cDSC_0113.JPG

このところ、わたしの中の出しにくかったほんとの気持ち、「私の心は女性なんです」という気持ちをブログにどんどん書いているわけですが。
これを書いていて感じる気持ちが「わたしの本当の気持ちをみんなに見てもらえて、すごく嬉しい」だったんです。
こういうことを書くのは、今までは怖かったり不安だったりして、なかなか出来なかったんです。
でも、今では「本当のわたしを見てもらいたい、見てもらえてると思うと胸がいっぱいになる」というかんじなんです。

今までなかなか出せなかった、自分の一番女性らしい部分の気持ちが、思いっきり出せるようになって、解放感がいっぱいで、すごく嬉しいみたいで…
今、こうやって、こういう記事を書けるのが幸せなのです。

それで、今は「心が女性」から「わたしは女性なんだ」へ認識が変わりました。
物質的なものではなく、精神的なもので物事を判断することが出来れば、わたしはわたし自身のことを女性だと、心底から認識出来るようになることに気付いたんです。
そこで認識を変えると、「今の私はもうすでに女性なんだ…」と思えて、それが本当に幸せで。
物理的なことは関係なくて、わたしの中でわたしが女性であれば、それでわたしは女性になれているんだ、すでにわたしは女性なんだ…って。

上手く表現できませんが「私自身の中では、わたしは女性」という風に考えられるようになりました。
それで、これを共有してくれる人がいれば、それはとっても嬉しいなって。
でも、共有してくれない人がいるのも当然で、それは仕方のないことで。
別にどちらの考えを改める必要もなく「その人の中ではわたしは女性ではないけど、わたしの中ではわたしは女性」というか…
そういう風に捉えることが出来るようになりました。

たぶん、わたしがずっと求めていたのは「自分で自分のことを心底から女性だと認識すること」だったと思うのです。
女性らしい気持ちがいっぱいになって、自分が女性だと感じられると、すごく幸せで解放感があって、これが本当のわたしなんだ…と感じたんですよね。
でも、物理的なことにとらわれて「でもほんとは女性じゃない…」みたいに考えてたからつらかったんだろうなと。
それを、まずは「わたしの心は女性」ということを受け止めて、その上で「物質的なものより精神的なものが本質」という見方に変えることで「わたしは女性なんだ」というふうに変えていったかんじです。
今まで、ずっと長いこと男装していたけど、それをやめちゃうことが出来た気持ちです。

この気持ちになれて、それを出せて、今とっても幸せです。
わたしは、女性であることが本当に幸せで…
わたしにとって、これ以上に素敵なことはなくて。
これからは、このブログでも、そんな気持ちをいっぱいだしていって、女性らしい気持ちに溢れた記事もどんどん増やしていきたいなって。
そんなことを思っているのでした。

とりあえず、もうちょい気持ちを整理したらプロフィールを大幅に書き換えようと思いますー









3 comments on “「心が女性」から「わたしは女性なんだ」という気持ちに”

  1. ついにゆきにゃんも女性に!
    おめでとうございます。
    可愛い女の子として抱きしめたいです v(^o^)p

  2. うん、すごくいいね!
    まっすぐ正面を見すえてる写メもすごく
    良いし、強い意志というか気持ちを感じるよ。
    これからもストレートにガンガン気持ちを
    出していってね(^^)

  3. ☆イチバンさん
    ありがとうございますー(*´▽`)
    自分で女性だと思えば、すでに女性なんだというのに気付いて本当に楽になりました☆
    ☆はやてさん
    ありがとです☆
    どんどん気持ちを出していきますね(*´▽`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です