ゆるーく最近のマイブームを紹介するコーナー開始

最近のマイブームを楽しく紹介するコーナーをはじめてみますヽ(´▽`)ノ

1記事にするほどでもないけど、近況報告的に「最近、こーいうのにハマってます」というのを書いていったら楽しいし、意外な盛り上がりも出来るんじゃないかなーと☆

今回は

・今年の大河ドラマ「真田丸」
・美術展の図録

です~

真田丸

真田昌幸のキャラが良すぎ!
主役の信繁のニヤケ顔も好きです(笑

とりあえずは、今年の大河ドラマ真田丸。

前評判がすごく高くて、周りでも楽しみにしている人が多かったのですが、期待以上のおもしろさですねー!
さすが三谷幸喜の脚本だけあって笑えるシーンが多くて、肩の力を抜いて楽しめますね。
それでいて、武田勝頼の悲哀も描けていていい感じです。

特に父上の真田昌幸のキャラがお気に入り。

「武田が滅ぶことは決してない!」

(直後に)「武田は滅びるぞ」

このシーンは噴きましたw
間のとり方がうますぎるw

「浅間の山が火でも噴かぬ限り武田は安泰でございます」

直後に噴火

これはひどいww

上杉か北条どっちにつくかくじで決めようとして信之にひかせようとする

「こんな大事なこと、くじで決めていいのか?」

あんたがくじ引きもちかけたんだろうww

とまぁ、いちいち突っ込みどころだらけで面白い。
その上、知略に長けていて貫禄も抜群。

…でも、設定上まだ35歳という(笑
絶対見えない…

あと、信繁役の堺雅人のニヤケ顔も好きです(笑

真田幸村といえば無骨な印象だったんだけど、予想外の配役で、今後どんな感じで演じていくのか楽しみですねー
九度山の幽閉生活でもニヤケ顔なんだろうけど、どうなるんだろう…

正直、真田幸村で50話しようとしても、上田城攻めと大阪の陣くらいしかネタないだろうし、下手したら冬の陣だけで10話くらいやりかねないとか思って「大丈夫かなぁ」と思ってました(笑

美術展の図録

今まで買ってなかったけど、買ってみると思いのほか良かったのです

今年初めに「大英博物館展」という美術展にいって、とても良かったので、はじめて図録を買ったんですよ。
今までは美術展で図録買ったことなかったんですよね。

で、買ってみたら、当たり前だけど博物館にあったものが全部載っているわけで。
博物館をもう1回めぐっている気分になって、めちゃくちゃ楽しかったんですよ。

…むしろ、これないと見たもの忘れるから、必要だと気付きました(;´Д`)

というわけで、過去にいった美術展の図録も手に入れることにしたのです。

こちらはマリー・アントワネット物語展の図録。
2012年7月に行ってきたんですよ。

マリー・アントワネット物語展にいってきました


ベルサイユ宮殿、美しいいいい!

写真撮影可能だったドレスもきっちり載ってるー!
当たり前ですが(笑

写真撮ったものは記録に残るんで、やっぱり良いですねー
図録で説明読めるのはうれしいですヽ(´▽`)ノ

ベルばら作者のイラストもあるぅう!
…なんかベルばらのマリー・アントワネットとだいぶ違うような(笑

ともかく、これは現地で買って、すぐに見返すべきでした><

そんなわけで、過去に行った他の美術展の図録も買い集めようとしているのでした。









2 comments on “最近のマイブーム「真田丸」「美術展の図録」”

  1. こんにちは~~ 真田丸、わたしも見てますよ。 歴史好きですから大河ドラマは大好きなのですが、今回何よりも一番好きでひいきにしている真田信繁が主役という事もあり期待大なのです。  姫役に長澤まさみが出ますが、僕にとっての姫はゆきにゃんです!!
    マリーアントワネット展、このドレス素敵ですね、ゆきにゃんが着たらとっても似合うんでしょうね、きっと♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です