鬱対策~苫米地英人氏の機能音源でだいぶ落ち着きました

2年前に目の難病が発覚して以降、収入も集客も下降線で、病気も治らないわで、かなり参ってまして。

おかげですぐに鬱状態になってしまうのです。

で、そんなときに「苫米地英人さんの機能音源がいいよ」と教えられて、YouTubeでタダで聞けるので聞いてみましたー

で、聞いてみると、たしかになんかだいぶ気が紛れるというか、落ち着くかんじがします。

なんかだいぶすっきりするというか、「もうダメだ感」が薄れて、無になるというか。

マイナス思考スパイラルが消えて、考えずにすむようになるかんじです。

リラックス系の音楽って大切なんだなーとは思ったのですが、それにしても効きやすいような?

苫米地さんは、脳機能学者で、なんか機能音源はスパコン使って作ってるような話を聞いたことがあるので、やっぱすごいのかも?

正直、「機能音源っていっても、そんなたいしたもんじゃないだろう」と思ってましたが、考えてみればリラックス音源とかいっぱいあるわけで、ひたすらに研究して、効果が実証されているようなものを集めたら、良いものが出来て当然なのかも?

まぁ、どーせタダだし、かけておくだけでいいんで、鬱に限らずすっきりしたい方は聞いてみてくださいヽ(´▽`)ノ

なにせ再生ボタン押すだけでいいから、気持ちも体も重くて行動力が沸かないときにピッタリです(笑)

とりあえず、最近思ったのは、鬱状態のときは「気の持ちよう」とかでは無理なことですね(;´Д`)

苫米地さんといえば、わたしは彼のコーチング理論を学んでいて、マインドの使い方は理解できたのですが、自分に自信を持つのが重要とか、過去は関係ないとか、理屈ではわかっていても、そもそもそういう考えが出来ないのが鬱なわけです。

あまりにマイナスのときは「理屈ではわかっているのに出来ない自分はダメ」となって、むしろ逆効果でした。

「どうやっても思考がマイナスになる」のが鬱状態なので、思考そのものを止めてすっきりさせるのが先。

それなのに、考え方を変えようとしても無理ですし、マインドを使いこなすとか不可能。

鬱のときは、マイナス思考スパイラルになって、もうそれは仕方がなくて、「考えを変える」のは無理だし、「現状を改善する」も時間がかかるので無理。

というわけで、最近は、脳に直接アプローチするのが一番だと理解しました。

で、その方法はいくらかあるけど、できればお金がかからないほうがいいわけで。

機能音源をかけっぱなしにするのは、最善の方法の1つかもしれないなーと思ったのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。