台湾旅行記 台湾の印象は親日国で楽しかったけど、食事はスパイスが独特…

なんか結局書けていない台湾旅行記。

細かくちゃんと書こうとしてそうなっちゃってるので、みんなが知りたそうなことだけさくっと書いていきますねー


なんか理想の「綺麗な中国」という感じだった

古代の中国って、日本にとって尊敬すべき国だったわけじゃないですか。

遣唐使を派遣して学んだり、三国志大好きだったり、風林火山とかも孫子の兵法から来てるわけだし、そもそも漢字は中国の文字だし。

なんだろ、潜在的には「仲良くなって中国のことを好きになりたい」っていうのあると思うんですよねー

なにしろ、中国史は好きな人多いし。

でも、肝心のあの国がこっちを嫌ってるし、あの国からこっちに観光しに来る人もなんかこう品がないというか。

古代中国の歴史や英雄は大好きだけど、今の中国は嫌いというか。

で、そーいう「今の中国は嫌い」というのがなくて、なんかこう理想の綺麗な中国が台湾だなーと。

親日国だし、国の治安も良くて中国みたいに荒れてないし、中国人ほど下品なイメージがないし。

古代中国が大好きで、今の中国も大好き!!

…みたいな理想の中国だなーと思いましたー

まぁ中国は広すぎて貧富の差がひどすぎて、そっから社会主義になって、言論統制とかで日本を悪者にして、その結果あーいうことになって…というかんじなんでしょうね。

台湾は狭いので、そーいう事態に陥らなかったのかもしれません。

いやまぁ、国際情勢とかに全然くわしくないんで、なんとなく思っただけですが。

とにかく、こーいう中国なら好きになれるという中国ですねー(*´▽`)


料理は最初は口にあったけど、後半はスパイスが独特でイマイチでした

ツアー旅行だから、連れて行かれた所の料理を食べるしか選択肢がないっていうのも大きいんですけども。

最初は割と日本人の口に合うおいしい料理が多かったのですが、後半につれていかれたところはイマイチでした。

餃子とかシュウマイとかの点心が出てくると安定しておいしいんですけど、肉系は香辛料が独特であんまり口にあわなかったなぁ…

なんかこーいうのはイマイチなのが多くて、他のツアー客もそんなかんじでしたねー

杏仁豆腐も、本場よりも日本のもののほうがおいしかったです(笑)

ただ、餃子に豆板醤をつけて食べる食べ方をはじめてしりまして。

おもいのほか美味しくてハマリました(*´▽`)

あとは、ホテルの朝食バイキングで食べたあんまん、おいしかったなー

口にあわなかったのも多かったですが、美味しいものも多かったです☆

なお、一番おいしかったのは、帰りに空港のフードコードで食べたワンタンスープ。

これは美味しかった!

フードコートで、何かいいものないかなーと探してて。

親はもうめんどくさがって「マクドナルド」とかいいだして、ほっとくと、わざわざ台湾まできてマクドで食べるとかいう愚かしいことになりそうだったので、必死に口に合いそうなのを探しましたww

で、あっさり塩味のワンタンスープを見つけたのですが、とっても美味しかったし、やすかったです(*´▽`)

自分で選べた料理だから思い入れが深いのはありそうですねー

右下の鮮蝦大饅なんてらってやつ。

105元で、大体400円くらいですねー

しかしまぁ、漢字のおかげで何となくなにかわかるのは助かりますね。

ハングルとかまったくわかんないもん…

なお、台湾のフードコートは、日本みたいに世界各地の料理とかはなく、どーも中華系、和食、韓国系くらいでした。

まさかの新潟醤油ラーメン(笑)

韓国料理店は結構おおかったですー

日本料理…とはいっても、カレーとかそーいうのも含めた意味での日本料理。

空港とデパートのレストランを両方調べたけどコレだったし、夜に街を歩いても洋食屋はなかったんで、そーいう食文化なんでしょうねー

こーいう、ちょっとした発見が楽しかったです(*´▽`)

やっぱ観光地にいくだけでなく、現地の文化とか知りたいですもんね~

なお、次回は「台湾で見つけた日本のヲタなもの」ですヽ(´▽`)ノ

ヲタとしては、日本のヲタ文化がどういう風に受け入れられてるのか気になりますよね~

ちょっとだけでしたが、見てこれました(*´▽`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。