「男か女かどっちが好き?」というよくある質問に上手く答えられない気持ち

babyblack03.jpg

写真は過去の再掲載です~
気持ちを書くような記事は、こんな感じで過去の写真をはりつけてみようかなと。
新しい写真を選別しながら書くのがしんどいので(笑
かといって、文章だけだと殺風景ですからね><

さて、溜め込んでた女心をどんどん吐き出していくのですー
もういっそ開き直って暴露大会(笑

よくある質問で「男か女かどっちが好き?」というのがあるのです。
ここまで記事を読んでる人なら、答えはわかると思うんだけども。
対面してこの質問をされたといに、なかなか素直に答えられないのです。

本当の自分は「男性に愛されたい」という気持ちがいっぱいなんだけど、誰かと話すときは「人とお話するモード」に入ってるわけで。
人と話すときに100%リラックスしてて、何もおさえてない人のほうが珍しいいだろうし。
で、そのときは、いろんな抑圧があって、「男性に愛されたい」という気持ちは徹底的に抑えつけられているのです。
これを出しちゃうのは本当に勇気が必要><

あと、気持ちとしては、男性に関しては「恋愛関係という関係性」というのに最高にときめくわけで、男性が好きかというと、なんか違う感が。
好きという感覚に近いのは女性のような。

そういうのもあるんだけど、質問の意図としては「恋愛対象ってどっち?」「彼氏が欲しいか彼女が欲しいかどっち?」なわけですよね。
「彼氏が欲しいか彼女が欲しいか」なら、「彼氏」と答えられるんです。

…なんだけども。
「男性か女性どっちが好き?」という質問に「男性」というふうに答えていることを想像すると、なんだかものすごくうっとりしちゃって、とっても素敵な気持ちがこみあげてきちゃう。
想像するだけで女心でいっぱいになっちゃう。

それに、女心があふれて男性に愛されたい気持ちがいっぱいの時は、「男の人が好き」という言葉が心のなかに自然と湧き出てきちゃって。
実際に口に出すと、とってもすっきり&幸せな気持ちになるの。
そういうときは何度も言っちゃう。

…というかんじで、もうわかりきってるんだけど、それでも意識としては無いという(笑
どんだけ抑圧してるのやら…

たぶん、「男性を異性と認識してはならない」「恋愛対象と考えてはいけない」という抑圧があるのかも?
「こんな体だし、あたしから好きになったら迷惑がかかっちゃう><」という気持ちがあるのかも…

過去志向で考えると、男性が好きとかありえないんですよね。
無理に作り上げたブリーフシステム(信念、思考パターンみたいなの)と、実態が大きく剥離していたってことなのかなぁ…
人間、心からの本音の部分って変えようがないようで…
過去のブリーフシステム的に「男性が好き」というのはひじょーによろしくないことなので、出来れば避けたいという気持ちがいまだにあるのだけども、「本性はどーにもならないので、自分に責任はないよコレ」という感覚。
そもそも、この過去のブリーフシステムをなんとかしたほうがいいけど、この場合、徹底的に未来志向になったほうが手っ取り早いのかな…
過去のブリーフシステムは無意味というのがわかってるし。

で、「こうなりたい」という未来志向で考えると、「常に女心に満たされたお姫様」という自己イメージなので、男性が好きな方がむしろ自然…と思ったけど、なんかイメージに出てこないや…
今と同様に「好きと言われて、やっと異性としてみる」という状態。
ここんところを書き換えるといいのかな…

自分がどうしたいかというと、楽になりたいのです。
抑えつけてると、それだけでしんどいからね…
でも開放したところで、この体じゃ問題発生するし、楽になるのかどうか…というふうにブレーキが…
つらくなるだけなのかなぁと思っちゃう。
そんなわけで、どうしたらいいのかわかんない><

でも、結局は「解放したい」というか、現在のブリーフシステムでも「抑えつけたままなのは自分らしくない」となるので、どうにかして解放していきたいなって。
未来の開放しているイメージをしてみようかな…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。