いろんな成分配合の「青汁畑」を飲んだ感想

色んな青汁を飲んでどれがいいのか検証
今回は「青汁畑」です

飲み続けていたけど、記事を書いていなかった青汁レビュー。
前回のリッチグリーンにつづいて、今回は「青汁畑」の紹介です~
たくさん飲んで健康になりつつ、データが溜まったら青汁サイトを作るのです。

青汁畑

青汁畑について

いろいろな成分を配合しているタイプ

どんな商品化を手っ取り早く書くと

・モンドセレクション受賞
・成分は大麦若葉、ゴマ若葉、キダチアロエ、明日葉
・グルコサミン、ヒアルロン酸、ビタミンC、コエンザイムQ10配合

というかんじ。

青汁には、リッチグリーンのように、ほとんど葉っぱだけで作っているものと、青汁畑のように色んな成分を詰め込んでいるタイプがあるようですね。
サプリメント飲む代わりといえばそうだけど、リッチグリーンのようなほとんど葉っぱだけのタイプのほうが安心感があるのは確かでして。
どっちがいいかはお好みですかねぇ。

青汁畑レビュー

人工甘味料スクラロースが入っているのがマイナス
味も他の青汁のほうが美味しかったです

さて、青汁畑の感想ですけども。
味の方は、まずいってわけじゃないんだけど、色んな青汁を飲んでいるとイマイチなかんじですね。
味を言葉で表現するのって難しいんですけど、青臭さとかはないんだけど、ちょっとイマイチなんですよ。
変に人工甘味料入れてるのがまずいのかなぁ…

青汁畑を飲んでいるときは、すでにレビューした「リッチグリーン」に加え、今後レビューする「生青汁」「神仙桑抹茶ゴールド」を飲んでいました。
他の3つは特に何も入れずにそのまま飲んでもいけるので、めんどくさくてそのまま飲んでたんですよ。
でも、青汁畑はこの中では一番イマイチで、オリゴ糖入れて飲んでました。
別に水割りだけでも問題なく飲めるんですけど、すすんで飲みたいかというと微妙な味。

それでも健康に一番良いのであれば、これに決めてもいいんですけど、どうもマイナス要素が気になるんですよね。

成分表を見てもらえればわかるんですが「スクラロース」という人工甘味料が入っているんですよ。
スクラロースは結構色んな所で「危険なので避けた方がいい」と言われている添加物でして。
健康になるために飲んでるのに、健康に良く無さそうなものが入っているのは致命的なような…

せっかく買ったので、ほぼ一箱飲みおわってるんですけど、ちょっと継続はしない感じですね。

「北海道の大自然の中で10年の歳月をかけて誕生した究極の青汁」というなら、せめて人工甘味料は避けて欲しかったなぁ…
味も他に比べて特別美味しいわけでもないし。
10年かけて作ったというのに、なんだかちょっと残念ですね。

というわけで、敢えてこの青汁はおすすめしません~

ちなみに今回から、シェイカーで振って泡立ちを確認した写真を撮ることにしました。
たくさん泡立っていると酵素がたくさん生きているそうな。
青汁畑はほとんど泡立っていませんね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。