4月23日から4泊5日で台湾旅行に行ってきましたヽ(´▽`)ノ

親と一緒にツアー旅行でいったので、残念ながらかわいく着飾った写真はないのですが、かるーく感想レポート書いていきますねー

今回は1日目に行った「虹の村」の紹介ですー

…そーいや、去年いったアメリカのレポート、描ききってなかったなぁ…

こっちもなんとかしたい><


虹の村

1日目は90歳を超えるおじいちゃんが家の近く一帯に絵を描いた虹の村にいってきましたー

都市開発で家が壊されそうになって、観光地化出来れば壊されずにすむので、自分の家や塀に絵を描いたそうな。。

で、目論見通りに成功したという。

90歳でそれってすごすぎですー

しかも今は95歳なのに、現役で描き続けてるの。

もうわけがわからない。

 

…という記事を、ガイドさんが解説したのを聞いて書いたのですが、別サイトを見たら、なんか経緯が違って

8年ほど前、都市開発計画が出てきてた当時、退屈だったからと書き始めた

人気スポットになった

都市開発で潰されそうになったけど署名とかで免れる」

という説明がw

ちなみに虹の村という名前なので、村一帯がこんなんかと思ってましたが、家3軒と公園の範囲くらいでした。

…いやまぁ、普通に考えてそれでもすごいのですが、もっとすごいの創造しちゃってたもので…

書いたのはこのおじいさん。

絵を習ったこともなく、思いつきで描いたらしい。

90近くで書き始めて、みんなに愛される観光地になるとか、世の中なにがおきるかわからないものですね…

独特の絵柄で自由でいいですねー

まどマギのコスプレで撮りたい(笑)

 

↓ちなみにわたしはこんなかんじでアニメ系のイラストを描いているわけですが、

なんかこうきっちり描こうとしてしんどいんですよねぇ…

おかげで描く頻度が少なくなっちゃって。

慢性的にそう思ってる中、こーいう絵を見ると、なんかもっと自由に好き勝手描いたらいいのでは、と感じたのです。

そーいうのもあって、もっとじっくり絵を鑑賞したかったのですが、残念ながらあまり時間なかったのです。


ツアー旅行は見る時間が少ないのがつらい!><

これはツアー旅行の宿命なのですが、見る時間が20分程度でして…

・良い構図を探して写真を撮る
・楽しく散策する
・絵を鑑賞する

これらをぜんぶやろうとすると、とても時間がたりませんでした(;´Д`)

まぁ今回が台湾1周のツアーだったから仕方なかったんだけども。

せっかくだから、ぼーっと絵を見たかったなぁ…

この空間は、ぼーっと絵を眺めていたいですー

1人でいってたら、余裕で2時間くらい居てそう(笑

仮に友人と行ったとして、かわいい服着て撮影を入れると、さらに時間足りなさそう…

ツアー旅行は「ざーっと回る体験版みたいなもの」と割り切った方がいいのかもしれませんねぇ…

ともかく、次回以降、観光スポットの紹介に加えて、料理がどうだったかとか、台湾のイメージがどうなったかとか、そういう話も書いていきますねヽ(´▽`)ノ









2 comments on “[台湾・虹の村]  色鮮やかで幸せな気分になるアートで埋め尽くされた村”

  1. 早くも台湾旅行のレビューありがとうございますゆきにゃーさん。こんなファンシーな家を描いてしまうとは、画家風なおじいさんに驚嘆します!

    この絵のタッチは日本人ではなかなか創造できないかもしれませんね、さすがは台湾人といったところでしょうか、95歳でこんなに描いて行けるとはものすごく元気なおじいさんです。でもゆきにゃーさんのイラストも絵心を感じて綺麗ですよ♪

    • 90すぎてて、こんなファンシーな絵を描いてるんだからすごいですよねー
      たしかに日本人じゃなかなか描けない絵かも。
      わたしの絵も褒めていただけてうれしいです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です