脳の仕組みを生かして「みんなに褒めてもらう方法」を思いつきました

liz_alice42

ちょっといいこと思いついたのです。

脳は一人称を認識できないので、人を褒めると自分のことと勘違いして自分が褒められた気になる、という情報を出す

自分を褒めてあげたいけど、なかなかできない人はコレを試してみるといいよ

でも急に他人を褒めまくると気持ち悪がられそうだし、なかなか出来ないこともあるよね。
そういう人は、とりあえずわたしを褒めることからはじめてみて、という理にかなった提案

みんながわたしのことを褒めてくれるようになる(笑)

完璧!ヽ(´▽`)ノ

わたしって、天才!

ほめてほめてー(笑

ほめやすいように写真も載せておきますね(笑

大切なことだからもう1回書きますが、人を褒めると、脳は自分のことと認識するそうです。

ひごろ自分を褒めてあげていなくて、なかなかそれが出来ない人は、かわりにわたしを褒めてみてください(笑)

褒めるコメントいただけたら、わたしも褒め返してみます(笑

よく女の子がなんでもかんでも「かわいいー!」とかいってて、「かわいいかわいい言ってる自分が好きなだけなんじゃないの?」みたいに言われたりしますけど、あれはこの理屈を無意識に理解してるのかもしれませんね。

なんでもかんでも「かわいい!」っていってると、脳の仕組みで「自分がかわいいと言われている」という快感を得られるので、やみつきになって「かわいい!」が口癖になるという。

女の子がやたらと「かわいい!かわいい!」と言いたがるのは、これが1つの理由かもしれません。

ひじょーに理にかなった行動だし、どんどんやっちゃえばいいわけですね。

あと、かわいいものを見ると「かわいい!」って感じるけど、それだけで心のなかで自分を褒めてる感があるのかも?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。