santa201466

写真に意味はないです、12月なのでせっかくだからサンタでヽ(´▽`)ノ

 

で、色々、試行錯誤してて気づきました。

趣味をお金にする際は丁寧な仕事をして、きっちりした作品にしなきゃいけないんだけど、ただの趣味の場合は適当で楽しいとこどりでOKなのです。

それで人が集まって、お金に出来そうな部分が見つかったら、丁寧なものを仕上げればいいのかも。

趣味→自己満だから雑でOK
仕事→人に見せるから丁寧に仕上げる

 

丁寧にやること自体が趣味ならいいし、趣味でもたまに綺麗に丁寧に仕上げることが自己満になるけど、毎回人に見せるために丁寧にしようとすると、人に見せることそのものが目的になって苦痛になるのです。

それでお金になりゃいいけど、ならなかったらつらくなるだけだったのです。

以下、そーいうお話をつらつらと。

 

わたしのキン肉マンの感想がそうで、丁寧にやること自体が趣味だったのですが、ほぼお金にならず。

なのに、いつのまにやら閲覧者が増えて、やめるわけにもいかず、丁寧に続けてたら壊れました。

わずかな広告収入だけで、こんな重労働、もううんざり!

もう、別の場所でキン肉マンの話題ふられるのも苦痛になってきてました。

というわけで、もう徹底的に簡易化した殴り書きメモを掲載することで解決させました。

 

観光地のレポートも、そもそも丁寧にやるのが趣味だったのですが、特にお金になりそうもなかったので、丁寧にやるのはしんどいだけに…

でも、せっかく行ったから、自己満足として、綺麗にまとめたい。

というわけで、簡易化して続けたい感じかなぁ。

 

イラストは、あまりお金にならないし、丁寧にやるのがイヤで描かなくなったという最悪なパターン。

見に来てくれてる人、結構いたのにもったいなかったなぁ…

ただ、そもそもが好きでやってることなので、たまに描きたくなります。

丁寧に仕上げることや周りとの比較を抜きにすれば、とても楽しい趣味なのかもしれません。

もしそれで、また人が集まってお金になるようなら、丁寧に仕上げた作品集を作ったらいいですね。

 

お金になったパターンは、脱毛器の紹介。

そもそも「綺麗になりたい」という欲求のためにはじめた脱毛が反響あったし、アフィリエイトでお金になったので、記事をたくさん書いているうちに知識がたまって、結果的に別ブログをたちあげることに。

でも、収入の伸びしろがなくなって、挽回するために無理して、「さらにめちゃくちゃ丁寧に詳細に」を目指して壊れました。

もうこれ以上やってられない、検索順位上がらなくて作業がお金になってないし、苦しいだけ。

でも、脱毛の研究自体は別に苦痛じゃないので「適当にまとめた記事」は書きたいかなぁ…

一目でわかるようにちゃんと綺麗にまとめるレポートは、のびしろが見つからないと書きたくない(;´Д`)

 

お金になりそうなパターンは写真集。

むかーしにデジタルで写真集を出していたけど、やめちゃった後は、趣味で適当にポートレート写真を撮ってたわけですが、アフィリが不調に陥って。

なんとか収益を得ねばと思って色々手をつくした中で、写真集が一番反応がよかったのです。

これは「趣味でえんえんと写真を掲載し続けて、それが好きという人が集まったので作品化」という過程ですね。

で、今は作品化のために「丁寧に仕上げる」という作業に四苦八苦しているかんじ。

さらにお金になるようなら、お金をかけて技術革新したり、お金かけなきゃ出来ないものを作りたいのです。
…とまぁ、こんなかんじで。

 

趣味で生活している人の場合、お金をもらうというのは、人のために丁寧に仕上げた見返りなのかもしれません。

この「人に見せるために丁寧に仕上げる」というのは相当なエネルギーが必要で、最初は自己満足や人が集まるなどの精神的報酬だけで続けられるのですが、それが習慣化してしまうと「しんどくなったけど人が集まるゆえにやめられない」という問題が発生するのです。

この時、収益化ができれば最高なのですが、出来なければ、自己満に戻さないと、逆にどでかい負債になってしまうのです。

なお、この記事は思考をまとめた自己満です(笑

仮にこれで人が集まってお金にできれば丁寧に仕上げるけど、集まらないなら自己満のまま適当でOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です