今週のキン肉マン感想メモですー

☆超人閻魔、さすがにめちゃくちゃ強い

超人閻魔強すぎるけどどーすんのコレ…
と思ったけど、ガンマンのときも、ネメシスのときも、攻撃が通じさえすれば脆かったんで、またそーいう流れかなぁ…

☆超人閻魔はあらゆる面においてひとりひとりの完璧始祖を超える能力をもっている

なんか既視感があるなぁと思ったら六騎士と将軍様の関係ですね。
サンシャインのパワー、スピードはプラネットマン、ボディの強靭さはスニゲーター、残虐性はジャンクマン、テクニックはザ・ニンジャ。

そんなかんじで、パワーはガンマン、防御の硬さはシングマン、握力とマグネットパワーはサイコマン、背中への意識はアビスマン、スピードはカラスマン、防御テクニックはシルバーマン、攻撃テクニックはゴールドマン、正義への信念はジャスティスマン、剣道着のクッション性はペインマン、あとなんかミラージュマン(思いつかなかった)

うん、こんなの勝てっこないや…

☆最後のコマ、サイコマンだけハブられてる感はわざと?

niku196

まぁ構図的にここに置くならサイコマン以外いませんよねー(笑
そしてカラスマンの影が薄い(;´Д`)
カラスマンって、ゴールドマンに負けた以外の始祖とのからみの描写がなくて、どーにも影が薄いですね…
シルバーマンという親友がいたサイコマンよりも孤立してそうな(;´Д`)
と、今週はこんなかんじですー









5 comments on “第196話 頂上決戦、開幕!の巻”

  1. とうとう本格的に将軍様対超人閻魔ことザ・マンの頂上決戦が始まりましたね。まずは互いに小手調べといった感じですが、それでも大抵の超人はこれだけでKOされてるんだろうなと思えるバトル描写です!

    パーフェクトオリジン全員の能力を併せ持つかのようなザ・マンに、いかにして将軍様が対応していくかが勝敗の分かれ目になりそうですね。

    • なるほど、いいかも(*´▽`)
      そもそも本編はミラージュマンの戦いが完全に将軍の下位互換でしたからねぇ…
      でも、彼だけの強みもあったんでしょうねー

  2. スグルは試合を観戦するよりもメディカルサスペンションにいち早く入るべきだと思うんですよね。
    悪魔将軍が必ずしも勝てるとは限らないわけですし。
    そして、未だオーバーボディのザ・マンの勝利の可能性のほうがメタ的な視点で見れば濃厚で。
    ザ・マン勝利→スグルメディカルサスペンションへ→翌日未だ回復せず→ザ・マンVSサンシャイン開戦と予想します。

    • いわれてみれば、メディカルサスペンションに入るべきですねー
      でも、そもそも現時点で「悪魔将軍が負けたら自分がザ・マンと戦う」という発想は微塵もなさそうです。
      というか、ネメシス倒した直後にそのことを考えろというのはあまりに荷が重すぎです(;´Д`)
      でも、ザ・マンVSサンシャインはあるかもですねー
      まったく勝てなさそうですが><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です