京都の枝垂れ桜の名所で撮影

  • 最初にまとめると…
  • 有名な平安神宮の枝垂れ桜で撮影してきました
  • 桜は満開でとっても綺麗でした
  • 人が多くて、外人さんの団体に写真を撮られまくりました
  • 先に行った勧修寺とは全然雰囲気が違いました

もう紅葉の季節ですが、今更のお花見レポートシリーズ。
今回は京都の平安神宮で、勧修寺のあとにいったのです~
ここは枝垂れ桜の名所なのですよ。

平安神宮レポート

平安神宮は1895年に桓武天皇を祀る神社として創祀されたそうな。
もっと歴史のある神宮だと思ってました…

ちなみに神宮が皇室とゆかりの深い由緒ある神社にだけつけられる社号だそうで。
日本書紀では、伊勢神宮と石上神宮のみが「神宮」と記載されていて、平安時代以降は石上神宮に代わり鹿島神宮と香取神宮が「神宮」と記載されたそうな。

で、明治以降は一部が勅許を得て神宮を名乗ったそうです。
戦前までは勅許を得ないと神宮と名乗れなかったそうですが、戦後は割と勝手に名乗れるようになったそうな。

考えてみれば、神社のことって何も知らないなーとか思ったのでした。

勧修寺の帰りだったので、ちょいと遅い時間に行ったので暗いです。
何はともかく橋で撮影~

行く途中の岡崎公園は、なんか工事中でした><
枝垂れ桜がきれいなのに、工事で入れなくて残念なのです。

工事中が京都仕様でいい味だしてます(笑

で、平安神宮の内部に到着。
まずは応天門の前で撮影。
…この門が応天門だというのを、ここではじめて知ったの巻。

応天門というと、平安時代の「応天門の変」で有名でして。
866年に応天門が放火される事件があって、大納言の伴善男が「源信が犯人だ」と告発したけど、源信は無罪になって、「伴善男が犯人だ」という話が出てきて、拷問受けて否認したまま、流罪になっちゃったそうな。
ほんとに伴善男が犯人か冤罪なのか不明な事件なのです。

当時はこんな風に「こいつが悪い」で流罪にしようとふっかけたりとかが多かったんでしょうねぇ。

この応天門はそんな平安京の応天門の5/8のスケールで作られているそうです。

遠くから見て綺麗な花が咲いてるように見えましたが、おみくじが結ばれていただけでした(笑

こっちは白虎楼という建物です。

こちらは神楽殿(かぐらでん) 。
それぞれの建物に意味があるんでしょうねぇ。

まぁ現地にいるときは、そんなややこしいことは考えずに適当に撮りまくってます(笑

桜がとっても綺麗(*´▽`)

平安神宮神苑


で、日本庭園の平安神宮神苑に入っていきますー
拝観料は600円で、ここは枝垂れ桜の名所なのですよ。

なんかトルコ人に声をかけられて一緒に撮影。
この格好だと外人に大人気でよく撮られるんですけど、日本人には撮られないんですよねー

枝垂れ桜が満開でとってもきれいなのですが、なんといっても人が多い!
平安神宮の前にいった勧修寺とは大違いです。

とはいえ、とっても綺麗でウキウキ気分なのです。
枝垂れ桜は時期が遅いんで、上手く撮影スケジュールにあいましたー

ほんと、とっても綺麗でした~
ちなみにライトアップもあったのですが、そちらは見ませんでした。
また来年は桜のライトアップもたくさんみたいですね~

池にカモがいて和みます(*´▽`)

桜の絨毯が綺麗ですね~

なんか、日本最古の電車が展示されていました。
京都電鉄が明治二十八年に運行開始したものだそうです。

敷地はかなり広いです~
広さ3万3000㎡なんだとか。
…といわれてもピンと来ない><
なお、池が4分の1をしめているそうな。

なんか池の向こうの方の建物でコンサートしてました~

それにしても広い池です~

なんか適当に撮影。

ちなみにこの写真の建物のところで、外国人観光客の集団につかまりまして。
延々と写真を撮られてました(笑
イスラエル人とかいてびっくりしましたねー

ほんと、見事なまでに満開で撮りごたえがありましたー
おかげで選別して記事にするのが大変なのですが><

さすが人が多いだけあって、枝垂れ桜いっぱいでしたヽ(´▽`)ノ
落ち着いてゆっくり出来た勧修寺と、人が多いけど枝垂れ桜がたくさんあった平安神宮ということで、2つ巡ってよかったのかもしれません。

そんなわけで、平安神宮での桜撮影ロケでした~
たくさん撮影したので、また掲載していきますね。

平安神宮の感想

おまけで、駅の壁にあった桜の切り絵。
華やかでいいですね(*´▽`)

そんなわけで、平安神宮での桜ロケ、楽しかったですヽ(´▽`)ノ
写真選別が大変でしたが(笑

どうしても先に行った勧修寺との比較になるんですけど、やっぱ人の多いスポットと穴場スポットがあるんだなーと。
向こうはガラガラだったんだけどなぁ…

色んな所にいって、穴場スポットを探すのも楽しいかもしれませんね。
でも、そのためにはとりあえず定番スポットにはいっておきたいなーと。

ともかく、なにはともあれ桜撮影ロケが出来てよかったのですー
今年は桜の季節に雨が多くて、何度か撮影が中止になってて諦めてたところで、最後に上手く撮れた感じでしたからね。
5月の薔薇撮影もできたし、8月は水着撮影も出来たし、お次は紅葉撮影ですね~









2 comments on “[平安神宮] 神苑の枝垂れ桜で撮影ロケしてきました”

  1. 確かにもうすぐ紅葉が見ごろになる季節ですね、でもしだれ桜というのも逆に新鮮に感じました。平安神宮は多分一度も行った気が無いので、大学生時代に言っとけばよかったと後悔してます(笑)
    京都などに行くと頻繁に外国人の姿を見かけますよね、特にゆきにゃーさんが一緒に写真に誘われるのも分かります。

  2. ☆パッショーネさん
    先日、高野山で紅葉をみてきたのですよー
    もうそういう季節ですねー
    最近、ほんとに外国人観光客が増えましたよね。
    おかげでロリ服大人気で楽しいです(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です