[大阪市立科学館] プラネタリウムを見てきました

宇宙関連の本を読んでて行きたくなりました

最近、宇宙の本を読んでて、私の中で宇宙ブームでして。
星座と神話の本を読んでたら、聖闘士星矢好きなのもあって、テンション上がりまくりで。
蟹座の神話での扱いの悪さと、現実でも暗い星ばっかで全然見えないという、聖闘士星矢本編と同じようなひどい扱いに笑ってしまったり。
同じく惑星の神の神話ものっていたので、セーラームーン好きということで楽しめました。
やっぱセーラーサターンとセーラープルートは能力が逆だよねーとか思ったり。

そんなこんなで、前から欲しいなーと思ってた家庭用プラネタリウムを買っちゃいました。

こっちはまた後日レビューしますが、「どうせならやっぱ大きなプラネタリウムに行きたい!」と思って調べてみたら、大阪市立科学館のプラネタリウムが面白そうなので行ってみました。

プラネタリウムの感想

オーロラの投影がとっても綺麗でした

大阪市立科学館は地下鉄御堂筋線・淀屋橋駅から歩いて10分ちょい。
別の駅からいけばもうちょい近いんですけど、うちからは淀屋橋駅が近かったので、そちらから歩いて行きました。
暖かくなったのはいいけど、紫外線が気になる季節ですね><

せっかくだから科学館近くの桜を撮影(*´▽`)

プラネタリウムでは現在、オーロラと南十字星の投影がありました。
せっかくなので両方見てきました~
さすがにプラネタリウム投影の写真は撮れないので、残念ながら文章だけの感想になります。

プラネタリウムは子供の時に見て「ものすごく綺麗」と感激した記憶があるんですけど、それ以来いってなくて、とってもひさしぶりでした。
最初は大阪の星空を紹介してくれたんですけど、都会の星空は明るくて、あまり星が見えないんですよね。
その後、真っ暗になった星空を見せてもらえました。
とってもキレイで、星座の紹介もしてくれて楽しかったです~
でも、北斗七星の死兆星は見えませんでした><
まぁ死なずにすむということでしょうか(笑
視力良かったら見えるんですかねぇ…

で、オーロラと南十字星なんですけど、オーロラがめちゃくちゃキレイでした。
オーロラの原理も紹介してくれて、わかったようなわからないような…(笑
また、自分たちが宇宙を動いているようなかんじで全天に表示されてる画面が動いたりしたんですけど、なんか本当に動いてると脳が錯覚したらしく、慣性を感じる体感がありました。
視覚だけで体感を感じるんだからすごいですね…

南十字星の方は、南半球の星空を投影ということで、さすがにオーロラほどの感動はなかったですねー
あと、実はわたしは子供の時にオーストラリアに旅行して南十字星を見たことがあったり。
「見た」という記憶がほとんどで、どんなだったかあんまり覚えてないんですけどね…

とりあえず、オーロラがすごくキレイだったので、もう一度行きたいとおもいましたー
でも、4月6日までなんですよねぇ…
行くなら明日か明後日…ちょっと迷う…

科学館のその他の展示

展示には入ってないけど、入り口に面白いものが色々

科学館の展示と、プラネタリウムは別料金でして。
プラネタリウムだけ見たければ600円ですんで、展示を見るのは400円でした。
残念ながら時間的に科学館の展示は見なかったんですけど、入り口には「ガラスを通してみると、窓ガラスに絵が見える偏光ガラス」とか「ルービックキューブを揃えるロボット・キューブくん」とかがあって、面白かったです~

この偏光ガラスを通してみると、窓ガラスに描かれている星座の絵が見えるのです。
係員の人が原理を説明してくれました。

キューブくん。
解説音声があったり、機械特有の棒読みでキューブくんが喋ってくれたり。
キューブを見て判断して、器用に動かして、最短の手で揃えてくれるのはすごかったです~

今度また展示や科学ショーのほうも見に行きたいですねヽ(´▽`)ノ
行ったらまたレポートしようと思います~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。