奈良で春日大社の本殿公開を見たり、
鹿と遊んだりして来ました

1週間ほど前の話になるのですが、奈良の春日大社に行ってきました~
春日大社では、6月30日まで、20年に一度の国宝御本殿特別公開をしているのですよ。
20年に一度と言われたら、行かなきゃ!

奈良はわたしにとっては地元なんだけど、春日大社って、行くの小学生以来の気がする…
奈良駅からちょっと距離あるし、大仏ほどのインパクトはないんで、なかなか行く機会ないんですよね~

まぁそんなわけで、春日大社レポートです~

春日大社レポート

春日大社へは、近鉄奈良駅から頑張って30分歩くか、バスに乗っていくかのいずれかでして。
ここはおとなしくバスに乗りました。

写真は近鉄奈良駅の待ち合わせ場所として定番の、行基像のある噴水広場です~
なんか、この辺はまさに地元というかんじ。

でも、実は奈良県民でも奈良駅に出るよりも、大阪方面に出ることのほうがはるかに多いんですよね。
なので、地元感はすごいのに、実はここに来たのは10回目未満の気がする…

バスでついてちょっと歩いたところにあった貴賓館。
結婚式をするときにここを使うそうな。
…わたしには一生縁のない話だ…

なんか絵が飾られてましたー
このかすれ具合が奈良っぽい(笑

京都の雅な感じよりも、古すぎてかすれているあたりが奈良っぽい気がしつつも、京都も同じようなのたくさんあるんだろうなーとも。
でも、自分の中で、なんか奈良はこんなイメージなんですよ(笑

なんかたくさん神社があります。

茅葺屋根の神社が良い味を出してますー

奈良名物・鹿とのふれあい

で、歩いていると奈良名物の鹿キター!

鹿だ!
野生の鹿が当たり前のように神社でのんびり暮らしてる!
しかも、人を見ても動こうともしない!(笑

奈良で生まれ育ったので鹿なんて、奈良公園に行けばいつでも見られるし、珍しくないのですが、なんかこの日はミョーにテンションが上がったんですよ。

大阪・京都・神戸・東京・名古屋と、色んな所をめぐった上で、地元の観光地に帰ってきたので、この光景が異常なことにようやっと気づけました(笑
当たり前のように見てたけど、神社で人と鹿が共存してるとか色々とおかしい。

考えてみれば、野生の鹿とこんな風に楽しめる世界遺産の観光地とか、他にないですよね。
いろいろ巡り巡って戻ってきて、奈良の鹿のインパクトが理解できました…

そりゃ、奈良といえば大仏と鹿になるわけだ…
仏像に鹿の角生やした変なゆるキャラが生まれるわけだ…

ただ、よくカンチガイされるのが「奈良はどこでも野生の鹿がいる」ということです。
そんなわけあるかいっ!(笑

平気で鹿がその辺を歩いているのは、奈良公園周辺だけです。
みんな、奈良に来ても鹿のいるところにしか来ないから、奈良はどこにでも鹿がいるとカンチガイしちゃってるんでしょうか…

なんかこう、当たり前のように野生の鹿がいて、鹿の方も人がいるのが当たり前で、さらに鹿せんべいあげて遊べるというのはすごいですね。

奈良いけるやん!
京都に負けてへんやん!
もっとアピールしていこーよ!

…という気持ちになりました(笑

本殿の特別拝観

さてさて、鹿と戯れた後は本殿に向かいます。

なお、鹿と戯れた場所は、本殿と逆方向に歩くと行けるところだったようです><
いきなり真逆に行く方向音痴っぷり。
でも、おかげで鹿と遊べました(*´▽`)

子供多っ!
さすが20年に一度の公開だったり、修学旅行シーズンだったりします。

まぁ東大寺よりマシ。
春日大社の後いった東大寺は地獄絵図だったので、大仏見ずに帰りました><

本殿脇にある祈祷所で撮影。
がんばって人がいない隙を狙って撮ってます(笑

手水所でおててを清めていくのです。
何気ない写真ですが、この場所に子供がえらく長居してて、この写真を撮るためにだいぶん苦労したという涙ぐましい努力の結晶なのです。

この日は見事な快晴で、本殿の赤と空の水色の対比がめちゃくちゃ綺麗でしたヽ(´▽`)ノ
さらに緑も加わって、「こんな綺麗なもんなんだ!」と感激しましたよー

で、また「奈良いけるやん!」と(笑

で、特別拝観受付に向かおうとしたら、赤い柱の回廊がむちゃくちゃ綺麗!
京都の伏見稲荷大社を彷彿とさせますねー

しかし、人が多すぎて写真にすると人が目立って仕方がない><

こっちから撮ってもダメ><

この角度ならなんとか…
赤い柱の美しさはなくなりますが、これはこれで雰囲気いいかなーと(*´▽`)

で、人が減った隙に急いで撮影!
奥の方に人がいるけど、わたしの体で隠せばOK!

…といった涙ぐましい努力がふくまれた写真です(笑

すみっこのほうだと比較的綺麗にとりやすいかなー
これも雰囲気いいですよね。

人がいない隙をみつけたら、急いでカメラを出して撮影!
かなり大変でした(笑

この角度なら人がいてもいなくてもダイジョブ。
それにしても、窓の緑も綺麗ですね~

何枚も撮っていると、人が入らない角度を発見することが出来ました。
かなり良い雰囲気になったかなと(*´▽`)
ここは綺麗に撮れるポイントなんで、春日大社に来た際はまたここで撮りたいですねー

青空を上手く撮りたかったんですけど、なかなか難しいのです。
これは目で見て楽しむものかなーという感じで見てたのですが、写真にしても十分綺麗ですね~

工事現場はやっぱり綺麗くないです。
まぁ当たり前か…
でも、赤いパイプで仕切っているので、それほど雰囲気は損なわれてないですね。

巫女さんもいていいですねー
いつか神社で巫女さんの格好で撮るのです。
神社の人と間違えられそうだけどね…

まぁそんなわけで、御本殿の特別拝観に行きます~

残念ながら、受付以降の撮影は不可。

御本殿はとっても綺麗で、やっぱり青空とのコントラストが最高でした。
写真OKにして、みんながネットで公開した方が、たくさんの人が見に来て良いと思うんですけどねぇ。
とっても残念なのです。

でも、出てきたエリアで普通に写真とってると、本殿が見えます。
撮影制限とはなんだったのか。

というわけで、本殿を背景に撮影~

まぁこんなかんじという最低限の雰囲気は伝わるかなと。
撮影不可ゾーンで見る本殿はもっと綺麗でした。

ちなみに修学旅行生がたくさんいて、二人組の女の子に一緒に撮って欲しいと声をかけられましたー
日本人に一緒に撮ってと言われるのは珍しい(笑

聞いてみると、山梨から来たそうで、色んな所から来てるんだなーと。
私は山梨いったことないなー

ちなみに一緒に撮影した写真をブログにアップしていいか聞いたところ、OKでした。
でも、その後のんびり観光してたら、急いで彼女たちが来て「学校の規則でダメみたいなんで、載せないで下さい!」と言ってきました。
そりゃたいへんだぁ><

かなり焦ってわたしを探してたんだろうなぁ、かわいそうに。
修学旅行というのは不自由なものですね><

で、ここが出口。
御本殿以外にもいろいろあるので、のんびり見て回りました~

出口から出て、iPad miniで写真を確認している図。
iPad miniで撮影すると、大きな画面で確認できるのが便利なのです。
欠点は、撮るときに持ちにくいことですね><

一緒に来た人は、だいたいはこーいうオフショットのほうが良い写真が撮れると言ってくれます。

その他なんかいろいろ

本殿からでて、のんびり色々散策してました~

御神木と、苔の生えた燈籠。
雰囲気がとっても良かったです~

ここは若宮神社。
なんか正しい知恵を授けてくれるそうです。
正しい知恵ほしいー!

絵馬のピンクがなんかショッピングピンクでどぎついです。
何もこんな色にせんでもえーやん、と思ったのですが、この方が恋愛にご利益あるんでしょうか?


外人さんに大人気でした

ロリ服を着て観光地に行くと、外人さんによく話しかけられるのです。
もう完全に慣れっこなのですが、「外人に話しかけられるのが当たり前」というのも、すごい感覚ですねー(笑

今回は特に「beautiful!」と良く言ってもらえましたヽ(´▽`)ノ
なんか「日本のシンボル」と言ってくれた人もいたような(笑

ちなみに、写真をお願いされたら、その後「Where are you from?」と出身地を聞くと、そこからコミュニケーションが生まれて楽しいのです。

これからは「イタリア」とか言われたら「I have been to Italy, and I love Italy(イタリアに行ったことあります、イタリア大好きですよ~」」というかんじで答えてみたら面白いかもしれませんねー
フランスだったら「ヴェルサイユ宮殿に行ってこの格好で写真撮りたいです」とか(笑

で、この人達はどこだったかな…
イタリアかフランスかどっちかでしたが、両方いたのでごっちゃになってます><

写真を撮られて見ている図(笑
撮ってくれた人も旅の思い出になっているようなら嬉しいですね~
帰って「日本の春日大社でこんな人いたよ」と話しているのでしょう。

ちなみにハワイの人で、なんか名刺交換しちゃいました(笑
いっそ、英語の名詞つくろうかなぁ…

ロリ服で観光地に行くと、色んなことが起きて、とっても楽しいのです(*´▽`)
終始こんな感じだったんで、一緒に来てた友人は「なんか芸能人のマネージャーになった気分」と言って楽しんでいました~

春日大社の感想

奈良の素晴らしさを再確認
天気が良かったのラッキーでした

春日大社の感想ですが、とっても楽しかったですヽ(´▽`)ノ

20年に一度の本殿公開見れて良かったです~
20年後とか、何やってるか想像つきませんし(笑

本殿はとっても綺麗で、空も青くて綺麗でした。
鹿さんと遊ぶのも楽しかったですし、外人さんに話しかけられるのも楽しいのです(*´▽`)

あと、修学旅行生はこっちにはそんなに来てなかったのもよかったです。
決して人が少なくなかったわけではないのですが、この後いった東大寺はもう人多すぎだったし、興福寺も絶え間なく小中学生が訪れていたかんじでした。
その点、春日大社まで来る人はある程度限られているようです。

あとは、色々なところ回ったおかげで、地元の奈良の素晴らしさを感じることが出来てよかったなーと。
やっぱ外に出ないと、地元の良さもわからないものですね。

東京で明治神宮とか増上寺とか行きましたが、やっぱ寺社仏閣は奈良のおはこですねー

春日大社の帰りに奈良公園・東大寺・興福寺にも寄ってきたので、そちらに続きまーす。
…まぁ、そっちは混んでいたんで、さっさと帰ったんですけどね><









4 comments on “[春日大社] 20年に一度の本殿公開はとても美しかったです”

  1.  鹿は広島の厳島神社にもいますよ。奈良のに比べると人慣れしていなくて「そこにいて一緒に生活してるだけ」感があります。(←愛嬌振りまいてくれたりしない)

  2. ☆香住さん
    あら、厳島神社にもいるのですかー
    それは見に行って比較せねば(笑

  3. 春日大社とはこれまた懐かしいです。大学時代は何度か鹿にせんべいを与えてました。厳島神社にも鹿はいますね、奈良公園とは規模が違いますが、一度行ってみても損は無い場所だと思いますよ!

  4. ☆パッショーネさん
    わたしは奈良県民なのに、実は1回しか鹿せんべいあげたことないです(笑
    厳島神社は修学旅行で行ったきりなので、ぜひいってみたいですねー
    写真撮ってくれる人がいればいけそうですー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です