4月27日のイベントレポート

4月27日に東京で開催した「常識を壊す会」、とっても好評で楽しい時間を過ごせましたヽ(´▽`)ノ
、もっと自由な発想で行動していけるようにみなさんの常識を壊すことが出来たと思います。
そして、その後にあった「自分の国を作っている人」の講演会もものすごくて、人生観に衝撃を与えるような1日でした。
そんなわけで、かるーくレポート。
なお、残念ながら写真を撮り忘れました><
写真は「自分の国を作っている人」の講演会です~

常識を壊す会

ランチとわたしの講演

11時半くらいに集まって、みんなでランチを食べながらお話しました(*´▽`)
想像以上に人数が集まったので、テーブルごとに分かれて食べたので、全員との交流ができなかったのが残念ですね><

一応、話がはずまなかった時のために簡単なワークをみんなでやるべく用意したのですが、特に必要ない感じでした。
まぁでも、ネタが無いとき用に今後も用意しておきたいなーと。
ノージャンルでBBQオフ会したときは、何を話そうかという感じでしたし><

その後、会議室に移動して、わたし自身が30分ほど講演会をしたわけですけども。
最初はめちゃくちゃ緊張しました><
話してみてわかったんですけど、一方的に話すんで、みんながどう思ってるのかわからないのですよ。
これがものっすごい不安で。

そもそも、何を話すかを明記してなかったのがまずかったですね…
最初に「こういうテーマを話す」というのを明記しておくべきでした。
まぁ、わたし自身が「せっかく集めたんだし、いい機会だから講師にチャレンジしてみよう」というかんじで、後から自分の話すことを決めちゃったというのもあったり。
最初はぜんぜん話す気なかったんですよね。

で、今回わたしが話したのは「我々を縛る常識の正体と、それをぶち壊していく方法」という内容でした。
一体、我々は何に縛られているのか、その根源は何なのか、それにどう対処していけばいいのかを、できるだけわかりやすく話しました。
それを、敢えてロリィタ服を着て話しました(笑
ロリィタ着てセミナー講師とか、「まさにこれぞ非常識」というのを体現したかったのです。

この内容、とっても好評で嬉しかったですヽ(´▽`)ノ
講師として読んだ方にも面白いと言ってもらえました。

無理やり30分に凝縮したんで、次回以降は1時間くらいは話したいなと思います。
まぁ今回はじめてだったんで、30分は正解でしたね。


講師の青木要さんの講演

私が話した後は、講師の青木要さんにホームレスのお話してもらいました。

そもそもこの方は、わたしが購入したオールライフコーチングという教材を作った苫米地英人さんにコーチングを学んだ「苫米地式認定コーチ」をやっておられる方でして。
現在は、お仕事としてコーチングとダイエットをあわせた「ダイエットコーチング」なるものもされています。
どうやっても痩せられないで困っている人は、声をかけてみてもいいかもしれません(笑

で、この方、ほんとにとにかくいろんな経験をしている面白い方でして。
この方と会ったのは、以前レビューした「立ち読みしなさい!」という苫米地さんの本を出版・編集した内山和久さんという方の主催したセミナーで講師をしていたからなんです。
この内山さんが「変人を集めて、みんなでどんどんぶっ飛んだことをしていこう。そうやって人生を変えていこう」みたいなことをやってる、超パワフルなどえらい変人でして(笑
試しに参加してみたら、パワフルで個性的な人がたくさん集まってきて、面白くて最近よくそちらに顔を出しているんです。
ちなみに今回は、この内山さんに集客を手伝っていただいたおかげで、このブログからの参加者以外にも多くの方が参加して頂いて、結果20人近く来ていただきましたヽ(´▽`)ノ

で、その時の青木さんのセミナーで「試しにホームレスになってみた話」とか「全額寄付してみたら電車代がなくて困った話」とか、普通の人じゃ絶対やらないようなものすごいことをやった話を聞かせていまして。
あまりに面白くてツボに入ってしまったものだから、「これはもっと話を聞きたい!そうやって自分の枠をどんどん壊していきたい!」と思いまして。
自分でもよくわからないんですけど、ホームレスの話を聞いた時に、やたらとわくわくしちゃったんですよね。

で、勢いでその日のうちにイベント企画しました(笑

まぁそういう縁で講師をしてもらうことにしました。
青木さんには、人にとって「見えているけど見えていない」という思い込みがあるということをわかりやすく解説してくれる楽しいワークを開催してもらったり、ホームレスのお話をしてもらったりしました。
ワークはみんなでわいわい話しながら、思い込み・盲点といったことを体感させてくれたり、ホームレス体験談はとっても貴重で面白い内容でした。
ホームレスの3種の神器、ホームレスのビジネス、ホームレスの教育、みんなで協力しあう助け合いの気持ち、そしてホームレス体験から学んだ大切なこと。
とにかく普通じゃない体験の中に、学びや気付きがたくさんあって、面白おかしく、ためになる素晴らしい講演でしたヽ(´▽`)ノ

わたし自身が楽しかったですし、大好評でしたので、また青木さんにお話していただくことにお願いしたのでした。

自分の国を作っている人の講演会

「僕にとって世界は楽しいおもちゃ箱」

その後は、青木さんの紹介のところに書いた、内山さんの主催の「自分の国を作っている」という、なんだかよくわからないけど、ものすごい壮大なスケールの人の講演会でした。
この人、何をやっているかというと、世界中で色んなビジネスをしている方で。
wikipediaで人口が世界で2番目に少ない「ニウエ」という島国(日本はまだ国として認めていない)を知って、そこにいってニウエ島を開発されてるんです。
携帯電話を使えるようにしたり、ソーラーパネルをたくさん敷いたり、飲食店を作ったり、色んなビジネスをしておられて。
で、大統領とも仲良しで、「良い法律はすぐに通せて、法律を変えられちゃう」という、衝撃の言葉。
…法律変えるって考えられない…

まぁそういうものすごい方なんですけど、一見普通の人だし、とっても人懐っこくて癒し系でして。
「ゆきにゃん」を間違えて「ひこにゃん」と3回くらい言われました(笑

本当に楽しみながら世界を飛び回っていてまして。
「僕にとって世界は楽しいおもちゃ箱みたいなものです」という表現が衝撃的でした。
ほんと、行きたいと思ったらどこにでも行っていて、彼はまさに「地球人」として生きてるなと。
我々の多くは日本人というスケールで生きてますけど、誇張なく「地球人」というスケールで生きてます。
よく考えたら、我々は世界中、ほとんどどこにでも行けるはずなんですよね。
で、それを実際に実現しちゃってるんです。
行きたいと思ったら、もうすぐにどんどん行きたい場所にいっちゃう。

なんか、我々がゲームするときにその仮想世界を楽しんでいるかのように、この世界を心底楽しんでるですよ。

その圧倒的スケールを見て、ちょっと価値観が変わっちゃいまして。
「世界に旅してロリ服で色んな所で撮影しよう」とか「どんどん行動していろんなことに挑戦していきたいな」とか、強く感じました。

ここんとこ更新できてませんでしたが、あまりの衝撃に動揺して混乱していたからです(笑)
話を聞いた直後はそうでもなかったんですけど、2日後くらいからじわじわと効いてきて、なんかよくわかんない状況になってます。

6月1日に大阪で開催します

勢いで開催決定、自分の常識を壊していきましょう

まぁそんなこんなで。
勢いで6月1日に大阪で「常識を壊す会 第2回」を開催することにしましたヽ(´▽`)ノ

青木さんに大阪に来て頂いて、楽しみながら、自分を縛る常識を壊して、どんどん新しいことに挑戦できる自分になっていこう、というテーマでやっていきます~
詳細は追ってまた書いておきますので、よろしくおねがいしますヽ(´▽`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です