テレビの上にぬいぐるみ置き場を作ってみた

苫米地式オールライフコーチングプログラムのワークの1つの「身の回りにある2つ以上(できれば3つ)を組み合わせて、新しい機能を持つものを作ろう」というワーク、5日目ですー

今日はペットボトルと針金を組み合わせました。
ペットボトルをハサミで切って、カッターで穴を開けて、そこに針金を通しました~

これをテレビのところにおきます。
針金を通したのは、穴のところに入れるためです。

やったー、ぬいぐるみ置き場できたーヽ(´▽`)ノ

/人◕ ‿‿ ◕人\ < 僕と契約して苫米地式オールライフコーチングプログラムを買ってよ!

上から見るとこうなってます。
ペットボトルのところに切り目を入れて、ぬいぐるみをはさんでいるのですよ。

今まで、普通にテレビの上にキュゥべえのぬいぐるみを置いてまして。
当然ですが安定しなくて、たまに落ちてたりしたんですよ。
なんとかならないかなーと思って頭をひねって近場にあるもので試行錯誤した結果、ここにたどり着きました。
ペットボトルで透明だから、見た目にも影響しないし、いつでも取り外せるんで安心。
今まで抱えていた問題が綺麗に解決!素晴らしいヽ(´▽`)ノ

作ってるのは単純なものなんですけど、すでに家にあるものを組み合わせるだけで、今まで抱えていた問題が解決したり、欲しかったものが作れたりしてビックリ。
このワークをはじめて、人間の創造性ってすごいというのを実感して、戸惑ってます(笑
なにせ、「さあワークするか」というときまで何の構想もなくて、自分でも何が完成するかさっぱりわからないですからね…
「これだ!」というものが出来た時は、ちょっと今まで味わったことのない感覚です。
自分は、自分で認識している以上の可能性をもっているなーという実感というか。
なんかとにかく、かなり戸惑ってます(笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。