第54話 “完幻”の闘牛士!! の巻:キン肉マン 完璧無量大数軍編 第2ステージ

第54話 “完幻”の闘牛士!! の巻


  • プロフィール


    詳しいプロフは写真をクリック☆








☆ めたもるゆきにゃー ☆


第54話 “完幻”の闘牛士!! の巻

ちょっと更新する余裕がなくて遅れちゃいました。
週刊連載に戻った今週のキン肉マンです~



あらすじ

(画像はヤフーコミックのページにリンクしています)

「おおー、ターボメンよ、あなたがやられてしまうとは~
 困りました、これは私も想定外~」

全然困ってなさそうな顔で話すグリム。
ものすごい力でターボメンの背中をやぶいて、ターボチャージャーを自分の右手に移植…というか、グリムの右手がターボチャージャーに変化。

「どうですか、この素敵な右腕は?」

指がない上にでかくて、ジャンクマンの腕の次くらいにに私生活に困りそうな素敵な右腕ですね。
で、ターボチャージャーを奪ったら用済みとばかりにターボメンを蹴り飛ばします。
仲間に対してのあまりの狼藉にスグルは怒り心頭。

どうやら完璧超人にも誇り高いタイプや仲間に敬意を表するタイプもいれば、グリムのような外道タイプもいるようですね。
なんかこいつは追い詰められたらネプキンみたいな行動とりそうだ…

バッファローマンは「そんなものを移植して何をやろうってんだ?」といいますけど、ターボメンと同じ事やられたらそれだけでめちゃくちゃ厄介というか、今のボロボロのバッファじゃ対処しようのないような。
せっかくバネさんが命がけで厄介な相手を始末したのに、その能力引き継がれたら脅威すぎる…

で、グリムの回答はというと、バッファローマンから普段の1000万パワーだけでなく、火事場のクソ力のように急激にパワーが上がる瞬間があるように感じるとのこと。
なので、ターボチャージャーで超人強度を測定しようとのことだそうです。

ちなみに、ここでターボチャージャーから腕が普通の腕に戻りました。
なにこれ便利すぎる。
もしかして、さんざん謎にされてきたジャンクマンの私生活は、こんなふうに腕が変化するのかもしれません。

さて、バッファローマンはそんなことおかまいなしにハリケーンミキサー。
しかし、グリムが装束を脱ぎ、闘牛士のような構えをして「完幻のスケルトンボディ」という技を使うと、なぜかすりぬけてしまいます。

で、なんかグリムいわく、ハリケーンミキサーをよけられないのは、そのプレッシャーでジタバタして食らってしまうとか何とか。
闘牛士でいえばケープをばたつかせすぎて、牛の突進を食らったのと同じだとか。
…なんかさっぱりわからない理論だ…

とにかく、無理に避けようと体を反応させるのは愚策ということで、恐怖がなければ心穏やかで自然と体も無反応となるとかなんとか。
ちなみに、これを言ってる時のグリムのポーズが非常に気持ち悪くて面白いです。
いろいろネタにされそうなポーズだ…

ちなみに、見ている感じでは、グリムの当たり判定は装束の方にあって、体には判定がないからすりぬけちゃうんじゃないかなーと推測。

ともかく、いらついたバッファ。
肉体と肉体のぶつかりあい、技と技の競り合いが超人の基本じゃねえのかと怒りをぶつけます。
なんかまさに相手の術中にはまってるかんじですが、グリムの方は「やれやれ」といいつつ、バッファのいう戦い方にのってくれました。

で、ハリケーンミキサーをしたんですけど、ツノを掴まれて止められてしまいます。
ターボメンの皮膚をむしった握力は伊達ではなかったのです。
完幻とかいって多彩な術を使いつつ、パワーの方も十分。
これはかなり厄介な相手。

で、胸と肩の間くらいのとこをすごい握力でつかんで放り投げます。

「さあ目覚めなさい、もっと…
 あなたのマックスの超人強度を査定したいのですよ~!」
「フフフ…おもしれえ。そんなやつ殺しちまえと体がうずくぜ~」

邪悪な笑みを浮かべつつ立ち上がるバッファローマン。
次週に続きます。

感想とか

早すぎる決着とはなんだったのか。
まじめに柱の予告を考察したわたしがバカだったのでしょうか(;´Д`)

ともかく、グリムが想像以上に厄介。
パワーチャージャーを移植して、謎のスケルトンボディで相手の技をすりぬけ、さらには普通に戦っても物凄い握力。
そして、超人強度を査定しようという余裕っぷり。
…ちょっと現時点では底が見えないんで、この試合で退場と思えないんですよねぇ…

まぁ、「策士、策に溺れる」ということで、マックスの超人強度に「まさかこれほどとは!?」となって、おまけにスケルトンボディも見破られて終了ということもありそうですけども。

バッファの方も、悪魔超人のエースがこんなところで負けるわけにはいかないですしねぇ…
なんかいまいちどうなるのかさっぱり。

邪悪な笑みを浮かべたバッファローマンは悪魔超人時代の技を使いそうですけど、何使うんでしょうかね?

デビルシャークか、悪魔霊術傷うつしか、パワー吸収か。
それともスピン速度を100倍にした「スペシャル・ハリケーン・ミキサー」でも使うつもりなんでしょうか。
…スペシャルハリケーンミキサー、100倍とかおかしいよね(;´Д`)
最強すぎるでしょコレ…

ええと、ともかく次回が楽しみですー!


ブログランキングに登録してみました☆
よければぽちっと応援おねがいなのーヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
にほんブログ村 ファッションブログ 姫系へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ








黄桜可憐 │2013年03月28日 10:41

バネさん亡くなった後に変な友情(正義化)フラグ立たなくてよかったです。
しばらく、というかこのシリーズは悪魔超人バッファローマン貫いて欲しいかな。外側の肉がオーバーボディみたいに見える。中に真の悪魔版牛ボディがあるのかな

わたなべ │2013年03月28日 12:35

 ほんと、先週の煽りは何だったのでしょうか。
 第2ラウンドは、完璧軍は未だ勝利なし。そして、牛を相手に余裕のグリム。牛の負けでしょうか?せっかく悪魔超人として登場しただけに、首領がいきなり負けることはないと信じております!
 しつこいようですが、まだウォーズマンが迷路から出てきません。ロビン・ネメシスにしても、異様に試合時間が長いですよねー。

イズール │2013年03月28日 12:56

リパーが冷血漢な所がまたいい
完璧軍が熱い男ばかりなので久々に純粋な悪党がいて
癒される

今の所、牛とリパーの勝率は五分五分
牛がどういった悪魔らしい戦法をとるのか気になりますね

リパーも負けたら今までと同様自害するのか
それとも悪党らしく命乞いとか不意打ちとかやらかすのか
気になりますね
まぁリパーにはもうちょっと話を引っ張ってほしい所ですが

2013年03月28日 15:55

しかし、ここで超人強度の補正が行われる事になるとはw
まあ、考えて見れば、ウォーズの1200万パワーからして、簡単に跳ね上がってたもんなあ。
ネプキンの5千万だの、神の1億だの、超人強度は変化しないだの、タッグ直後のインフレ&矛盾設定が、数十年を経て是正される時が来たのかw

うに蔵 │2013年03月28日 16:53

いつも楽しく拝見しています。
先週のアオリですが「ターボマンには超人強度の査定役を
やってもらうつもりだったのに、もうやられてしまった」
という意味ではないでしょうか?
この決着を早すぎると感じているのは作中でリパー独りの
ようですし。代わりに私がやりましょう…という発想が凄い。

この決着も気になりますが、ウォーズマン…アンタ何してんだ

2013年03月28日 21:31

まさか、迷路の途中で襲われていて、元ハワイチャンピオンのジェシー・メイビアが急遽登板…とかw

毎回読んでる人 │2013年03月30日 21:01

迷路といえばキン肉マンじゃないでしょうか?
城のときも賢くといてたしw
まあ迷路徘徊しすぎて力尽きてアウトとかにならないようにでも負けたときにお前に負けたんじゃない迷路に負けたんだとか明言つくらないようにしてほしいかな。

2013年03月30日 22:15

試合時間を比べて見ると…。

【馬車馬ブラック企業・クラス】

ロビン…最初からずっと。5試合分に突入中。恐らく7試合分…。
バッファ…タッグ含めて5試合分に突入。

【働き者クラス】

バネさん…2試合分(BH&ターボメン戦)
ラーメン…2試合分(ブロッケン&マーベラス戦)

【最低限ノルマ・クラス】

ブロッケン…1試合分(対クラッシュ戦)
ブラックホール…1試合分(対蛇口)

【大遅刻・クラス】

ウォーズ(未だ出社もせず…。)

らい │2013年03月31日 16:52

一気に戦いは長期化の様相にw
しかし、既に破れた皮膚の下に新しい皮膚が。
悪魔超人に戻ったことで本来の皮膚が復活しているのかも。
旧作でもオーバーボディでしたしね…

ただ、グリムは油断しすぎてる感じが。
パワーの吸収、放出能力も、超人強度を逆に下げて
高速化する0パワーも…
残念ながら、旧作では肉戦以降は単純なパワーファイターに
なってしまったバッファの、消えた能力の数々が
展開されそうな気がします…









この情報を登録しますか?

(コメントは管理人の承認を得るまで掲載されません)


キン肉マン 完璧無量大数軍編 第2ステージ・記事一覧

キン肉マン 過去ログ一覧






脱毛ブログのコンテンツへのリンクです。





レンタルゆきにゃん受付中☆お会いして色々やりますよ~

ゆきにゃん写真集販売中です☆

PAGE TOP




トップに戻る