番いいのは、男性に好きになってもらえて、その男性を自分も好きになること、なんですよね。

こんなかんじでちょっと色々考えてます><
とりあえず、今はこの気持ちをどんどん表に出していくことで、自分の中で受け入れていくことが重要みたい。

というわけで、現段階では「わたしは女性で、異性愛者なので、恋愛対象は男性なんだけど、心の中ですごいブレーキがかかっている」という状態みたい。
たぶんブレーキをかけているせいで苦しいんで、うまいこと外したいものです。
まぁ外したら外したで、それもまた大変そうですが><









6 comments on “サンタコスで野外撮影(2) あと性対象の話”

  1. ぎゃー!かわいいーーー!
    だきしめたくなるっ♡
    自己性についてはめっちゃ理解できますー、
    でもとても理論的に考察されてますね。
    わたしも男の人に女性扱いされるとほにゃほにゃ、てなりますわσ(^_^;)

  2. 愛は惜しみなく奪うものです。
    女性としてのゆきにゃんが異性に愛を求め与えるなら、
    女性として惜しみなく奪われねばなりません。
    それは精神と肉体の両方であり、片方では成就しません。
    性行為においても同様です。男女平等といっても、異なる部分を認め合わねばなりません。
    ゆきにゃんがペコちゃんで相手の男性がポコちゃんなのですね。
    そして奪われることによって、また相手を惜しみなく奪うのです。
    等価交換の原則は、人間の愛においても成立します。

  3. 女装すると、なんか痴漢されても良いかなとか
    ハイヒール履くと、とっさに動けないから
    いきなり後ろから抱きしめられたりして倒されたら
    ひとたまりもないなんて、過激な独りよがり想像しちゃいます
    なんかバイでもないのに・・・・
    でも、超ミニの画像色っぽいよ・なんてコメント
    男性からもらうと,急に萎えちゃうので
    芯はやはり男なんだと思う自分です・・・

  4. ☆みあさん
    かわいいといってもらえてうれしいです♡
    も男の人に女性扱いされると嬉しくてたまらないのは、やっぱり内面が女性だからなんでしょうかねー
    ☆はやてさん
    ありがとです、とってもうれしいです♡
    ☆イチバンさん
    なんだか難しいことを><
    性行為にまつわる話はデリケートすぎるのでちょっと勘弁…
    ☆カンパネラさん
    カンパネラさんは、男性からそういうコメントもらうと萎えちゃうんですね…
    わたしはすごくうれしく感じるんで、やっぱ人によるのかな…
    もっとも私の場合、女性からのコメントも当然のように嬉しいんで、節操なしなんですが(笑

  5. ゆきにゃんさんは、やはり可愛い男の娘と付き合うしかないですねw
    どっちが彼氏か彼女かわからなくなりますがw
    そしてジャンケンで負けた方が性転換したりして(*ノдノ)キャ・・
    私は今からドロワーズ穿いてぬいぐるみと昼寝しますハズカシィ・・(*pωq*) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です