なんだか星座表が変わってしまったらしいと思ったら13星座のことだった


ずっと隣の星座占いを見ていた…新星座表で海外パニック!

なんだかよくわからないのですが、星座表がかわってしまったそうです。
黄道12宮の元になったのは古代バビロニアの星座らしいんですけども、ずっと昔の話で。
「何千年もたってて位置関係かわってるんじゃね?」ということで、天文学チームが調べたところ、やっぱりズレまくりだったそうです。

で、ずれないように新星座表を作ったところ、以下のようになったとか。

【新星座表】

山羊座 1/20- 2/16
水瓶座 2/16-3/11
魚座 3/11-4/18
牡羊座 4/18-5/13
牡牛座 5/13-6/21
双子座 6/21-7/20
かに座 7/20-8/10
獅子座 8/10-9/16
乙女座 9/16-10/30
天秤座 10/30-11/23
蠍座 11/23-11/29
へびつかい座* 11/29-12/17
射手座 12/17-1/20

※1年を12で割りたいバビロニア人の手により割愛された

ゆきは11月1日なので、さそり座→てんびん座ですねー。
スカーレットニードル・アンタレスから、廬山百龍覇になったわけです。
…うーん、童虎も微妙なキャラなんで、活躍は少ないけど、どっちかというとミロのほうが好きかなぁ…

星座というと聖闘士星矢が一番先に出てしまうのもどうかと思うのですが、仕方ないですね。

よくみると、へびつかい座* 11/29-12/17で射手座 12/17-1/20って、12月17日はどっちなんだ(;´Д`)
…って、これってへびつかい座があるわけだから、結局13星座なのでは…
で、調べてみると、やっぱりコレって13星座のことみたいですねぇ。

なんかびっくりして損したと思ったけど、13星座の理屈を初めて知ったのでよかったかもしれません。

しかし、13星座に入ったのが、へびつかい座だったので聖闘士星矢的にはよかったですよね。
へびつかい座ならシャイナさんだから、メインキャラですから、話にしても通じやすいですし。
もしヘラクレス座とかだったら、アルゲティになるわけで、誰やねんという感じです。
ちなみにどんなヤツだったかも覚えてません。
Wikipediaで適当なシルバーセイント拾ってきただけです(;´Д`)

ちなみに、調べてみると、やっぱ13星座の理屈は上記のような理屈みたいです。


なぜ?13星座なのか

検索で出てきたページなのですが、このページの13星座の理屈が上記の理屈そのままですね…
なんだかネットで話題な記事なんですけど、結局13星座のことだったという微妙なニュースでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。