鍼灸で体を緩めることで、
心が無理していた部分も緩まりました

ここ数ヶ月、ずーっと鍼灸に通って、体の緊張をゆるめているのですが、体を緩めると、心の緊張も緩んでくるのですよ。
で、この1週間位で大きな変化があったのです。

どーも、今まで、無理やり男でいようとしながら、女になろうとしてたようなんですよ。
子供の時から、「男でいなければいけない、女でいてはならない」という強迫観念がものすごくて。
それが、全身に緊張をもたらしていたんですね。

でも、自分の一番奥の魂とも言える部分が、本来の姿の女性でありたいと強く願っていたわけです。
で、少しずつその方向にすすんだわけですが、「男でいなければいけない」という緊張の解き方がわからなかったのですよ。
あまりにも強烈過ぎて、自分で解けなかったのです。

結果的に、「無理やり男のふりをしながら、女になろうとする」という、わけのわからない状況になっていたようで(;´Д`)

で、何ヶ月も鍼灸に通って、その部分を緩めることが出来たみたいなのですよ。
そうすると、「無理して男でいるのをやめてもいいんだ」という気持ちになったのです。
「女になる」というより「男をやめる」という感覚なんだなぁ、と。

で、おもりを外して楽になったのはいいんですけど、今までとの感覚の剥離がすごくて、混乱中なのですよ。

なんか無理やり男でいるために鎧を着てた感じなんですよね。
で、鎧を脱いだ結果、身軽になったのはいいけど、感覚が変わってしまったようで。


幼稚園の頃から、「女でいてはいけない」というのがありました

ふりかえると、5歳のとき、幼稚園の年少組の帽子がピンクだったんですけど、「ピンクは女の色だから絶対かぶらない!」とかいって、断固拒否して親や先生を困らせてたんですよ。
この時点ですでに「女でいてはいけない」というブリーフシステムが強烈に仕上がっていたのでしょう。

そんなわけで、5歳のときからのものを取り払ったので、よくわからないことになってるわけです(;´Д`)

女性目線でものごとを考えると安心するし、
男性向けのものがなんとなく苦手に…

とりあえず心境の変化として

☆男性向けのエロいのが、なんとなく嫌悪感を感じるように

なんかまとめサイトとかで、たまに出てくる男性向けのエロ広告がすごい嫌になりました。
まぁ、そもそも品の良いものではないんで、好きではなかったけど、なんか男性目線のこーいうのが苦手に。


☆女性向けのサイトや雑誌を見てると心理的に落ち着く感が

どーも全般的に男性目線のがあわなくなってしまって、女性向けのものを見たくなるというか。
女性目線でものを考えていいと感じると安心感があるのです。

というかんじなのです。

とりあえず、慣れて安定させる必要がありそうです><


目の緊張が緩められたので、緑内障も治るかも

まぁそんなわけで、緊張を外すことによって、感覚の変化ができて少々混乱しています。
そこまでして取り外すべきだったのかというと、はずさないと、緑内障で右目を失明してたかもしれません。

明らかに顔の筋肉がゆるんで、目の開け方が変わっていってるんですよ。
おそらく、無理やり男でいようとして、筋肉を常時緊張させていたせいで、体の一番弱い部分にしわ寄せが来て、目を患うことになったのでしょう。
それをゆるめたので、たぶん治るはず…

これは、絶対に西洋医学では治りそうにないですね(;´Д`)

性同一性障害でも、「無理やり男でいようとして自分を完全に押し殺す」というパターンもあれば、「自分は女なのに、男でいることになって苦しい」というパターンもあるのでしょう。

たぶん、前者の状態が長すぎると、「男のふりをしたまま女になろうとする」ということになるのかもしれません。
後者だと、男でいるのをやめるのが速くて楽なのかもしれませんね。

別に性同一性障害に限らず、人は社会生活を営む上で、いろいろと自分を押し殺すことが多いですよね。
でも、あんまりやりすぎると、病気になって大変なことになりますよ、ということですね><

この辺の経験を含めて、コーチング講座の続きを書いていこうと思います~









5 comments on “鍼灸で体を緩めることで心の枷を外して、心境の変化が出てきた話”

  1. 僕も訳あって現在心のケアをしてるのですが、上手く言えないのですが周囲が肯定したり理解があると嬉しいですよね。
    ただ文章にある様に考えすぎるとうつ病になってしまうのでそういう時は趣味でも何でも良いのでストレスを発散出来る場所があると嬉しいです。

  2. おはようございます。淺岡です。
    ゆきにゃんさん、緑内障なんですね。
    伝えたいことがあります。でも、余計なお世話だし、もし気分を害されたらごめんなさいね。
    実は、私は岡崎市に住んでいたことがあって、名鉄岡崎駅から徒歩1分のところに、漢方薬屋があるんです。そこのご主人は、Oリングテストをしながら、薬を調合してくれる方で、難病奇病の人たちが、そのご主人のおかげで治ったそうです(でも、私の場合は治りませんでしたが)
    ゆきにゃんさんは、東洋医学にご興味があるようなので、漢方薬も試されたらどうでしょうか? 
    迷惑でしたらごめんなさいね。
    ではでは~

  3. ☆おまけさん
    おまけさんも心のケア中なのですねー
    お大事になのです~
    わたしの場合は、肯定してくれる人だけがいるような環境を作れたんですけど、それが出来ないと苦しいですよね><
    ☆淺岡さん
    性別の悩みをこじらせた結果、緑内障になったようでして><
    なるほど、漢方ですか~
    ちょっと気になりますね。
    岡崎に行くことがあれば、行ってみようと思います~
    もしくは、大阪で調べてみても良さそうですね。

  4. 初めまして。
    チラチラ読ませて頂きました。
    あなたのような女性の方が、むしろ体が女性なだけの人間よりも、精神的な繋がりが深く、良い仲になれる、という風に期待する男性は、少なくないと思います。
    良いパートナーが見つかるといいですね。
    キン肉マンの記事のほうも、楽しみにしています。

  5. ☆パンプキンさん
    ありがとうございますー
    そんな風に思ってくれる良いパートナーが現れたらうれしいです♡
    キン肉マンの方も楽しみにしていただいてうれしいですよー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です