ぶっ飛んだ人と実際に会って話をした結果、
影響を受けて行動的になりました


先日、9月20日に、「自分の国を創りあげた男・講演会」を開催するという告知をしたわけですが。

一体どこでどうやって、そんな人と仲良くなったのかとか、なんで講演会をしてもらうことになったかとか、不思議に思う方も多いと思うのですよ。
普通にしてると、どう考えても知り合えない人ですよね。

なので、彼と仲良くなった経緯を通じて「ぶっ飛んだ人と出会うことでの変化」を語っていこうと思います。

なお、最初に手っ取り早く結論をいうと、以前に東京で彼の講演会があって、そこで仲良くなったという、割とわかりやすい話です。
で、「そもそもどーいう経緯で、その講演会を知ったのか」というお話からしていきますね。

テーマは「変人」です(笑


「変人コミュニティ」で「変人セミナー」なるものがありました

いきなり見出しで「変人コミュニティ」とか「変人セミナー」とか、「何それ参加したい」という人もいると思いますが(笑

そもそも、はじまりは2年ほど前に購入して、このブログでも紹介した「立ち読みしなさい!」という苫米地英人さんの本なのですよ。

苫米地英人さんの本にはまって、アマゾンでも特に評価の高かったこの本を買ったことが、後に数々の変人との出会いを引き寄せます(笑

そもそも、この本を作った人が、「苫米地さんの理論を誰にでもわかりやすく紹介できるのは自分しかいない!」という理由で、わざわざ出版社まで立ち上げた人なんですよ。

で、「おもしろいひとだなー」と思って、調べてみたら、想像以上にぶっ飛んだ人だったんですよ。

本業はテレビ関係らしく、「いかにテレビが情報操作されているか」を自分の体験から具体例まで出して話しているメルマガとかやってまして。
顔出しでそこまでやるような人は普通はいないわけで、「これはすごい!」と感動して、メルマガ購読をはじめたのです。

そうしたら、なんか「現状から脱却して人生を良くするには変人になるしかない!」とか言い出して、変人セミナーなるものを開催されたのです。

当時の私は、アフィリ系の人間関係が多くて、「稼ぐこと」がメインの世界にうんざりしてまして。
そんな時に「変人セミナー」とか面白そうなイベントがあるということで、わざわざ東京まで行きました(笑
いやまぁ、ちょうど都合よく他の用事もあったから、というのもあるんですけどね。


想像以上に変人だらけだった…

で、「変人セミナー」に行ってみたんですけども。

まず、講師がとんでもなく変人でした(笑
髪が長くてひげの長い男性で、髪とひげだけだと、麻原彰晃のようで(笑

で、話しだすと、やっぱり変人なんですよ。

「一時期ネトゲ廃人になって、3週間くらい何も食べないで、お風呂も数ヶ月入ってなかった」
「そのゲームでは日本一になった」

「インドに引き寄せられてる気がして、1人でインドにいった」
「そこで友人になった人が事業のためにお金が必要といってきた」
「自分の残りの旅費が必要だったけど、ここで自分がお金を渡さなければ、一生この人は事業出来ないと思ったんで、あげちゃった」
「泣くほど喜ばれた、家族にも恩人扱いされてる」
「その後、事業はうまくいった」

とか、こんなんでして。
なんかもう、いっそ本でも書いたらいいんじゃないかという変人具合。

さらに、カメラにはまって写真を見せてもらったんですけど、発想レベルで常人ではない前衛芸術レベルで、お店をやってる知人が高額で買い取ってくれたそうな。

あまりにぶっ飛んだ話を聞いたせいで、なんだかわからないけど「自分は今まで何をやってたんだ」という気分に。
うーむ、変人セミナー、恐るべし…

で、参加者もわざわざ「変人セミナー」に来るような人たちだから、変人だらけでした(笑
「一度、どこまで切り詰められるか試したかったので、敢えてニートになってみた」という頭のおかしい高学歴エリートとか。

で、これ以降「変人コミュニティ」が出来て、そこに参加することになるわけです。


この後、色んな所に行きまくるようになった

で、変人コミュニティの影響だったのかどうかわかりませんが、この後の数カ月後。
「遊ぶ人ほど成功するホントの理由」という本を読んで、「とにかく徹底的に遊びまくろう!」となりまして。
なんかここで、急に博物館めぐりに目覚めます。

変人たちの多様な価値観に触れて、意識が外側に向くようになったのかもしれません。
とにかく「行動パターンを変えて、普段やらないことをやりまくろう!」と考えるようになったのですよ。
おかげで、去年の4月くらいから、急に「行ってきました系記事」が増えることに。

で、大阪の博物館をある程度行った時に思ったのが、「1人で遊園地に行ってみたい」でした(笑
で、居ても立ってもおられず、本当に1人でひらかたパークに行ってしまったわけです。

「1人で行くには難易度が高い場所」としてよく1位にあげられる遊園地。
1人で行ってみれば、意外といけるもんだなーと(笑

この後、USJにも5回ほど行きましたが、毎回1人でした。
進撃の巨人のアトラクションでは、1人といったら「勇敢だな!」と言ってもらえました(笑

で、自分は「色んな所に行って写真を撮る」というのが思っていた以上に好きなんだなーと気付きました。
というわけで、毎日のように色んな所に行っていた時期は最高に楽しかったです。
でも、今は暑くて引きこもり中><


そんなかんじで、ぶっ飛んだ人と実際に会って話をすると、影響を受けて行動的になると思うのですよ。
これはやっぱ人と出会わないと難しいかなーと思いますね。

そんなこんなで、次回は「イベント開催に至るまで」のお話に続きます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です