[モニュメントバレー] 西部劇の映画でよく使われる原風景

  • 最初にまとめると…
  • 西部劇の映画でよく使われるモニュメントバレーにいってきました
  • イメージとしては荒野の原風景なのですが、雪が降ってたのでちょっと違う感じに
  • 日の出が見られて綺麗でした

アメリカ旅行記、今回はモニュメントバレーの紹介です~

ここは、西部劇の映画の舞台によく使われていたそうで。
雪が降っていなければ、まるで火星のような異世界感あふれる場所なんだそうです。

なお、この日は雪で見れなさそうだったけど、なんとか決行できたかんじでした。
でも、ベストコンディションには程遠いという…
なんかこんなんばっかり。

馬に乗って写真を撮れるそうですが、そもそも雪で誰もいませんでした><

こちらの岩は3sistersと呼ばれてまして、修道女が横を向いたような形になっているんですよね。
特に左側がわかりやすいですねー

こっちは象さん。
左を向いて座ってる感じですね~

ここは、ハリウッド映画のジョン・フォード監督が「この遠近感に感動した」というジョン・フォード・ポイントと呼ばれているそうです。
…でもあんまりピンとこないなぁ…

お天気が良ければ、もうちょっと違ったのかもしれませんね。

まぁ、真冬にいったのが問題だったんだろうなぁ…
でも、真冬だから比較的リーズナブルな値段だったんで行ったというのも…
難しいものです><

ただ、日の出はとっても綺麗に見れました(*´▽`)
曇っているから日の出は見れないかなーと思ったのですが、日の出の高さには雲がかかっていなかったので見れたんですよね。
これも不幸中の幸いなのかも。

ちょっと日が昇ると、もう隠れてしまいました><

こちらはミトン手袋の形をした岩。
左右両方あるのがおもしろいですねー

こんなかんじで、まるで記念碑がたくさん立っているように思えるところから、モニュメントバレーの名がついたそうな。

遠くから見た写真。

こちらは泊まったホテル。
えらいところに作ったもんですねぇ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。