第6話「西海の海賊王」:平清盛 感想

第6話「西海の海賊王」


  • プロフィール


    詳しいプロフは写真をクリック☆








☆ めたもるゆきにゃー ☆


第6話「西海の海賊王」

平清盛 感想】   2012/11/22 10:34

今回のMVPは忠正さんでした

清盛を認めてないけど兄のために救おうとする忠正

平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)人質になった清盛を助けようとするシーン。
「俺は清盛などいないほうがいいと思ってるが、兄上には必要なのだろう?」

忠正おじさんの心意気に惚れた!
清盛とさんざん衝突するけど、それだけ強い絆が芽生える分、保元の乱のドラマが引き立ちますね…

全員で清盛を救おうとするシーンは感動的でした。
「一人で生きているんじゃない」ということを象徴するシーンでしたね。

逆に、清盛の身代わりになって重症を負った平盛康は出番がほとんどなかったせいで、いまいち感情移入できず。
というか、誰?というかんじだったのが残念。



兎丸「俺は海賊王になるんや!」

お前はルフィか(同ツッコミ多数)

兎丸の例のセリフにはツッコミを入れずにはいられない…
たとえ狙ってやっているとしても(;´Д`)
清盛と意気投合しちゃうシーンはよかったですねー

最後の清盛が兎丸を仲間に誘うシーンも良いシーンでした。
ベタだけど感動的。
清盛の独断で、平家一門としてはそれでいいのかいと感じましたが、史実でも海賊を仲間に引き込んだみたいですね。
平家はそういう懐の深さがあったんだなーとびっくりしました。

身分関係なしに出世出来る宋に憧れる高階通憲

平安末期の日本はいかにどん詰まりだったか…

能力があっても身分が低ければダメって絶望的ですね…
政治が悪化するわけだ…
宋は先進的だったんだなぁ…
清盛とふたりで船を漕いで宋船を探すシーンはおもしろかったですー


ブログランキングに登録してみました☆
よければぽちっと応援おねがいなのーヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
にほんブログ村 ファッションブログ 姫系へ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ



~~イベント・告知など~~

☆苦しいあなたの気持ちに寄り添い共感して、未来を切り開くために一緒に考えます

味方が居なくて孤独に陥ってるあなたの気持ちに寄り添って、Skype通話で話しながら、未来を切り開くアイデアを二人で考えていきます☆
わたしがあなたの強い味方になりますので、楽しく話しながら、一緒に現状を改善させる方法を考えていきましょう☆

詳細はこちら
↓↓↓
苦しいあなたの気持ちに寄り添い共感して、未来を切り開くために一緒に考えるサービス、はじめました










ぷるとん │2012年11月22日 20:04

忠正おじさんはいい人です
清盛嫌いでも平家のため、忠盛のためってのが好きです
平氏一門には本当に必要な人です
実際一企業にいそうな人だと思います
あいつは気に喰わないが会社のためって感じで
仲良しクラブや同好会なのではないから
下手な馴れ合い、イガミ合いは下手したら組織破綻ですからね
忠正も平氏だけでなくこの大河盛り上げた俳優の一人です
保元の乱後の処分は本当に観てて辛かった(源氏の為義も)
あんな平家の栄華も忠正さん達のかけがえのない犠牲の上に得たものです

高階通憲(信西)も平治の乱後も生きていたら歴史が変わってたかもしれない
私には平安版龍馬です
清盛もその遺志次いだんですが結局は白河院を彷彿させる存在もののけになって
もう一人それを次ごうとした側近の藤原師光(西光)も清盛に処刑されて
保元の乱後の処分を下したのが高階通憲(信西)なのですが
本当に残念です

最近の大河の回は清盛が白河院を彷彿させるもののけと化してしまい
忠正さん達のこと今一度思い直せ
宗盛もそんな感じで
宗盛は棟梁の器なんかじゃない
重盛のように命がけでも清盛の暴走止めるくらいじゃないと
棟梁なんて務まりません








この情報を登録しますか?

(コメントは管理人の承認を得るまで掲載されません)


平清盛 感想・記事一覧



脱毛ブログのコンテンツへのリンクです。





レンタルゆきにゃん受付中☆お会いして色々やりますよ~

ゆきにゃん写真集販売中です☆

PAGE TOP




トップに戻る