セーラームーン ラクガキ詰め合わせ2&絵が上手くなる方法がわかってきました

今日もラクガキまとめですー

ここ最近の私の流れを書くと

ゲームするかわりにフィギュアをいじって写真を撮る

せっかくだからフィギュアにかわいく脱毛器を紹介させてみる

版権はいまいちなのでドールを買う

ドールに好きなものをジャンル関係なく紹介させてみる

好きなものを語っていく記事を書きはじめる

直虎の記事は公式画像使わず絵を描いたほうがいいと思ってラクガキする

短時間で完成させるようにするとラクチンということで絵を描きまくる時期に

もうなにがなにやらです(笑)

まぁそんなわけでラクガキまとめですー

ちびムーン。

線画を綺麗にすることを意識しましたが、そーするとポーズが単調に。

あと顔が結構ずれてます><

なんでもないように見えて、意外と描きにくい見上げる角度。

この角度を描くと、手前の目が下の方にずれる癖があるみたいです><

角度をつける&短時間で描く練習。

横顔の練習。

まこちゃん。

見上げる角度のリベンジで描きましたー

この絵だけはだいぶがんばりました。

描き方学んで、だいぶ描きやすくなった感。

ブラックレディになったちびうさを戻そうとするセーラームーン的なかんじで。

横顔の特訓の成果を出すべくこうなりましたヽ(´▽`)ノ

悪キャラ好きなので、以前はあんまり深く考えずに見てたけど「お前は誰にも愛されてない、必要とされてない」っていう洗脳はつらすぎますね><

この経験が、ちびうさのほたるちゃんへの優しさにつながったのかも。


どう描けばいいかわからなくなったら「○○ 描き方」で検索してみることが重要

ここからは「どうすれば上手くなるのか」という話。

どう描けばいいかわからなくなったら、とりあえず「○○ 描き方」で検索するのが重要だと理解しました。

今は昔と違って、ネットで無料の講座が増えてるんで、だいたい出てくるんですよね。

今回は「横顔 描き方」「斜め顔 描き方」「リボン 描き方」で検索して出てきたページを参考にしましたー

あたりの付け方から構造まで、詳しく解説してくれてるので、ひじょーに実践的でわかりやすかったです。

で、こうやって描けるものを増やしていけば、だいぶ上手くなるんじゃないかなーと思いました。

どーりでみんな画力上がってるはずですね…

何も考えずフィギュアのスケッチばっかしてた私は愚か者w

10年前の情報で絵を描いてる状態だったわけですね…

そら引き離されるわ、うまくいかないわ(;´Д`)

すべてにおいて情報化がものすごい進んでるんで、調べるようにすることが重要ですね><

検索スキルと気力さえあれば、だいたいのものはすーっと身につけられる時代なのかも。


綺麗にしすぎずにさくっと仕上げて回転数を上げるようにする

1枚にかける労力が少ない

反応が悪くてもへこまず、さっさと次いこうとなる

次行くにしても労力が少ないので楽チンだから気軽に行ける

さらに色々実験できる

1枚のイラストを綺麗にきっちり仕上げるようにしてきましたが、それが間違いだったのかもしれません><

あと、練習の時は色を塗らなかったのも間違いで、とりあえず色塗ってそこそこ見映えのする状態にして公開すれば満足するんですよね。

できるだけ回転数をあげつつ、毎回1つ挑戦を入れるくらいにしていけばいいかなーと。

まぁそんなわけで、いまさらながら、どうやったら上手くなるかがようやっとわかってきました。

ほんと今更だけど、うまくなったら「こうやってうまくなりました」というのをまとめてみたいですねー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。