小さい頃から女性になりたい気持ちでいっぱいでしたが、徹底的に抑圧してきました

今日は、わたしの「心は女性」という気持ちを書いていきますね。

わたしは、もともと子供の頃から「女の子になりたい」という気持ちでいっぱいでした。
何かを妄想するにも、自分が女の子になった前提での妄想がほとんどでした。

ですが、「それはいけないこと」という感覚も持っていまして。
無理して「男でいなければならない」という風に自分に言い聞かせて生きてきました。

子供の時って、特に性別のことに敏感というか、「男の子が女っぽいといじめられる」とかありますよね。

実際、わたしはそれでいじめられたことがありました。
それで「女っぽい=ダメなこと、恥ずかしいこと、蔑まれること」と思うようになったんです。
これが本当に長いことわたしを苦しめていました。

そうやって、「女の子になりたい」という気持ちを押し殺し、とにかくガマンにガマンを重ねて、常に「自分は間違っている」と考えて生きてきました。
本当につらくて、何の希望も見いだせず、生きるのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。

ふと「自分は一生男なんだ…」と思って、現実に絶望したことがあります。
まぁ、実際はこういうふうになったのですが…


女装をはじめたけど、「女装趣味のただの男の子」になりたいと思ってました

そんな中で、ふとしたことから女装をする機会があって、それで自分の中の毒を抜くことが出来たのですが、それでも「男でいなければならない」という抑圧が強烈でした。
抑圧は呪いのように自分自身を縛り付けていて、何をやってもついてきて、本当に苦しかったです。


わたしは「内面は普通の男の子だけど、女の子の格好をして楽しんでいる人」に憧れて、そういう風になりたかったんですよ。

「心が女性」であれば、女性として生きたくなります。
それはかなり大変な道で、出来ればそれを避けたかったというのもありました。
そうして、無理して「自分とは違う何か」になろうともがいていました。

でも、結局、人は自分以外の何かにはなれないものなんですよね。

ずっと、自分以外の何かになろうとしていました。
そうやって、自分の本当の気持ちを抑え続けていたのですが、ある時、心のなかに「わたしだって女だもん!」という、どうしようもないほど強い気持ちがこみあげてきたんです。

そうして、その気持ちを声に出すと、すごくすっきりしたのです。
気がついたら、何度も言葉にして口に出していました。

どうしようもなく溢れ出してくる「わたしだって女だもん!」という気持ち。
それから、自分の本当の気持ちを認めて「わたしは女性なんだ」という風に考えるようにしていきました。

「わたしは女です」と声に出して言ったり、その言葉を録音して自分で聞いたりしていました。
そうすると、すごく癒されて、幸せな気持ちになって、エネルギーが満ち溢れてきたんですよ。
だから、やらずにはいられなくなりました。


わたしは女性だと考えると幸せな気持ちになれたんです

結局、自分の気持ちよりも、社会の常識や否定してくる他人ばかりを意識していたんですよね。
だから、一番客観的といえる「物理的なもの」を最重視して、すべてを諦めていたんです。
でも、それが苦しくて苦しくて、もう限界だったんでしょう。

そんな中でも確かだったのは、「女性であることが幸せな気持ち」でした。
「わたしは女性なんだ」と考えると、とても幸せな気持ちに満ち溢れてくるんです。

内側から湧いてくる気持ちは、間違いなく「わたしは女性なんだ」といっているんです。
そして、自分自身を女性だと思うと、なんでも出来そうな気がしてきて、すごくエネルギーが湧いてきたんです。

自分自身を女性として扱うと、女性らしい気持ちがとめどなく溢れてきて、胸がいっぱいになって、体中が幸福感に満たされていくんです。
そして、その気持ちがいっぱいになっているときが、一番「わたしらしい」という気持ちになるんです。

実際のところ、「女性らしい気持ち」とか「心が女性」とか、やっぱり不確かなもので、結局それがなんなのかわかりません。
ただ、わたし自身、「自分の内面は間違いなく女性である」と思うと、すごく楽になるし、幸せな気持ちが湧いてきます。

もうそれだけで十分だなと。

わたしは、「わたしは女性」と思うことで幸せになれるし、エネルギーが湧いてくる。
だから、他の誰かとか、世の中の価値基準とか関係なしに「わたしは女性」でいいんだって。

そういう風に考えるようになったのでした。
そんなこんなで、今は普段から女性として生活しています。
それが本当の私と感じるから。









2 comments on “「心は女性」という気持ちについて”

  1. ゆきにゃんは、女性にしか見えません、私は女装娘さんが好きです♡ 男性が女性のように美しくなりたいという気持ちが女性より美しくさせる事が出来るのです。これからも女子として頑張ってください、応援したいと思います。

  2. ☆タカさん
    女性にしか見えないといっていただけてうれしいです☆
    これからも女性らしい気持ちいっぱいですごしていきますね(*´▽`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です