6月限定公開の鹿の赤ちゃん

6月のお話なのですが、奈良の春日大社で鹿の赤ちゃん公開イベントがありまして。
6月中のみ公開されていたので、6月29日にぎりぎり見に行ってきました~

行こうと思った日が雨だったりして、なんとかいけたというかんじです><

春日大社 鹿苑レポート

今回はちょっと日常な風景の写真とともにお送りします

今回は、一緒に行った友人の撮影者さんが「日常の記録」みたいな写真を撮りたがってて、おまかせしたので、そーいう風味のレポートになってます~

というわけで、いきなりこんな写真から(笑
春日大社に行くべく、近鉄奈良駅にあるドラッグストアでお買い物をしていきました~

飲み物は何にしようかなーと思ったのですが、やっぱりピンクということで、ローズ&ピーチティーで(笑
この日はマニキュアを塗ってたのも会って、手がとっても綺麗に撮れました(*´▽`)

で、バスで春日大社に向かいます~
乗客の中で、あきらかに1人だけ浮いているロリィタ(笑

ι(´Д`υ)アツィー
扇子で仰いでほっと一息。

すっかり夏になって、蒸し暑くなりましたねぇ><
おでかけするにも暑くて気が進まなくなってきました。

で、春日大社に到着。
この日は日曜だったので、さすがに人がいっぱいでした~

まぁ、日曜なのに春日大社の人が少なかったら、奈良県民的に困る><

驚いたのが修学旅行生がいたこと。
日曜だったら、修学旅行生もいなくて快適かなーと思ったんですけど、結局いました。
これは諦めるしかないようですね><

で、さっそく鹿さん発見ヽ(´▽`)ノ
別に赤ちゃんではないんですけど、顔つきを見る限り、まだまだ若そう。
つぶらな瞳がかわいいですねー

行く途中にあるおみやげ屋さんのところにあった燈籠に苔が映えてて風流でした(*´▽`)

で、鹿の赤ちゃんが公開されている鹿苑に向かいます~
緑がいっぱいで気持ちがよいのです。
色んな所に行きまくって、はじめて奈良の良さが分かった感。

それにしても、青空がとっても綺麗ですヽ(´▽`)ノ
この日は晴れていて、良い日に行けました~


思いのほか遠かったし、
大きい鹿だらけで赤ちゃんもあんまりいませんでした><

で、入場料300円を払って入っていきます。

ちなみに、この辺でもっていたカバンがつぶれて、とってもたいへんでした><
応急処置で治したら、意外とそれがはまって、1日中大丈夫だったのですが、軽さ優先で安物のカバンを使ってると、こういうことがあるんだなぁと(;´Д`)
最初に買ったペットボトルが重かったのかなぁ…

で、鹿苑に入ったんですけど…

広っ!
鹿、遠っ!

なんか赤ちゃんを間近で見れるのかと思ったら、えらい遠くて、なんだこれ状態(;´Д`)

しかも…これ、鹿の赤ちゃん?
なんか、でかいのしかいないんですけど(;´Д`)
来たのが6月末だったから、もうみんな大きくなっちゃったとか?
いやいや、いくらなんでもそんなアホな…

と思って探してたら、いました、いました。
大きいのにまぎれて、小さいのがぽつりぽつりといました。

…しかし、鹿さんたち、暑くてやる気ないのか、日陰にすわりっぱなしです。
鹿の赤ちゃんも、向こう向いたままだし(;´Д`)

おお、赤ちゃんぽい鹿いた!
って、ブロック?の中に入ってて、顔みえないようう><

やっと、赤ちゃんらしき鹿の撮影に成功。
お母さんのおっぱいをもらおうとする、心あたたまるシーンです。

ゲーッ、拒否されたー・゚・(つД`)・゚・
ぜんぜん心温まらない…

なにがなんだかわからない(;´Д`)

どうやら、赤ちゃんは割と無差別におっぱいを飲みに行こうとしてるので、相手はお母さんじゃない鹿だったぽい。
で、お母さん鹿の方は、自分の子供以外にやるおっぱいは無いらしく、自分の子供以外ははじいちゃうっぽいです。

…というようなことを近くの人がいってました。
合ってるのかどうかは知らないです><

それにしても日陰でぐったりしてて、客に愛想を振る舞う気ゼロ。

まぁなんだかんだで、赤ちゃんも何枚か撮影成功。
背中の斑点がまだ濃いのが子鹿ちゃんみたいですねー

ちなみに、結構な人数が見に来ていました。
たかが300円だけど、たくさん入ってたので、バカにならない収入なんだろうなぁ…

そうこうしているうちに、ちょっと日差しが弱くなってきて、鹿さんたちもこっちに歩いてきてくれました。
さっさと帰らなくてよかった…

しかし、写真だとちっちゃかわいいのがいまいち伝わらないですねぇ><

最初来た時は、これはどーなんだと思いましたが、近づいてきてくれて、満足度もだいぶ上がりました。
まぁでも、やっぱり遠かったですけどね><

赤ちゃんじゃないけど、これは良い写真(*´▽`)

まぁなんだかんだいいつつ、鹿の赤ちゃん公開は気になってたんで、見にこれてスッキリしましたー
小さい子はかわいかったですしね。
良かったですヽ(´▽`)ノ

必死に下にいる子鹿ちゃんを見ている図(笑

思いのほか遠かったけど、子鹿ちゃん見てきました記念ヽ(´▽`)ノ


ささやきの小径を通って、志賀直哉旧居へ

で、鹿も見終わって、次は「志賀直哉旧居」に行こう、ということで道を歩いていきますー

ちょいと栄養補給。
「クリーム玄米ブラン」という栄養機能食品です。
まぁ、要するに、食物繊維がたっぷり入った美味しいお菓子ですね(笑
最初にドラッグストアに寄ったのは、コレが欲しかったからなのです~

鍼灸の先生に「食物繊維がたくさん入ってていいよー」と言われて、最近よく食べているのです。
これ食べだしてから、お通じが良くなった感があります~

なんか学術的にも重要らしいイチイガシ巨樹群なんだそうな。
植物マニアなら、こーいうの感動するんでしょうか…

わたしは植物はさっぱりなのです。


なんだかきのこが生えてましたー
こんなに綺麗に生えてるとうれしくなります(笑

鹿の注意書きだけど、鹿の絵がやたらとかわいいのです。

やってることは「かむ、たたく、突く、突進」なのに、鹿の表情がかわいくてシュール(笑
そんな顔で突進するのかい、と(笑

ちなみにここは「下の禰宜道(ねぎみち)」という名前で、通称「ささやきの小径」というそうな。

春日大社の神官のことを禰宜といって、その禰宜が出勤するときに通ったそうな。
なんで「ささやきの小径」というかは、調べてみたけど、よくわかりませんでした><

ともかく、ここからしばらく歩いたところに、昭和初期の小説家・志賀直哉の旧居がありまして。
次回はそちらの紹介でーす☆

春日大社 鹿苑の感想

遠かったのでビミョー
春日大社を見たついでに見るといいかも

鹿の赤ちゃんを見てきた感想ですけど、遠かったのが残念でしたねー
もうちょい近くで「かわいいー!」とテンション上がりながら楽しめるものだとばかり(笑

まぁ、気になってたんで、行ってスッキリしたんですけど、わざわざこのために出て行ったんで、びみょーな気分が。
春日大社を見て楽しむのと合わせるなら、おすすめですねー

まぁそうはいっても、この後に別の名所に寄って、十分に楽しめたので、結局は行って良かったんですけどね~









4 comments on “[春日大社 鹿苑] 鹿の赤ちゃんを見てきました”

  1. ロリータファッション好きな方にはたしかに蒸し暑くてきつい季節になってきましたよね。ゆきにゃーさんも暑い中ご苦労様でした。
    自分が関西に住んでた頃は奈良公園の子鹿は山の方に母鹿が保護してて、ある程度大きくなってからでないとろくに奈良公園の手近なところには現れないと聞いたことがあります。今は遠くからとはいえちっちゃな子鹿を見れる機会があるんですね、外国人にも鹿に会える奈良公園は大人気スポットらしいですし、またいつかシカせんべいをやりに訪れてみたいものです!

  2. ☆パッショーネさん
    まぁ、この日はそこまで暑くなかったんですけどねー
    この後いった場所が涼しかったというのもあるかも。
    これからの季節はもう出かけるのキツイですね><
    美術館とかかなー
    子鹿の公開は昔はなかったんですかねぇ?
    わたしは観光サイトを見て知ったので、そういうのが無かった昔も公開はしてたのかも。
    鹿せんべいは久々にやろうかと思ったんですけど、ロリィタ服で鹿に群がられるのは嫌だったのでやめました(笑

  3. お久しぶりです。
    僕は10年以上前に奈良の方で鹿を見ましたけど、あまり良い感じは無かった印象があります。
    ただおせんべえをあげると我先に俺の物だという感じで、皆譲りません。
    これを観ていて餌を食べられなかった鹿に餌をあげてると、頭突きをその鹿に食らわして横取りし、弱いものいじめです。
    何か駄目文になりすみません。

  4. ☆おまけさん
    たしかに鹿せんべいは、我先にというかんじですよねー
    なんか追いかけられたりするし、たいへんです><
    まぁ野生なので仕方ないんでしょうねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です