[旧古河庭園] 薔薇の名所でロリ服撮影してきました

美しい洋館と薔薇の庭園

東京遠征シリーズ、今回は旧古河庭園です~
薔薇の名所で、洋館と西洋庭園の組み合わせがとっても美しいのですよ。
しかも、階段を降りると日本式庭園があるという不思議な庭園なのです。

今年は薔薇とロリ服で撮影したいなーと思ってたので、ここでたくさん写真を撮ってきました~

旧古河庭園レポート

バラが満開の5月中旬が見頃

春のバラフェスティバル中でした~
ライトアップは15日からで、わたしは11日に行ったので、ライトアップは見られず残念><
まぁ、そのかわりに東京タワーにのぼってきたんですけどねー

ちなみに入園料は150円と、とってもお安いのです。

実はここ、かなり広いんですよ。
洋館があって、西洋庭園があって、その下に日本庭園があるという不思議な作り。
洋風かぶれすること無く、和の精神も持ち続けているのは好感度アップ(笑

西洋庭園

雰囲気抜群の洋館と満開の薔薇で、最高に美しかったです

まずは西洋庭園から。
見事な洋館でテンションアップ。

で、お目当ての洋館&バラ庭園。
もう雰囲気最高で感激しましたヽ(´▽`)ノ

この日は先にこの格好で国会議事堂にいって、写真もほとんど撮れず「ロリ服着た意味ないなぁ」となってたんですが、ココに来て「ロリ服きてきて良かった!」となりました(笑
ここはむしろ、この服のほうがあってますよね。

薔薇もものすごく綺麗に咲いていました~

色とりどりの薔薇が満開で、洋館の雰囲気とあわさって、最高に素敵でした(*´▽`)
今年は薔薇園でロリ服撮影したいなーと思っていたのですが、まさか東京で撮影することになるとは予想外でした。
そして、こんな素敵スポットがあったとは。

ピンクの薔薇がとっても綺麗です~
ぼけーっと薔薇をのんびり見たかったのもあるんですけど、この日は撮影メインでそうも行かず、とりあえず撮るのを優先してました。

美智子皇后陛下にささげたことから名付けられた「プリンセス・ミチコ」という品種。
自分の名前が薔薇の名前として残るって、とっても素敵ですねー

こっちはマダム・サチ。
薔薇は品種名多すぎですね~

この日は異常に天気がよくて、日傘をささずにはいられませんでした。
おかげで、ちょいと顔が暗いです><

ちなみに薔薇の名所として有名らしく、平日にもかかわらず、すごい人が多かったです。
まぁわたしも「なんかいいとこないかなー」と思って、観光サイトで見つけたんで、有名なんでしょうね。
関西人なので、はじめて知りましたが…

薔薇と洋館とロリ服とか、これほどマッチする組み合わせが他にあろうか!
これはまた来年も来たいなーとか思いましたよー

ちなみに日傘をはずすとこんなふうに影ができちゃうのですよ。
写真って難しい…
レフ板とか使えばいいんでしょうね。

下の方に日本庭園がある図。
そして、みんな薔薇にむらがっていて、誰も下の方に行っていない図(笑

ちなみに洋風庭園や洋館はジョサイア・コンドルという人が設計したそうです。
コンドルという名前がインパクト強すぎ(笑

ちなみにこの洋館、申し込みをすれば見学できるんですけど、なんか往復はがきを使うようなことを書いてました。
ハードルたかっ。
帰ってきたハガキがチケットがわりになるんでしょうね。

薔薇と一緒にいろいろ撮影~
さすがに桜に比べるとちょっとむずかしいですね。

こちらは、時間が経って人が少なくなってきた状態。
それでも閉館間際までかなり人がいましたけどね。

夕方になると撮影しやすかったです。
朝イチとかだと人が少なくて良いのかもしれませんね。

お花を撮ろうとすると、良いカメラが欲しいなーと思ってしまいました。
これはiPadで撮った写真なんですよね。
iPadだと、撮った時に大きな画面で確認できるんで便利なんですけど、やっぱ写真の完成度的には良いカメラ使ったほうがいいですよねー

日本庭園

西洋庭園の下には日本庭園があって、
こちらも完成度が高くて楽しめます

で、西洋庭園から下に降りて、こちらは日本庭園。
池があったり、灯籠があったりするんですよ。
なんか一粒で二度美味しい庭園ですね~

大きな池があって良い雰囲気です~

お魚もいてなごみます(*´▽`)

洋館があった庭園と同じ庭園とは思えない日本庭園っぷりです。
紅葉の季節に着ても楽しめそうですね~

おまけに茶室まであります。
洋館があって洋風と思ったら、降りたらおもいっきり和風で茶室まであるという、見事なまでの和洋折衷っぷりが大好きです(笑

洋館喫茶室

洋館の1階は喫茶店になっていて、優雅な雰囲気でお茶できます

洋館の1階は喫茶店になってまして。
ケーキを食べたり、紅茶を飲んだり出来ます~

残念ながら、洋館内は撮影不可だったのですが、めっちゃ雰囲気よかったです。
当たり前なのですが、本物の洋館で、本物のセレブが使っていた場所なわけで。
ものすごい高貴な雰囲気というか、高級ホテルのラウンジを遥かにしのぐレベルでした。
窓から薔薇も綺麗に見えましたし、とっても優雅な気分になれました。
セルフイメージを高めるのに大きな効果ありそうでしたね。

その一因となっているのが、中に人が少なかったことでしょうか。

「満席なので入れません」となっている割に、ガラガラでした。
謎仕様ですが、入れる人数を絞っているのかもしれませんね。
そのせいで、めっちゃ優雅な気分にひたれたのですよ。

わたしは、こういうところでは、ケチってケーキだけ頼んで、飲み物は水で済ますことが結構あるのですよ。
で、最初はそのつもりで入ったんですけど、「この優雅な雰囲気で紅茶を頼まないのは無理!」となりました(笑
というわけで、ローズティーを注文してしまいました。
それでも1200円でこの空間にいられるなら、大いに価値有りと思いましたね~

というわけで、ここの洋館喫茶室はオススメです。
ただ、ケーキはパウンドケーキでしたし、小さめでした。
まぁ雰囲気を楽しむ場所ですね。

旧古河庭園の感想

薔薇と洋館の組み合わせが最高でした
来年もぜひ撮影したいですね

旧古河庭園の感想ですけど、想像以上に素晴らしかったです~
東京はたくさん行きましたが、その中でも一番だったかも。

満開の薔薇と美しい洋館、さらに中に入って優雅なティータイム。
下に降りれば日本庭園まであると、至れり尽くせりでした。
これはぜひライトアップも見てみたいですね。

こんな所があるんだなーとびっくりしました。
それもこれも、主要どころをだいぶ抑えたおかげで、定番スポット以外も行ってみようという方向性になってきたからですねー

来年はまた別の衣装を着て撮影したいなーと。
今度は一眼レフ持っている人に来てもらって、がっつり撮影出来たらいいなーとか思ったのでした。

ちなみに、まだまだ写真を撮ったので、また適当にアップしていきますね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。