[北野異人館街 萌黄の館] 萌黄色が綺麗な洋館でロリィタロケ

萌黄色がとっても素敵な洋館

  • 最初にまとめると…
  • 神戸にある萌黄色がとっても綺麗な洋館
  • ロリィタ服との組み合わせは最高
  • でも、椅子に座ったりとか机を使ったり出来ないので、ちょっと撮影が単調に
  • 修学旅行生は10分くらいで出て行っちゃいましたが、私は1時間くらいいました

萌黄の館レポート

日々の写真更新でも紹介してますが、今回は神戸の異人館の1つ、萌黄の館にいってきましたレポートですー
萌黄色がとっても素敵な洋館なのですよ(*´▽`)

入り口の解説。
「旧シャープ亭」っていうから、家電メーカーのシャープを連想しましたが、ぜんぜん違ったようです。
アメリカ総領事のハンター・シャープさんの住宅なんだとか。

調べてみると、コロニアル様式の2階建て建築で、装飾がバロック様式なんだとか。
…そういわれても、ちんぷんかんぷんだ…
観光して回るにも教養が必要ですねぇ><

ちなみにここに来る前に、トリックアート迷宮感に行こうとしたんですけど、修学旅行生だらけで、入るのに並んで待つ必要がありました><

以前、トリックアート迷宮館の入り口で撮った写真。
この時は時間が遅くて入れなかったんですけど、早く行っても順番待ちで入れないとは予想外><
暑かったし、諦めてスルーしました。

で、萌黄の館に入って、撮影準備開始の図。
ロリ服に似つかわしくないスリッパ(笑

なお、こうして準備をしている間に修学旅行生5人くらいのグループが入ってきました。
そして、わたしが準備を終えるよりも前に、彼らは見学し終えて帰って行きました…・

5分くらいしか経ってないんだけどなぁ(;´Д`)
さくっと見る人はそれくらいで終わっちゃうみたいですね。

なお、わたしは1時間くらいはいました(笑

で、洋館の中です~
お部屋の方はこんなかんじです。
とっても素敵な洋館なのですが、椅子に座ったり、ベッドにねころんだりできません。
むしろ、入れないようになっているせいで、写真を撮るにも構図が難しい><


この鏡とか、上手く使えたら良い写真撮れそうなんですけどねー
残念ながら、撮影スタジオには出来ませんね><

チェスがおいてありました~
なんかチェスをしている紳士ってやたら絵になりますよね(笑

撮影するなら、壁とか扉を上手く使うと良さそうですね~

当時のお風呂もありました~

階段の雰囲気がいいですね~
まさにこれこそ洋館というかんじ。

やっぱ柵があるのが写真的にイマイチ><

これは柵がなくてよいかんじに撮れましたヽ(´▽`)ノ

ちなみに実はこの服、ここに行く前日に買った服です(笑
良いチョイスでした~

やっぱり洋館とロリィタはぴったりですね。
…1つ1つの部屋の説明が出来ないので、なんかコメントが適当だ(笑

実は行ってきたのが6月末だったので、七夕用の短冊がありました。

こんなふうにちょこっと顔を出す構図がお気に入りです☆

照明をつけるスイッチの形が面白かったです(笑
昔はこんなんだったんですね。
ちなみに今も使えるようで、実際にオンオフが出来ました~

窓際の通路に向かいます~
「窓際の通路」って、なんか変なかんじですけど、なんと言えばいいのかわからない><

日々の写真更新でも掲載してますが、窓際はこの薄緑がめっちゃ綺麗なのですー
調べてみると、ここは「ベランダ」らしいんだけど、ベランダってお外だよね?
これは屋内なのに、ベランダなのか…

こちらはお外で。
雰囲気最高なのですが、後ろのポスターがちょい邪魔(笑

どーでも良いのですが、ネットで「萌黄色」を検索したら、もうちょい黄緑系でした。
この薄緑色にあう色名ってなんなのかなーと思って色々検索したら、そのまんま「薄緑」でした(笑
「薄緑」で画像検索すると、だいたいこんな感じの色だったんですよ。

だったら「薄緑の館」がいいかというと、やっぱ「萌黄の館」のほうがいいですね(笑

なお、建築当時はこの萌黄色だったのですが、色がはがれていて、しばらくは「白い異人館」と呼ばれていたそうです。
で、平成に入ってから、建築当時の萌黄色に塗られて、「萌黄の館」と呼ばれるようになったそうな。

それにしても、ほんとに綺麗な色合いですねー
癒されます(*´▽`)

萌黄の館の感想

撮ってる時は「単調になるなぁ」と思ったんですけど、帰って写真を見てみたら、なんだかんだいいつつ、良い写真が撮れてるなーと。
やっぱロリィタ服と洋館の組み合わせは最高ですね~
あと、今回着ていった服もちょうどよかったのかもしれません。

ただ、適当に見るだけだと、わたしが準備を終える間もなく帰っていった修学旅行生みたいに、5分くらいで「ふーん」で終わっちゃうかも。
展示の説明とかもあんまり無かったですしねぇ。

まぁでも、萌黄色がとっても綺麗なので、一見の価値ありですねー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。