ネットで収入を得ることへの思い

ネットで収入を得ることへの本音と、それを通じて語るノウハウ

鍼灸で溜まっていた気持ちをいろいろ吐き出すことが出来ました。
過去のつらい気持ち、ひたすらに強い劣等感、過去に繋がった強烈な縁への執着。
ひたすらに自分と向き合い続けて半年くらい。
やーっと、溜まっていたものを吐き出す目処がたってきました。

これからは、もっと好き勝手に色々書いていきたいなーと思ってます。
まぁ、目の方がちょい心配なので、続けられるかわかりませんが。

で、前々から書こう書こうと思いつつ、進んでなかった「インターネットで収入を得よう」というお話を連載していきたいなと。
需要もあるでしょうし。

この話題については、書こうと思えば結構濃い話が書けたんですけど、抵抗があったんですよね。
わたしの中で「働きに出ていなければならない」という強迫観念がものすごい強くて、「ネットで稼いでいると、ブログで出すのはまずい」という認識がありまして。
まぁ、一昔まえだと攻撃してくる面倒な人とかいたんでしょうけど、今の時代はYouTuberとか流行ってますし、ブログで収入を得て生計を立てている人もたくさんいますし。
その中にまぎれこんで、「ネットで収入を得て生活するためのお話」をしていくことにします。


とにかく働きたくない

ネットで収入を得るためのノウハウその1。
「とにかく本音を爆発させろ」

魂の叫びくらいでいきましょう。
狂気とも言えるような執念がこもった文章は、行間にまで感情がこめられて、読者の胸をうつ可能性が高くなります。
「ありのままのー姿見せるのよー」なんて綺麗なもんじゃ物足りません。
キーワードは「狂気」「野生」「爆発」といったところでしょうか。

どんどん競争率の高くなるネットで、オブラートに包んでいてはやっていけません。
突き抜けた人間だけが生き残っていくのがネット社会です。
なので、思い切り行くのべきなのです。
敵は出来るかもしれませんが、それ以上に共感してくれる人も現れます。

…とまぁ、大変前置きが長くなりましたが。
働きたくないでござる!
絶対に働きたくないでござる!

ぶっちゃけ、この思いでやってきました(笑
いやまぁ、それ以外にもいろんな思いがあるので、その辺はまたおいおい語っていきます。

なんでこんなに働きたくないかというと、集団行動に異常なまでの苦手意識があるからです。
逆に、一人で好き勝手やれば、それなりの結果を出せる自信はあるし、実際に結果を出してきたからでしょうか。

集団に関しては、学校でのトラウマでしょうか。
学校の体育のチームスポーツ、クラスでの立ち位置など、その辺のことが絡んでいますね。
性別の件で、自分を徹底的に抑えて、まわりにあわせないといけないという強迫観念にさらされて、なんかボロボロだったんですよね。
というわけで、組織とか無理。

…そもそも組織じゃなくても、フリーランスとかも無理かも。
イラストリクエストとかも、「リクエストに答えて描かなければ」となった途端、急激に書きたくなくなるんですよ。
すぐに出来るようなことでも、仕事になったら、とにかくやりたくなくなって、後回しになりがち。

なんかわからないけど、苦手なものは苦手なのです。
だから、絶対に働きたくないのです。
性別云々いってるけど、フリーランスでも嫌なんで、結局は性別関係なしに働きたくないのです。
全部わたしの好き勝手にさせろー!
そうじゃなくちゃヤダヤダヤダ(><)

ただ、働かないかわりに、自力でお金を得られるようにするのはOK。
「働きたくない」という夢をかなえるための行動は積極的に出来るのです。
後ろ向きな中の前向きさ、といったところでしょうか。
ひたすら前向きな人生なんてキレイ事なのです!
絶対に働きたくないんだから、その後ろ向きな執念のために、ひたすらにエネルギーを燃やし続けるのです!
…これがまわりから見れば、働いているように見えるみたいですが(笑

ともかく、競争の激しいネット社会では、これくらいの狂気をもって挑みたいところです。
わたしとしては、「無理だったら、どこかに就職」みたいな逃げ道は最初からありませんでした。
かといって、ニートになるわけにもいかなかったというか、それも嫌だったんですよね。

というわけで、ネットで収入を得るためのノウハウその2。
「執念を持ち続けましょう」

知人のアフィリエイターが「アフィリエイトで稼ぐ秘訣は、稼げるようになるまで続けること」とかいってました。
やっぱ執念なんですよね…

あとは「働かないとして、何をしたいか」というゴール設定がちゃんとしてるかどうかというのもありますね。
ここがぼやけていると厳しいかもしれません。
このへんのゴール設定の話は、長くなりますので、また次回に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。