• 最初にまとめると…
  • 鎌倉の近くにあって電車からも見えるとっても大きな観音様
  • 観音様の中にも入れました
  • 大きさと神々しさに感動しました
  • 原爆の火などの戦没者供養もありました

熱海旅行の際に鎌倉にいってきましたー
関東には何度も行ってるのに、鎌倉ははじめていったのですよ。

そんなわけで、しばらくは鎌倉シリーズになります~

大船観音レポート

30年がかりで作られた巨大な観音様

大船観音は鎌倉近くの大船駅にあって、電車からも見えるでっかい観音様なのです。
でっかい観音様の顔が見えるのはインパクト抜群。

どーでもいいのですが、大船駅の前のコンビニにあったアンパンマンのぬいぐるみと犬のかざり。
犬の方は風船でできていて、風に揺られて動いてて面白かったです。
わたしははじめて見たんですけど、この周辺にはよくあるんだとか。

アンパンマンがハロウィンの格好をしてるということで、来た時期がわかりますねー(笑

で、ここから登っていきます~
けっこう大変な坂です><

がんばって坂を登って門に到着。
どうでもいいけど、この服でこのポーズする場合、カバンは持たないようにしたほうがいいですね…
不格好になってしまいました><

ここは戦没者の慰霊という意味合いもあるんだそうな。

観音様のでっかい顔が見えてきてテンションあがりまくり。
なんかとにかくでっかいのが大好きなんです(笑

で、階段を登るとでっかい観音様が間近に。
迫力満点です。

この観音様、完成までに30年もかかったんだとか。
戦前の1929年に製作開始されたんだけど、戦争の影響で途中で中止になって、その後20年近く放置されたけど、製作が再開されて1960年に完成したんだそうな。
なので、そんなに歴史のあるものではないんですよね。

本当に穏やかな表情で、こんな表情して生きていきたいものです。

ちなみに後ろを振り返ると、とっても良い景色です(*´▽`)

実はこの観音様、後ろの方から中に入れるのですよ。
まさか中に入れるものと思わなかったのでびっくり。

中はこんな感じになってますー
かなり綺麗です。

なんか普通の部屋なので「観音様の中」という気がしません(笑
外の形と連動してたら、観音様の中っぽかったんでしょうけどねぇ。
もしくは徹底的に神々しくするとか。

まぁなんだかんだいいつつもお参り。
観音様の中で、目の前にイル観音様にお祈りする不思議。


戦没者供養や原爆の火もありました

他には戦没者の慰霊碑があったので、お参りしておきました。

原爆の火もありました。
原爆の火ってよく知らなかったんですけど、原爆の残り火を移して仏壇に灯した人が居て、その火が広島の「平和の塔」にうつされて、さらにそれが分火されたものだそうです。

…隣の石碑に説明書いてそうですけど、読んでなかったんで、今調べて知りました><
そんなすごい火だったのですね…

戦争のない平和な世の中が訪れるといいですね…
戦争はゲームの中で十分なのです。

まぁそんなわけで、戦没者供養のお祈りをしてから石碑の前で撮影。

大船観音の感想

観音様の大きさに圧倒されました

なんか戦没者供養のあとの流れでこーいうのもなんですが、とりあえず、でっかくて満足感高かったですー(笑
でっかい観音様はインパクト抜群ですし、わかりやすく神々しいですね。

電車から見えるというのも面白いですね~









2 comments on “[大船観音寺] 電車からも見える巨大な観音様”

  1. 鎌倉に行ったとは書かれてましたが、大船観音をレビューしてくださるとは、自分にとって絶妙なところを突いてくれました!
    幼少時代は湘南に住んでいて、何度も大船駅からその姿を覗いていたのですが、実際に訪問したのはちょうど3年前なんですよね。
    ゆきにゃーさんともども変わらぬ美しさに、思わず見惚れてしまいました。

  2. ☆パッショーネさん
    大船観音がツボだったようでなによりです(*´▽`)
    小さい頃はなかなかこーいうとこって行かないですよねー
    そして「ゆきにゃーさんともども」といっていただけてうれしいです(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です