常識を壊す会 誕生日&ハロウィンVer レポート

参加者がプレゼンする形のオフ会

誕生日に開催したオフ会「常識を壊す会 誕生日&ハロウィンVer」のレポートです~
写真はコスプレの集合写真。
ハロウィンっぽいの1人だけです(笑
当日暑かったんで、わたしは涼しそうなコスプレ衣装をひっぱりだしたら、これになりました(笑
なお、視力回復のためにちょっとアイメイクを控えています><

で、今回のテーマは「参加者にプレゼンしてもらう」だったのですが、この形式はとても面白いのがわかりましたー
人数は集まったのが3人だけだったのですが、自分を入れて4人いれば意外と寂しくないものですね。
ターゲットを明確にしていないのが集まらない原因かなーと思ったりしつつ、ゆるーくやるのもいいなーと。

プレゼンの内容

変なプレゼンばっかり
やりたい放題の非常識極まりない会でした

今回、参加者のプレゼンの内容が
・男の娘のアナニー
・ぼくの考えた美少女戦士紹介
とかいう、斜め上すぎるテーマでした(笑
たぶん今まで開催した中で一番非常識だったと思います(笑

ふたりとも「こういうテーマだけど大丈夫ですか?」と聞いてきまして。
アナニーをテーマにした人は「非常識なので無視されると思っていた」と後から言っていたのですが、「常識を壊す会」なので、非常識を理由に却下しては名前負けです(笑
その時点では参加者希望者が男性だけだったので、「あんまり下品で生々しくならないように」ということでOKしました。
こんな頭のおかしいプレゼン聞くことなんて絶対ないですしね(笑

なお、わたしの話は、参加者が少なかったため「何か聞きたいことはあります?」と聞いたら「胸を大きくする方法」といわれたので、軽くお話をしました。
このサイトにも書いていないようなことも話して、それはかなりびっくりしてたんですけど、そちらもサイトに書いていきたいなーと。

あとは、終盤にキン肉マンの話題になったので「キン肉マンゼブラがいかに偉大な人物か」について延々と語りました(笑
もうゼブラの株が上がりまくりです。
かなり衝撃を受けていたので、これもブログで書きたいですね~

プレゼンの感想

ぜんぜん人生のためにならなさそうな話だけど、
実は得られるものはとても多かった不思議

「男の娘のアナニー」はまさに「変態セミナー」で、話聞いてて本でも書けるんじゃないかという濃さでしたw
パワーポイントまで使って、自分の性癖を説明する会なんて、果たして存在するのだろうか…
日本全国でもここだけじゃないかと思うと、こんな貴重な経験はないなと(笑

子供の頃からの異常な性体験と、それが原因で出来た性癖などを話してたんですけど、ほんと「こんなことってあるんだ」の連続で、とてもおもしろかったです。
実践的な話はイメージすら沸かなかったんですけど、写真に写っていない1人がやたらと「うんうん」とうなずいていました(;´Д`)

よく考えると、性的マイノリティーの差別は減ってきているけど、性癖マイノリティの差別は減っていないなーと。
だからこそ、特殊な性癖の人を集めて「変態セミナー」でも開催したら、みんな「自分だけじゃないんだ」と悩まなくていいかなーと思いました。
まじめにこれはビジネスになりそうな(笑
ちなみに1人で3時間くらい話してて「長いわ!」という感じでした(笑
次回は、もっと短くなるようにしてもらいます(笑
でも「墓場まで持っていくつもりだった」という抱えていたものを吐き出してすっきりしたそうで、良かったですー

というわけで、わたしもブログで抱えてたものを出しちゃうことにしました。
意外なところから意外な効果が…

「ぼくの考えた美少女戦士紹介」は意外とクオリティ高かったんですよ。
で、「じゃあ、これをどうやって売り出すか」のブレインストーミングをみんなでしてました。
とりあえず「理想は全国区でアニメ化」ということで、それを実現するにはどうすればいいか、他に何か面白いゴールはないか、などなど。
これがとても楽しくて、色々アイデア出てきて、めっちゃ盛り上がったんですよ。
持ってきてくれた人も「こんなに意見もらえると思わなかった」と言ってくれました。
これは「ブレインストーミングの会」とかやっても面白いかなーと思いましたね。

総じて、人数集めるためのテコ入れは必要かなーと思ったものの、参加者にプレゼンしてもらうという方向性はとても面白いなと。
なにせ「話したいことなんでも話してOK」「何言っても誰も否定しない」「アイデアを持ってきてくれた人には、みんなでブレインストーミング」という仕様ですからね。
コスプレ&プレゼン割引で2000円でしたが、これは激安だったなーというくらいの価値があったと自負しています。

せっかくこういう会を開催するなら、やっぱり参加者の人生に良い影響があるようにしたいですし、それなら参加形式が一番ですね。
「一番話したいことを話す」というのは、とても楽しいことですし。

というわけで、また開催しますので、気になった方は是非ヽ(´▽`)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。